【きほんのき】スーパーで「ムダ買い」しないため、知っておきたい10のコト

知っているだけでお得感が倍増し、さらには節約にもなるスーパーでのお買い物ハックを「LittleThings」ライターAngel Chang女史がアドバイス。ジョーシキとされるものも含めた10選を紹介しています。

小売側の仕掛ける誘惑やトラップに負けないで、目的のものだけを買うことができるか。節約はそこにかかっているのだ!とは、いささか言いすぎ?

01.
ショッピングカートは避ける
(余計にモノを入れないため)

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_12-600x600

まずはじめにコレ。「Reader’s Digest」をはじめ、多くのメディアが指摘するのは、ショッピングカートを利用することで、実際に必要以上のものを購入してしまうこと。カゴに比べてサイズの大きいカートを持ち歩けば、意識していても、ついつい余計な商品まで買ってしまう。これ、人間の心理かもしれませんよね。

「Business Insider」が取り上げた研究では、買い物客が使うショッピングカートの大きさが2倍になった場合、普段より約40%以上も多く商品を購入していました。

02.
買い物ルートを事前にイメージ
embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_3-600x600

多くのスーパーでは、消費行動を起こしやすくする特定のパターンによってレイアウト設計がなされています。本来ならば、買うつもりのなかった商品が、上手に特設陳列棚が設けられているがゆえについつい…なんてこと、ありますよね?新商品の乳製品や、加工肉類、レジ前のちょっとしたお菓子類など、魅惑のトラップがそこかしこに。

今度、あなたがスーパーへと向かう際は、買い物リストを事前にメモ書きして、不要なものを買わないルートを辿るイメージを持っておくといいかもしれませんよ。

03.
その商品、ちょっと待った!
目の高さ=新商品・主力商品
つまり、ちょいお高め

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_1-600x600

先に紹介したように、効率的に買い物をする上で大切なテクニックのひとつは、配置に惑わされないこと。スーパーは、消費者に買わせたい商品ほど、目の高さに合わせる傾向にあります。少し考えてみましょう。

これらの商品は、新発売されたものなど最も人気のある主力商品である傾向アリ。ストアブランドよりも価格が高めなのは、言うまでもありません。また、子どもの目線に合わせて、お菓子やおもちゃを陳列していますよね。

同じコーナーで、どれが本当にコストパフォーマンスが良く、自分に必要な商品なのか?陳列棚を上から下まで、隈なく目を動かすことが節約の第一歩につながります。

04.
「まとめ買い」は、
必ずしも格安とは限らない

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_9-600x600

たとえば、価格を確かめることなくいつものクセで一度に複数の商品を購入しているとき。“そのほうが安価だろう”と考える心理が裏目に出ることもあります。必ずしも、まとめ買いが割引に繋がるとは限りません。

ちょっとでもギモンに思ったら、恥ずかしがらずにその場で計算。節約は小さなアクションの積み重ねですから!

05.
キレイなお花、焼きたてパン…
入り口付近の誘惑をガマン!

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_2-600x600

お店が最前列に、美しい花、美味しそうなロティサリーチキン、焼きたてのお菓子などの商品を置くのには、理由があります。

スーパーマーケットの裏事情を描いた「Reader’s Digest」によると、キレイな「お花」や焼きたての「チキン」や「パン」、こうした商品を入店すぐにカゴに入れさせることで、ちょっとした高揚感や幸福を消費者に与え、ほか商品購入へと誘導する心理を図っているのだとか。

06.
ポップ表示にだまされない!
単位当たりの価格を比較すべし

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_10-600x600

04でも述べたように、スーパーで購入商品の計算をすることは、恥ずかしいことではありません。遠慮なく、価格設定のラベルをチェックしてください。すべて分かりやすい表示がされているはずです。ここで注意したいのは、商品ポップの値段によっては、グラム価格(たとえば100gいくら)が表示されている点。買うべきかどうか迷うならば、商品の単価だけでなく、販売価格と比較することです。

