フランスでも大人気 黒ずみ毛穴がスッキリする「ホットジェル」って?

毎日メイクをする女性にとって、クレンジング&洗顔はとっても大切。
最近ではメイクを落とせて洗顔もできる、ダブル洗顔不要のクレンジング剤も多数発売されています。

ここで紹介する『skinvill』のホットクレンジングジェルは、メイク落としと洗顔で肌の汚れを落とすだけじゃなく、肌の保湿効果も期待できるというスグレモノ。これ、ホントに便利です!!

温かいジェルが、
メイクを落として
毛穴汚れもケア

160111_skinvill_005

美肌で有名なモデル・芸能人にも愛用者が続出!アメリカ・フランス・日本の世界3ヶ国で楽天市場スキンケア部門の売上No.1*(注1)になった商品です。

最初のポイントは、メイクを落とすと同時に、毛穴の汚れや角栓までスッキリ取り除いてくれるってこと。じんわり温かいジェルが、毛穴をくっきり開いてケアするから、奥に詰まった汚れもしっかりキャッチ。

肌に必要なうるおいは守る

160111_skinvill_004

さらに汚れは落としつつ、うるおいは保ってくれるのがこの商品のスゴイところ。

洗顔の際、肌をこすりすぎるとうるおいが失われてしまいます。ですが、この商品。ジェルなのにとろっとし過ぎず、スッと肌に浸透し、こすらずにメイクを落とせます。だから肌を傷つけることなく、パサつくこともないので、うるおいをキープできるんです。

90%以上が「美容成分」

『skinvill』のホットクレンジングジェルは、肌に負担をかける成分を一切使っていません。敏感肌の人でも使えるように、肌にやさしい成分のみを配合しているんです。

90%が美容成分でできていて、オイルはココナッツやホホバ等の天然由来の植物性のみ。また、従来のクレンジング剤に含まれていたシリコンや合成香料などは使っていません。

メイク落とし、洗顔、保湿が
これ1本で

洗いあがりはスッキリ&うるおいたっぷり。『skinvill』のホットクレンジングジェルが優秀なクレンジング剤ってことはよ〜くわかりましたよね。
小ネタですが、これ1本でメイク落としから、洗顔、保湿まで担保してくれるから、お風呂上がりに慌てて化粧水を塗らなくても大丈夫。PLAZAで絶賛発売中なので、試してみたいって人はぜひ店頭へ。

ちなみに、LINE@で『skinvill』のアカウントを友だち追加すると、プレゼントやクーポンがゲットできます。ネット通販限定ですが、通常2,036円(税込)のところ、まとめ買いで最大1,000円オフで買えるチャンス!詳しくは下のボタンから♪

注1)
■アメリカ(2015年10月調べ)

楽天アメリカ|洗顔料部門月間ランキング1位
日本(2015年10月調べ)
楽天市場|スキンケアランキング1位
■フランス(2015年10月調べ)
楽天フランス|美容&健康、衛生月間ランキング1位

Sponsored by 株式会社Tenderly

多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
長々と続く「女性の愚痴」にうんざりしてしまい、つい空返事をして怒らせてしまう。なんてことありませんか?愚痴を聞くという行為は、一種のセラピーです。ここはひ...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
仕事で疲れて家に帰った後、ゆっくりしたいけれど仕事のメールは無視できない…。これ、ビジネスマンの悩みのひとつですよね。でも、今後はそんな心配がなくなるかも...
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。小...
それは、花びらや木の実で飾り付けたアートなチョコレート。フランス発の「CHOC’FLEURS(ショックフルール)」が、いまInstagramで話題になって...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...