生命の神秘、胎盤のエキス「プラセンタ」を使った化粧品がスゴい・・・

みなさんは「プラセンタ」という言葉を聞いたことがありますか?以前からエイジングケアの効果が注目されている成分で、今後もますます目が離せないワード。そこまで注目されるワケ、それは「プラセンタ」を紐解く事によって見えてきます。

「placenta」=「胎盤」
いのちを育む神秘の器官

 「placenta」とは、英語で「胎盤」を指す言葉です。ご存知の通り、胎盤は母体と胎児をつなぎ、胎児に水分や栄養素を運ぶ大切な働きをする器官。目に見えないほどの小さな受精卵を、人間であれば約3,000g程度までゆっくりと育む「ベッド」ですから、そこに蓄えられた栄養素も想像以上に豊富と言われています。

胎盤から抽出した美容成分

 化粧品の世界では、この胎盤から抽出したエキスを「プラセンタ」と呼んでいます。その栄養のあまりの豊富さに、人間以外のほ乳類は胎盤をそのまま食べるとも言われています。日本でも出産後の母体のリカバリーに胎盤を食べるという風習が存在した地域もあったそうです。

btn_bglen02

マリー・アントワネットも!
世界の美女に重宝されてきた
プラセンタ

 このプラセンタを人間が重宝してきた歴史はかなり古く、古代ギリシャ時代の医者、ヒポクラテスがすでに胎盤を使った治療を試みていたと言われていますし、楊貴妃、クレオパトラやマリー・アントワネットもその美容効果に注目して「エイジングケア」に愛用していたというエピソードも残っています。

btn_bglen03

今後ますます注目される
プラセンタ

プラセンタの美容市場における注目率は今後ますます高くなる傾向で、その成長率は2020年の予測で約119%*それだけ効果が実感されているからこその数字と言えるでしょう。ここまで世間の注目率が高いとなると、「使ってみようかな・・・」と思う人も多いのではないでしょうか?
*出典:富士経済

プラセンタの「原液100%」
を使用した美容液が存在した!

そんなプラセンタ、美容製品として販売されているものの中には、じつは水や油分などで水増しされたものが多いのも事実。しかし「塗るプラセンタ」として好評を博している『WHITE'st プラセンタエキス原液』は、名前の通り「100%」プラセンタの原液を使用しています。原料はすべて高いレベルの管理体制で飼育された国産のSPF豚(健康で清潔な豚)の胎盤のみ。
さらに無香料、無着色、パラベンフリー、鉱物油不使用、界面活性剤不使用、アルコールフリーなので体にも安心ですね。

btn_bglen02
使い方は簡単、いつものスキンケアにプラスして、洗顔後に数滴を肌に馴染ませるだけでOK。1日あたり66円で始められるから、「ハリ、つや、輝き」を叶えたい人はチェックしてみては?

btn_bglen03

Sponsored by フラコラ

いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
その器量良い風貌は、努力のにおいを感じさせない。しかしその内実は、挫折とパッション、人間味に溢れていた。彼女の名前は、安田あや。コスメ会社AYAの社長とし...
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳...
天然素材、自然由来、かだらにやさしい、これら「オーガニック」を修飾する名詞は口にするものだけでなく、今では衣類や日用雑貨においても、“気になる”キーワード...
パリジェンヌたちのライフスタイルを身近に感じることができるアイテムが詰まった、小さなボックスが毎月自宅に届く。2011年パリ・モンマルトルで誕生した「My...
日ごろの疲れを癒すように、体を気遣った料理を朝から食べられたなら。それこそ充実した1日の始まりに欠かせないのが、こんな朝ごはんです。そこで、いつもとはちょ...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
健康を維持するためにも、栄養は効率よく摂りたいものです。しかし、当たり前のようにやっていることが、じつは食材の栄養効果を無駄にしてしまっていることも……。...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...