お腹空いたな・・・そんなアナタに贈る「食いしん坊あるある」10選

気がつくと「お腹が空いたな〜」「何食べようかなぁ」と考えてしまっている食いしん坊なアナタ。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんが描く「あるあるイラスト」に思わず共感してしまうかも?腹が減っては戦ができぬのです!

01.
ダイエットしたい
でも食べたい

Medium 08c685e5213abfae5a966be83000b07877bb9d33

02.
お腹は空いてないけど
暇だからなんか食べよっと

Medium 2936dd543ac2e01e83b537037778209b2ddc7eaf

03.
買ってほしい、作ってほしい
いっそごはんになってほしい

Medium 4450ff3ffffd5e3b34ea2f397b36de6f2a54669e

04.
「食べ忘れる」なんてありえない
1日の予定はごはん次第

Medium 6f094477f6bf1c3bc2cb2e96696f5e0dda839ca7

05.
パソコンから落とせない限り
テクノロジーは認めない

Medium a5d63db67e7427f7e2619362a5cc456c8d39df3c

06.
シェア?いえいえ
独り占めしたいんです

Medium 00be497c355b93dc2ab393d7e10564b93e242c95

07.
深刻な顔してる時はだいたい
「何を食べるか」考えてる

Medium fe5f1bfe06f9c6aa15b80c1928fefbd187fe1271

08.
ピザこそ、すべて

Medium eeeb1b842a281331af321e4abcb1eb8f6c6d72ed

09.
減量と敗北は表裏一体
・・・なワケないよね

Medium e88161f3dc64c350c4c61cc8edfd4c2ac8450970

10.
カロリーオフなら
たくさん食べていいんだよね?

Medium 8f671df32561014d412e3dc7d77eaa60e528d574
Licensed material used with permission by Landysh from lingvistov
とにかく美味しいものに目がなく、他のことはさっぱりなのに、料理の話になると首を突っ込んできては、誰よりも深いウンチクを語れる。食べることが好きな人たちって...
ピザが好きで好きでたまらない!もう一時も離れたくない…。そんな食いしん坊のためだけにできたと言っても過言ではないポーチが、米で話題になっています。それがコ...
誰かを好きになると、優しさやルックスとは別の価値基準が定まります。自分にしか見せない「顔」を出したり、他の人じゃわからない「気づき」を与えてくれたり。ロシ...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
「見知らぬ人から贈られた、10万円」アナタならどうする?見知らぬ誰かから贈られた「無償の親切」。海外の掲示版サイトに投稿された驚きの内容が話題を呼んでいる...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
ここで紹介する「Landysh」氏の作品は、とにかく眠ることが好きな人々へ向けたイラストの数々。ユーモア溢れるメッセージと共に、どうぞ!01.朝が昼ごろに...
愛犬の仕草や、表情の意味を知りたいと思ったことはありませんか?ここで紹介するのは「Little Things」で掲載された、犬の愛情表現をイラストで表した...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
「自分の道は自分で切り開く」シンプルでありながら合理的な概念。ブッダの言葉が、現代人にも広く受け入れられる理由は、まさにそこ。「Higher Perspe...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
片思いをしている時は誰でもドキドキが止まらず、普段とは違うソワソワした感じになってしまうものです。実は「自分だけ」と思いがちなことも、意外と「片思いあるあ...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
ロシア在住のイラストレーターのLandysh氏が、猫の気持ちをポップなイラストで代弁しました。愛情を注ぐほどに離れていき、知らないうちに足元にすり寄ってく...