「あなたにとってデザインとは?」ナノ・ユニバース フラメント クオレのディレクター、バーバラ氏に聞く。

イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさんは、先日オープンした新セレクトショップ「NANO・UNIVERSE FRAMMENTO CUORE(ナノ・ユニバース フラメント クオレ)」のディレクターだ。

イタリアン・カジュアルをコンセプトにした同セレクトショップ。その根底に流れるシックで洗練された独特のムードはどこから? その答えのひとつは、バーバラさんのデザインに対する想いや姿勢にあるに違いない。ミラノ郊外にある「オロビアンコ」のオフィスにてお話を伺った。

160118_nano_universe_design02

ーーデザイナーとしての経歴を教えてください。

「小さな頃から何かをデザインすることが好きでした。デザインの学校に通うようになり、その時は様々なジャンルのデザインに興味があったのですが、いくつかの賞を受けることができました。卒業前にニューヨークに旅行に行って、それは自由を満喫する旅行だったのですが、そこでミックスカルチャーによるクールなファッションに衝撃を受けて。それでファッション関係のデザインをしたいと強く思いました」。

160118_nano_universe_design03

160118_nano_universe_design04

ーーイタリアに戻ってきてはじめたことは何でしょうか?

「ボローニャ近くにある大きな会社に就職し、ファッション・デザイナーのキャリアをスタートさせました。そこでは「MaxMara」のデザインをやっていたのですが、私はジャケットのデザインを担当しました。同時に「Lee」のイタリア向けデザインも。現在のデザインはコンピューターを使うものが大半だと思いますが、ここでは手描きで昔のアーカイブからデザインを起こすことも多く、それぞれの強みを生かしながら制作することの重要性を学びました。これは現在の仕事にとても役にたっています」。

160118_nano_universe_design06

ーー「オロビアンコ」のデザインは、ジャコモさんと共同で行っているのでしょうか?

「はい。ブランドの全てのデザインを2人で担当しています。特にレディースのコレクションにあるフェミニンなデザインは、私が考えたものが多いです」。

160118_nano_universe_design07

160118_nano_universe_design08

ーーデザインをする時に大切にしていることは何でしょうか?

「人にとって何が必要なデザインなのか、人が欲しているのに今はないデザインとは何か、です。形がスマートなのはもちろんですが、持ちやすさや、どんなシーンで持つのか、サイズはどのくらいが適切か、など人々の潜在的な欲望を形にすることが私たちの役割だと思っています。ジャコモと一緒に同じゴールを目指していて、そのためによく意見交換をしています」。

160118_nano_universe_design09

160118_nano_universe_design10

ーーミラノ郊外に会社がありますが、ミラノがどういう街でしょうか?

「イタリアの中でのビジネスの交差点です。様々なカルチャーがMIXされています。また、イタリアの他の都市と違うのは、通常イタリア人はバッグを持ち歩かないのです。ただ、ミラノは昼はビジネス、夜は遊びにバッグを必要としています。それに、ミラノに住んでいる人々は、いつも心がオープンで、チャレンジ精神旺盛です。日本で大阪に行った時に同じような空気を感じました」。

160118_nano_universe_design11

ーーイタリア・デザイナー特有の感覚とはどのようなものでしょうか?

「デザイナーのゴールは、レッドカーペットの上を歩く人々が着るような新鮮で感動を与えるような服を作ること、と考えている人が多いです。とくに、ミラノのデザイナーはそうだと思います」。

160118_nano_universe_design12

ーー最後に、これからの未来においデザインは何が重要になってくると思いますか?

「今の時代はインターネットも電話もすぐに世界と繋がっています。そんな時代だからこそ、例えば手書きの手紙を実際に渡すようなことに意味が出てくると思います。直筆による心の部分。テクノロジーは画期的に進化していきますが、反対に手描きの価値の重要度も上がっていくと思います。これはデザインにおいても同じ。コンピューターの作業と手で行うことの両方を大切にしていくことが大切だと思っています」。

コンテンツ提供元:NANO・UNIVERSE LIBRARY

NANO・UNIVERSE LIBRARY

セレクトショップならではの審美眼で選んだ上質な情報をお届けするマガジンアプリ。最先端トレンド­を俯瞰する感覚を覚えていただけるような、世界に誇れる、優れた製品・ブランド・サービスを発信いたし­ます。store.nanouniverse.jp

ピカピカと光り輝いているからこそ、エナメルシューズは美しいってものです。男女ともにドレスシューズの代名詞でもあるエナメル素材。そんな素敵な靴を台無しにする...
〈Made in Italy〉にこだわり、イタリアならではのクラシカルな雰囲気とモダンな感覚をMIXさせた〈オロビアンコ〉。ミラノの象徴、Piazza D...
自宅でできるレザーシューズのお手入れ方法とは?せっかく高価な靴を手に入れても、ケアを怠れば靴の寿命を縮めてしまうことに。 紳士淑女たるもの、日々の正しいお...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...