スッキリした!と相手にいわせる「愚痴の聞き方」

長々と続く「女性の愚痴」にうんざりしてしまい、つい空返事をして怒らせてしまう。なんてことありませんか?
愚痴を聞くという行為は、一種のセラピーです。ここはひとつ、相手に「スッキリした!」と言わせるような、愚痴の聞き方を習得してみませんか?

愚痴を言いやすい環境を整える
「おもてなし精神」

shutterstock_254372797_2

誰だって愚痴をこぼさない生活を送りたいはず。それでも、愚痴が出てしまうのは、日頃無理をしてがんばって、ストレスをためているからです。疲れている女性をいたわるつもりで、彼女たちの愚痴を聞いてみましょう。

彼女が愚痴をこぼし始めたら「おもてなしの心」をフルに発揮。話しやすい環境を整えてみてください。自宅ならば、彼女がリラックスできるよう、お気に入りの紅茶を入れてみたり、甘いお菓子を出したり。ゆったりソファで横になりながらもアリかも。
カフェならケーキを追加で頼んでみると、甘いものを食べて彼女も落ち着くかもしれません。

肝心なのは「とことん吐き出してね」、というスタンスで愚痴を聞いてあげること。自分を受けとめてくれるあなたに信頼をおいて、気持ちよく愚痴をいうことができるでしょう。

ともかく共感。
彼女の心理と同化する

愚痴を話し始めたら、その途中で否定したり、解決策を提示するのは避けましょう。まずは、相手に話しきってもらうのが大事。愚痴を全部吐き出すことで、悩みの50%は解決する。なんてこともあるでしょ?ここは、愚痴を話しきってもらうことに注力しましょう。

彼女に共感し、相槌は「なるほどね」「そうだよね」「わかる」など、発言を遮るのではなく、促す言葉を使うこと。彼女の心と同化し、鏡になることを心がけると◎。彼女の言葉をオウム返しするだけでも、話を聞いてくれていると思われ、愚痴を話しやすくなるはずです。

愚痴が済んだあとが肝心
もう一歩踏み込んで聞きだす

話

愚痴を聞いただけで、何にもアドバイスや解決策を提案しないでいいの?と思うかも。ですが、解決策は彼女の中にしかありません。話が一通り終わった後が、聞き手の本領発揮です。もう一歩踏み込んで、彼女の愚痴の本質を紐解いてあげること。

キーワードは「最悪のケースは何?」です。彼女は自分が一番恐れる状況はなにか、それはなぜなのかと考えるはずです。その「なぜ」が見えてくれば、愚痴の発端を捉えることができるという訳。
たとえば、「人に低く評価をされるのが、プライドを傷つけられていやだった」や「相手に嫌われたくない。みんなで仲良くしたい」など本音が出たら、それに共感して、「じゃあどうするのがいいんだろうね?」と解決策を引き出してあげましょう。そのお手伝いをするのが、正しい愚痴の聞き方なのです。

愚痴に登場する
人物相関図を把握する

今回話した愚痴の解決策が見えたとしても、それですべてが解決されるのは稀です。また、前も同じようなことを聞いたなというような愚痴を聞くことがあるでしょう。ここでうんざりするのではなく、前回の愚痴で出てきている人物相関図、状況を記憶から引っ張り出し、彼女が愚痴を話しやすいようにサポートしてあげましょう。

●●という人物が出てきたら、「前に△△した●●さんだね」など自分が知っている情報を補足すると、彼女は自分の状況を理解してくれている、自分の話を聞いて覚えていてくれると安心でき、あなたを誠実な人だと信頼してくれるでしょう。
また、前回の話を覚えていることで、最後に彼女の本音を引き出す際に、さらに掘り下げることができるはず。

このような愚痴の聞き方のコツを取り入れて、聞くときは「自分はカウンセラー」になったつもりで臨んでみては?

朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
自身の恋愛経験を元にアドバイスを送るのは、女性ライターのギギ・アングル。モヤモヤグルグルしたときには、サッパリした彼女の意見が心にスッと入ってくるかも。以...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
病院に行くほどでもないけど、日常的に起こる「体調不良」ってありますよね。腹痛や食欲不振などなど…。もちろん市販の薬に頼るのもいいのですが、食生活で改善して...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
自分が言っていることは間違っていないはずなのに、なぜかスムーズに物事が運ばない...。そんな悩みを抱えている人は、ひょっとすると「共感力」が足りないのかも...
性欲が強い女性たちへ。男性に引かれることを恐れず、「セックスが好きで何が悪い!」と胸を張りましょう。そうエールを送るのは、「Elite Daily」の人気...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
CAの仕事ではたくさんのお客様にお会いします。接客に正解はありませんが、相手の方の気持ちを考え、人や場に合った気くばりをすることはとても大切。それはサービ...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
相手の行動を先回りして準備するのはおもてなしの基本。しかし、実は先回りのし過ぎも相手に負担をかけてしまうことがあるのです。ここでは、拙著『「また会いたい!...
「Elite Daily」において、ライターのAlyssa Miller氏が、この夏、蟹座と一緒に時間を過ごすべき10の理由を綴っています。なぜ蟹座の人と...
集中力が続かない、あがり症、などのメンタルに関する悩みを持つ人は多いはずです。意外なことに、部屋を片付けられない原因もカラダに蓄積している「毒素」によるも...
身長が低ければ「もう少し高ければなぁ」と思ったり、高ければ「もう少し低ければなぁ」と思ったり。隣の芝生は青く見えるもの。でも、最終的には自分の芝生を愛して...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
「なぜ、私だけ?!」長男の嫁というだけで、どうしてあれこれ言われるの?と悩んでいる方は多いと思います。好きになって結婚した相手が、たまたま長男だったという...
友だちに相談を持ちかけても、曖昧なまま返される…それはひょっとしたら、相談に適した「星座」に声をかけていないせいかも。「Elite Daily」のAlex...