Facebookで約10万いいね! とあるライターが書いた「人生でもっとも大切な質問」が深い・・・

「あなたの夢は何ですか?」 ライターMark Manson氏によると、このありふれた質問には「ある重要な視点」が欠落しているのだそう。

フォーカスすべきは、「何になりたいか」ではなく、「どのようにして夢を叶えるか」。結果よりも過程に焦点を当てるために必要な「人生でもっとも大切な質問」とは?

人はリスクを冒すことなく
望みを叶えたいと思っている

誰しもが、何の心配事もない「幸せで楽しい人生」を送りたいと思っている。恋愛をし、セックスライフも充実。周りから尊敬される人気者でお金持ち。そんな完璧な人生を。

もし私が、「人生に何を求めますか?」と訊ねると、あなたはきっとこう言うはずだ。「素敵な家庭を築き、好きな職に就いて幸せな生活を送りたい」と。なんとありふれた回答だろうか。

ここで、あなたの考えが及ばなかったこと。それは、「どんな痛みを人生に求めるか?」そして、「どんなことに奮闘したいと思うか?」ということ。これらこそが、私たちの人生がどうなるかを決定づける要素だというのに。

誰もが素晴らしい職に就き、たくさんお金を稼ぎたいと考えている。しかし、週に60時間も働いたり、あまりにも長い時間をかけて通勤したりするのは、イヤだと思っているはず。そう、人はリスクや犠牲なしでお金持ちになりたいと願っているのだ。

セックスライフや良好な人間関係においても同様。ここに辿り着くためにはしんどい会話や気まずい沈黙、傷つくことが必要。しかし、多くの人はそれらに耐えたくないため、妥協を選択する。

何かを欲しがるなら
その代償すらも欲しがるべき!

幸せを勝ち取るためには、「奮闘」が必須。ポジティブはネガティブに対処したときに生じるもの。ネガティブなことは、避け続けていたとしても、いつか必ずあなたに降りかかってくるだろう。つまり、幸せを勝ち取るためには、嫌なことも体験するという覚悟が必要なのである。

たとえば、見事なプロポーションを手に入れるには、ジムに通ってキツいトレーニングに臨み、毎回カロリーを計算した食事をとる。企業家として成功するためには、リスクをとって、成功する確証がないことに死ぬほどコミットしなければならない。自分が「何を楽しみたいか」ということが成功のカギになるのではないのだ。

こう考えると、「もっと貪欲になりなさい!」というアドバイスもおかしなものだ。もし、何かが欲しいのなら、その代償だって欲しがらなければならない。引き締まった体を手に入れたいなら、たくさんの汗や筋肉痛、早朝トレーニング、空腹の苦しみだって欲しがる必要がある。ヨットのような贅沢品が欲しいのであれば、人々をイライラさせることだって欲しがらなければならない。

もし、あなたが何かを望んでいるけれど、それに一向に近づく気配がないのだとしたら、ただの幻想や理想にすぎないということ。あなたが求めているものは、あなたが欲しいものなのではなく、ただ欲しがることを楽しんでいるだけなのだ。

「あなたはどんな痛みを
伴いたい?」

ときどき、私は「どう苦しみたいか?」と周囲の人に尋ねます。すると、みんなが首をかしげて、私の顔に何かついているかのような目で見てきます。

なぜその質問をするかというと、その答えであなたのことがもっと知れるから。痛みがまったくない人生など存在しない。その難しい質問こそが、あなたの人生においてもっとも重要なことなのだ。楽しいことに関する質問は、答えるのが非常に簡単。そして、それに対してみんなが同じような答えを持っている。より興味深い質問は「痛み」について。果たして、あなたはどんな痛みを伴いたいでしょうか?

その答えは、実際にあなたを目標へと導くもの。その質問こそがあなたの人生を変えるのです。

Licensed material used with permission by Mark Manson

Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。Like(イイ...
たった1週間、Facebookの利用を中止しただけで、日々の生活が満ち足りて幸せになれる。ある研究結果が示した事実によれば、ソーシャルメディア全般に共通す...
「あなたの人生の目的は何ですか?何のために生きていますか?」そんなことを急に聞かれても、すぐに答えられる人は多くないでしょう。以前「Discover Yo...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
最近知り合った人とSNSで繋がったら、共通の知人がいてビックリ!そんなふうに思ったことはありませんか?とてつもない偶然のようですが、じつは結構な確率で起こ...
人々は間違った質問の仕方をしている。実体験をもとに、こう主張するJeff Haden氏は、250名の従業員を抱える工場経営者として活躍する人物。彼は、質問...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
コミュニケーションをより深くするために、気の利いた質問をせよーー。とは、よく耳にする話。ここで紹介するのは、「Mantelligence」が紹介したもの。...
私たちが普段、何気なく使っているFacebook。写真、生い立ち、仕事や交際などの近況や、ふとしたつぶやき・・・私たちは実に様々なことをFacebook上...
「I Heart Intelligence」より紹介するこの30の質問は、アナタ自身への問いかけです。だけど、そもそも答えが用意されているようなものじゃな...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
恋とは運命?それとも、行動によって左右されるもの?そんな疑問への科学的なアプローチを試みた結果、男女の距離を縮めるために効果的な“ある質問”の存在が明らか...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
「親が愛してくれたように、あなたは親を想っていますか?」これから紹介するのは、そんなメッセージから始まる、とあるドキュメント映像。親子に同じ質問をしてみた...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
友だちの数は、多ければいいということでもなさそうだ。Quartzの記事によれば、人生の幸せと関係するのは15人の本当に仲がいい友だちだけだとか。Faceb...
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...