日本人に聞きたい「たったひとつの質問」

「履歴書に載る経歴のために仕事をするのは、セックスを老後の楽しみにしようと取っておくことと同じことだ」。

ウォーレン・バフェットのこんな名言を使って、TEDxの観客の心を掴んだプレゼンターがいた。『LIVE YOUR LEGEND』の創設者であるスコット・ディンズモア。

80ac37d43727c01701609ec990b825f78699ea67

彼は、「世界に影響を与える偉大な仕事をする」と意気込んで、フォーチュン500に名を連ねる、スペインで有名な企業に入社した。ところが、毎日パソコンに向かい忙しい日々を送っている間に、当時の志は元気を失っていくばかり。その代わり、このままでいいのだろうか?今の仕事は、本当に心から望んでいるものなのだろうか?という問いが、心の中で大きくなっていったと言う。

いまの仕事を、愛していますか?

ありきたりではあるけれど、同じような悩みを抱えている人は、やっぱり多いのではないだろうか。誰にでもそういう時期はあるだろうし、そこを努力して乗り越えて、会社の中で価値を出していくべきだという意見もわかる。その疑問に「退職すること」で答えを出すひとも、「踏ん張ること」で答えを出す人もいる。

スコットの場合は後者で、彼は仕事をやめ『情熱的で世界を変える仕事をしていて、毎朝やる気に満ちて目を覚ます人』と、『朝が絶望的に感じる人』との違いは何なのかを明らかにするために動き始めた。

彼を突き動かす要因となったひとつに、“80%”という数字がある。これはアメリカで行われた調査結果で、「仕事が楽しくない」と答えた就業者の割合だった。

大手企業から無職の道を選んだのち、TEDxの舞台に立つまでに彼は一体何を掴んだのか。私の口からそれを説明するのではなく、ぜひ彼自身から贈られる言葉に耳を傾けてみてほしい。

決断できずに迷っている、すべての社会人へ。

日本語字幕つきはこちらから

感情のままに生きるのが、
いつのまにか怖くなっている。

なにも珍しいことではない。大人になるたびに、「好き」だけで決断できる状況は減っていくだろう。責任と感情に挟まれながらも、上手に折り合いをつけるスキルをつみ上げていく。それを“悪”だなんて、誰にも言い切ることはできない。

けれど、「好きなことを仕事にするには何が必要か」が、具体的にわかっていたらどうだろう。

スコットは、<好きで働くひと>を増やすために自分で会社を立ち上げたけれど、4年間まったく芽が出ずに、大手企業を辞めたことを馬鹿にされてきた。けれど挑戦し続けて、この“3つのステップ”を生み出したのだ。

最後に彼は、まっすぐな瞳でこの質問をあなたに投げかける。

「あなたが、心の底からしたい仕事はなんですか?」

今見えなければ、見つけに行けばいいのです。好きなことのために、命の時間を費やしてください。

Reference:TEDx
Licensed material used with permission by LIVE YOUR LEJEND, @charlesnypelslab
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
人々は間違った質問の仕方をしている。実体験をもとに、こう主張するJeff Haden氏は、250名の従業員を抱える工場経営者として活躍する人物。彼は、質問...
父の日が過ぎた途端、あの日の感謝モードはなんだったのか…というほど通常運行に戻っていないでしょうか。お父さん、悲しんでいるかもしれませんよ。積極的に話しか...
女性としては、好きだからこそしてしまう質問ばかり。でも、男性にとっては答えるのも面倒くさい…。彼氏がいる人はもちろん、いない人にも見てもらいたい記事です。...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
「I Heart Intelligence」より紹介するこの30の質問は、アナタ自身への問いかけです。だけど、そもそも答えが用意されているようなものじゃな...
大好きだったはずの彼と別れたとき、みっともなくて追いすがるような真似はしたくないけど、本当は聞きたいことっていっぱいありますよね。「彼って、私といたときに...
「あなたの夢は何ですか?」 ライターMark Manson氏によると、このありふれた質問には「ある重要な視点」が欠落しているのだそう。フォーカスすべきは、...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
「あなたの人生の目的は何ですか?何のために生きていますか?」そんなことを急に聞かれても、すぐに答えられる人は多くないでしょう。以前「Discover Yo...
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
人生最後の日まで「一生の愛」を誓えたら、これ以上に素晴らしいことはないですよね。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパートPaul Hud...
大好きなものを食べているときですら幸せを感じられなくなってしまったら、それは危険サイン。いまの生活に何かしらの大きな不満を抱いている証拠だと言えるかもしれ...
コミュニケーションをより深くするために、気の利いた質問をせよーー。とは、よく耳にする話。ここで紹介するのは、「Mantelligence」が紹介したもの。...
恋をしたいと願う男女が36個の質問に答え合い、その後4分間互いを見つめる…すると二人は恋に落ちてしまう。子ども騙しの“おまじない”のように聞こえるかもしれ...
好きであればあるほど愛情を表現するのってなかなか難しい。恋に落ちたばかりの時は恥ずかしくて言えないし、長年付き合っていると伝えなくてもわかるだろうって思う...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
同僚との雑談や、クライアントとの仕事以外での会話が続かない…。自分がコミュニケーション下手なのはわかっているけれど、一体どうすれば解決できるか分からない、...