これは、単位当たりの商品の値段。低価格で販売しているもの=「良い商品」ではありません。モノによっては、単位当たりの価格が安い場合がも多々あるからです。

07.
ホールケーキは、
事前購入でお得になることも

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_7-600x600

大型スーパーによっては、ベーカリーコーナーでシーズンごとにホールでケーキを販売していることがありますよね。安売りだって。焼き菓子を事前に購入することが可能かどうか聞いてみましょう。

アメリカの一部スーパーでは、1ヶ月前に事前購入する場合に割引が受けられる場合があります。予約しておいて、イベント当日にピックアップしに行くというわけ。

08.
生鮮食品は
下の方をよくチェック!

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_8-600x600

瑞々しく新鮮に見える生鮮食品であっても、包装や陳列の際に、また人々が選んで手にしているうちに、商品が傷むことがありますよね。購入するときは、パッケージに入った商品を慎重に見極め、腐ったり、傷んだモノを選ばないよう注意しましょう。

09.
精肉コーナーの職員に
仕事をさせよう

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_5-600x600

精肉コーナーに専門のスタッフが在駐しているお店では、彼らからお肉を買うことが結果的に良質なものを手にできるためのいい方法となり得ます。また、塊で購入することもコスパを良くするメリットのひとつ。あるスーパーの精肉販売スタッフが「the Kitchn」に語った内容によると、カット肉と塊で比較すると、最大30%も節約できるんだとか。

賢い買い物客は、どうやって、どの位の肉を購入するかを正確に知っています。

10.
ポイントカードを
上手にコントロール

embeddedIMG_grocerystorehacks_850px_11-600x600

どこのスーパーでも、ポイントカードを発行していますよね。ポイントを貯めて上手に利用できれば問題ないのですが、普段あまり行かないような店でまでカードを無理に作る必要なない、かもしれませんよ?

Business Insider」が紹介した記事では、アメリカの場合、これらのカードは実際のところたまに小学の割引が利くだけ。実のところスーパーや小売業者があなたの個人情報やデータを保持し、来店歴や購買習慣を知るためにあるのだ、と指摘されています。とにかく利用するときは、むやみに使うのではなく、賢く使うことが大前提でしょう。

Licensed material used with permission by LittleThings.com

スゴい!これはタメになる!今、アメリカのハードウェア・チェーン(日本で言うホームセンター)「Lowe’s」が作成したVineアカウントが話題だ!ストップモ...
え!と思うものもありますが、使えるアイデアもチラホラ。今スグ試してみたくなる裏ワザを「10 Life Hacks You Need To Know For...
ここで紹介するのはアメリカで話題のライフハック動画。なかには、いわゆる“ネタ”的なもの、実際に役立つのか「?」なものもありますが、なるほどと思えるようなア...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
日々の暮らしをちょっと良くするハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載された、レタスの芯を一瞬できれいに取る裏ワザをご紹介。これさえ知っておけば、1枚1枚葉っ...
柔らかくてクリーミーなアボカドを今スグ食べたい!そんなときに使える裏ワザを「Purewow」から紹介。・ベーキングシート。・アルミホイル。・固いアボカド。...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
ファスナーが壊れた服を、直そうと思ってタンスにしまってから1年……。そんな洋服たちを蘇らせる方法を見つけたので、「LittleThings」より紹介します...
お皿の上に置かれた、2個のみかん。左は、普通に皮をむき、白いスジが残ったままの状態。コレ、気になる人も多いですよね。でも、“あること”をすれば見事にスジが...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
揚げ物や生肉などの油が手に付くと、石けんでどれだけ洗っても、あの“ヌルヌル”は落ちませんよね。そんな時、みなさんはどうしていますか?実は、台所の“あるもの...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
月が美しい季節です。太陽のひかりの時間が短くなると、月灯りが広がり、穏やかで長い夜がはじまります。月は、私たちのこころを、静かに内省に導いてくれる存在です...