残留農薬を99.7%除去するスプレーで、果物や野菜を丸かじり!

健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しいですよね。実は、野菜や果物の残留農薬を除去できる、イートクリーンというアイテムがあるんです。使い方、使用による変化をご紹介します。


残留農薬を除去する!
イートクリーンって何?

9b5f24a98c815e4ff590034519c4e5e44b91bf10

イートクリーンとは、100%天然特許配合成分でつくられた食品洗浄剤です。南カルフォルニアで開発された、食べ物の表面に付いた残留農薬などを99.7%洗い流し、O-157などの有害菌などを最大99.98%除菌できることが実験で証明されている100%天然素材(特許申請中)で作られた、野菜・果物用スプレーです。

イートクリーンが生まれた背景は?

南カルフォルニア在住の2人の子供を持つ、マレア・イブラヒムとその父のシャーキナ・イブラヒム博士は自分たちの地域で売られている野菜や海産物が汚染していることを懸念し、「家族の食の安全を守り、子供たちの未来を守りたい」という思いから、100%天然成分で作られた食品洗浄剤を開発しました。イブラヒム博士はコロラド大学の名誉教授で環境放射線保険科学および食品衛生化学で博士号を持っています。

どうやって使うの?

野菜や果物に直接吹きかけ、2分ほどおいたら水洗いするだけでOKです。

残留農薬の除去以外にも働きがあるの?

1.食材の鮮度を長持ちさせる

クエン酸、クエン酸ナトリウム、海塩が天然の防腐剤の働きをして変色を防ぎ、ビタミンCが食べ物を長持ちさせる抗酸化剤として食材の酸化、変色を防ぎます。イートクリーンを直接吹きかけて洗ってから保存したものと、そのまま保存したものでは鮮度の持ちが異なることがわかっています。

2.野菜・果物が甘くて美味しくなる

食材の表面に付着した残留農薬、汚染化学物質などがとれるため、野菜本来の美味しさを引き出します。レタスならシャキシャキ、ブロッコリーなら甘みが感じられて野菜嫌いな子どもでも食べやすくなります。

3.まな板や包丁、食器を除菌する

包丁、まな板、食器には食材を調理する時に多くの有害菌が付着します。イートクリーンをシュシュッと吹きかけるだけで包丁、まな板を効果的に除菌できます。

グリーンスムージーやデトックスウォーターなど、野菜を丸ごと食べる機会が増えた今、残留農薬が体に及ぼす影響も考えたいところ。さらには、夏場にかけては、特に注意が必要な食中毒を引き起こす有害菌対策も気をつけたいところです。

シュシュっとスプレーするだけで手軽に有害成分を除去できるイートクリーンに興味がある人はコチラでチェックを!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。こ...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいもの...
農家の人たちは農薬を使う代わりに、花を植えた方がいいかもしれない。これは、フードエディターのWilly Blackmore氏の意見だ。Blackmore氏...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...