赤ちゃんにも四季を感じる食事を。旬の採れたて野菜でつくる「オーガニックベビーフード」

「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」

Baby Organic」は、そんな疑問を抱いた株式会社ビーンズが作る無添加有機無農薬のベビーフード。大量生産ではなく、旬の採れたて野菜だけを使った「限定生産」の離乳食です。

四季を感じる
「料亭」のような離乳食

5abf8bd0423849930b96c6f9dddc1ca4eefdde6d

同社によると、一般的に売られているベビーフードの中には「スーパーで売れないようなB級、C級といわれる野菜」や「鰹や昆布から大量生産した質の低いエキス」でつくられているものも多いのだそう。だからこそ、本当に自分の子どもに食べさせたいベビーフードとして「Baby Organic」 を作ったといいます。

E6667567735e4aab92242cad4aed6740d1d5e0b7

使用される有機無農薬野菜は、専属農家が25年以上にわたって丹念に育ててきた「土」で作ったもの。さらに、天然の枕崎産鰹節と北海道産昆布から手仕込みで出汁をとっています。

2016年5月下旬に
2品を新発売!

【ブロッコリーポタージュ】

087738c7dd1b2781f59e9a0336b2e2a06ad667eaAc4eb22199a2aea9bc2cff76f463d5ae95e92ab0

【新たまねぎ&新じゃがいも
&みずな おじや】

8008851cdddbb3e7722e639706de28ac64c7808b86914de40de40b1aef68374f850fa5c6ef8ba52a

さらに、既存の5種類が
コチラ!

【ニンジン&タマネギ おじや】

A118f79fe294839e4e612689113f1d1b63649c91

【紅はるか(さつまいも)
ポタージュ】

48e740040dd0ef4078c2b6136e098b72deab7f88

【ほうれん草&小松菜 おじや】

E5e0e3ffc663c2eba0d4ef1d5effe3e5407b4ca8

【にんじんゼリー】

63ca4d04a21703f77bf56d9875140fa064b6e43c

【春キャベツ&カブ おじや】

8e32ea5f4240ddd726f3adf2b2bea7356a0dc746

どれも、5ヶ月〜15ヶ月までの幅広い月齢の赤ちゃんが食べられるよう、お米や具材をほどよい柔らかさと大きさに仕上げています。採れたての野菜を使っているので、夏ニンジンは爽やかな味に、一方冬ニンジンは甘味豊かな味になる模様。

C34084220dad202a7401c00d218fd229d63781d5

この通り、いつでもどこでも簡単に、直接スプーンに出して食べられます。

赤ちゃんの健康的な成長を望んで、農家や栄養士と一緒に真心込めて作った離乳食。より詳しくはコチラから。

Licensed material used with permission by 株式会社ビーンズ
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、「ベビーボックス」という段ボール箱を...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
「赤ちゃんは泣くのが仕事」なんて言われますが、やっぱり笑顔を見たいものですよね。そこで、イギリスの企業「C&G baby club」は、赤ちゃんの...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。私の...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...