【笑顔になれる日用品】キッチンに立つのが楽しくなる「まな板」

「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がしますか?

手になじむ包丁があるように、まな板にだって愛着がわいて欲しい。そんな想いを込めてこの道具を紹介します。

生活に寄りそう
「いちょうの木のまな板」

2308c02732b80ea486af8af5c2f6067b1bc8dbc1

「暮らしと自然を木でつなぐ」をコンセプトに、生活に寄りそうオリジナルの木製品をつくる岐阜県のクラフトメーカー「woodpecker」。イチオシは厳選した国産いちょう材の一枚板から切り出した「いちょうの木のまな板」です。

木目の美しさは言わずもがな。適度な厚みとやさしい曲線、窓際にしゃんと立つ柔らかいフォルムがいいでしょ?

C919b6fda2edadab144fd92675fee32f239607e9

生活に寄りそい世の中に貢献できるものづくりを目指したい。代表の福井さんに転機が訪れたのは、第一子を授かった記念に奥さまにプレゼントした、一枚のまな板がきっかけでした。なんでも「いちょうの木で」というのは奥さまのリクエストだったとか。

「使いやすくてデザインもGOOD、キッチンに立つのが楽しくなった」とは、もちろん奥さまの声。ともすれば一番身近の厳しい(?)ユーザーの評価で得たお墨付き。以来、woodpeckerの看板商品として、いちょうの木のまな板のファンは全国各地に広がっています。

特徴は、
柔らかく疲れにくい

579164c83d925a4436a127406bb70d4243d469ad

ところで、木製のまな板はプラスチックのものと違って、柔らかいのが特徴。そのため使い込んでいくうちに、当然ながら包丁の刃で表面に傷がついていきますよね。たとえばこんな感じに。

70a954a23f83be896a41034aab2ccb48cbc095d3

でも、まな板と包丁は二つでひとつ。このやさしい刃当たりが包丁を長持ちさせ、適度に含んだ油分のおかげで水はけもよく乾きやすい。そして、包丁をしっかりと受け止めてくれるから、じつは木のまな板の方が疲れないという利点もあるそうです。いちょうの木のまな板がプロの料理人からも支持されているのも、こうした利点にあるのでしょう。そして、長く使いたくなる魅力がもうひとつ。

傷ついたらメンテナンス。
直しながらずっと使える

359ad5a525a63dda779560e4cfc0d3f0050b5cb0

正しくお手入れすれば、ずっと使っていられるまな板。でも、ここでいう“お手入れ”とは「キレイなままでいること」ではありません。毎日使って、洗って、乾かす。その上で傷や汚れ、欠けをメンテナンスしていくことだと福井さん。それでも徐々にくたびれてきたら…、買いたてのころのサラサラした木肌に削り直してくれるのです。

こうしたアフターサービスも受け付けてくれるのも、このまな板が手放せなくなる大きな要素。もちろん多少の送料は掛かります。けれど、福井さんの言うように「木製品は直しながら使っていく暮らしの道具」、デイリーユースのまな板だって同じこと、では?

一緒に“お手伝い”も
楽しくなる!

892124013a64e92d2d221c63e813d976650941bb

こちらは新作「いちょうの木のこどもまな板」。包丁のあたりがやさしく、手にかかる負担も少ないいちょうの特性は、初めて包丁を握る子どものパートナーにぴったり。イラストレーター松尾ミユキさんのかわいいイラストとメモリ入りだから、きっと子どもも夢中になってトントントン、ですよね。

D50de1324fa40318e3eef75d170d22eca6a982301cc4992165f23568daa53a4236716bb9f092216a

大中小と3展開のシリーズは、さらにその中でサイズと形が細分化されています。ファミリー層におすすめは「いちょうの木のまな板 3大」10,260円(税込み)。カップルなら、ひとまわり小さな「いちょうの木のまな板 3中」7,020円(税込み)がちょうどいいサイズ感。

オンラインストアには、他にも使いやすさと持ちやすさを追求したデザインがいっぱい。台所に立つ姿を思い浮かべながら、選んでみては。

そうそう、肝心の「トントントン」あの音は、以下の動画の中に登場します。目を閉じれば、いい香りが鼻の先を通り過ぎるかも。


Licensed material used with permission by woodpecker
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。このコンセプト・デザインが話題に...
自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...
「いまや女たちの料理力はどんどん退化して、無能な男レベルに近づき、おいしいものをみずからの腕でほしいままにする自由を喪失している」。約40年前に発売された...
 あらゆるジャンルに神童と呼ばれる天才児たちがいる。美術、音楽、スポーツ、そして食。ここに紹介するOlenkaちゃんもまさにその一人。だけど、彼女の魅力は...
なんとなく過ごしている毎日。ちょっと意識を変えるだけで、もっと幸せな1日に変わるなら試してみたいものです。「Elite Daily」のライター、Sonya...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
どこの国を旅していても、必ず訪れるのが現地のスーパーです。野菜やフルーツ、お肉、魚介類はもちろん地域ごとの違いがよく分かるのですが、それよりもお菓子コーナ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...