【笑顔になれる日用品】水洗いもへっちゃら。軽くてタフな皿「プライウッド」

自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します。ひとつは木から削り出したり、くり抜いて作るもの。もうひとつが、薄くスライスした木のシートに圧力をかけてプレスした成形合板(プライウッド)です。

ここで紹介するのは後者のほう。軽くて、丈夫で、シンプルな意匠にひと目惚れしてしまいました。

圧縮プレスでつくる
もうひとつの“木のぬくもり”

Medium 3be33a926699d5347df15424d0b7a0bbf8755ed8Medium bbd72c1e52218f2e9d29fc15824504f78adbc7a2

はじめに、プライウッドの特性から紹介していきましょう。といっても、長々と製品説明をするのも野暮。もっとも特徴的なメリットを以下、2つ動画にまとめてみました。まずは、そちらからどうぞ。

メリットその1
水にも、汚れにも強い

Dd3d98116218378dfb9fe6371df042a7f84de175Medium 7c40cded43874ae66d7e518eb6988fc929d91b59

木皿と聞くと、「水に弱い」というイメージがありませんか?ところが、プライウッドは耐水性に優れた製法なんです。ここに紹介するメーカーのものは、工業試験場での業務用食器洗浄機による洗浄テスト(その数じつに3,000回!)を、さらりとパスした逸材。

メリットその2
軽くて丈夫、
落としても割れない

2c38a626c6b6b5bd0d3a13a0a576263d68023077

また、適度な粘りがあるのもプライウッドの特徴。うっかり落としても、割れません。

じつは、この2つは木皿にとって重要なポイントなんです。
というのも、水はけが悪く乾きにくいままの皿は、いつでも生乾き状態。なんとなくニオイが残っているのってイヤですよね。特に梅雨のこの時期は尚更。他にも、落としただけで欠けてしまったり、使っていくうちにひび割れがひどくなり、最後はパキっと割れてしまうことだって少なくありません。

こうしたネガティブな要素を、長年培ってきた成形合板の技術でポジティブに転換させているのが、香川県高松市の製作所「GOLD CRAFT(ゴールドクラフト)」です。

木の風合いや質感をそのままに
包容力ある木皿を製造

Medium 91a83ebb8966a62d2e5937db38aba6e92a001c23

材質から接着剤、耐水コーティング剤にいたるまで、すべて日本製のプロダクトにこだわるゴールドクラフト。1センチあたり数十キロの圧力をかけてプレスされる、プライウッドの主原料はシナノキ材。これも、「産地が確かなものだけを使う」という徹底ぶり、現在は北海道から取り寄せているんだそう。

Medium 791596cfc069e2f1d9993b0d692f42a500eb3e85

クラフトマンとしてのこだわりがもうひとつ。
プライウッド製品の特徴であり、木皿の表情となる表面材、これを突板(つきいた)と呼ぶそうですが、この厚み0.6ミリがゴールドクラフトの真骨頂。木の風合いや質感を感じることができるのも、この厚みあってこそだとか。曲面をつくりだす難題をクリアしてきたのも、本場北欧のプライウッド(厚さ0.5ミリ以上が一般的)に負けない技術力があってこそ。

使い勝手で選ぶなら、
この2種類

Medium d44de4837bdd6baa38cd97e308d642da9c61342cMedium 9fa901c9f157fb3cd8c972ed5ab3e0359850c148

オススメは、お皿全体に余白を与える広いリムが印象的な「ワイドリム」。サラダにお肉にパスタ、陶磁器のホワイトプレートのように、どんな料理を盛り付けても見栄えする使い勝手のいい丸皿です。また、メインプレートの下皿としてもいいかも。シナノキ製のLサイズ(305×305×h10ミリ)は、一枚3,240円(税込)。

Medium 035b76f5a5f9ef4826049a9deda3c2efdcab67f8Medium c495c1321f5c5ee7c03723a11d2f1f5be2ee0c58

一方こちらは、デザイナー小松 誠氏によるデザインの「風の器」シリーズ。その名の通り、風をうけてたなびく軽やかさをプライウッドで表現した角皿です。写真のようにお寿司を盛り合わせたり、アンティパストにも合いそう。ベイマツ製のLサイズ(355×195×h20ミリ)は、一皿3,780円(税込)。

オンラインストアでは、材質もカタチも、サイズも豊富に展開しているので、ライフスタイルやお皿とのマッチングを考えながら選ぶことができますよ。温もりあるプレートの向こうに美味しいイメージが、きっと湧いてくるはず。

Licensed material used with permission by GOLD CRAFT
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新し...
時間やお金を節約したいと思えば、欲しい洋服やアクセサリーなどの買い物を我慢すればいいですよね?けれど、食品や生活用品となれば話は別。どんなに忙しくても行か...
自然で愛らしい笑顔は、同性から見ても魅力的なもの。あなたも誰かの心をつかみたいと思ったら、まず笑顔の作り方のトレーニングから始めてみてはいかがでしょう? ...
繰り返し使っていても、ちっとも飽きがこないお皿があります。サラダをどっかと盛り付けるときは鉢のように底を深くしてみたり、アペタイザーなら平ぺったいままふち...
なんとなく過ごしている毎日。ちょっと意識を変えるだけで、もっと幸せな1日に変わるなら試してみたいものです。「Elite Daily」のライター、Sonya...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
どことなく上品で笑顔を絶やさない、素敵な女性に憧れるものの、ガサツな自分には無理!と思っている女性のみなさん。それはもったいないことです。あなただって「素...
身の回りのものとイラストを組み合わせる、Kristián Mensa氏。1997年生まれ、プラハ在住の若きアーティストです。彼の作品発表のフィールドは主に...
「笑顔」は、相手に安心感を与えるだけでなく、見ている周りの人までもハッピーな気分にさせてくれます。ここでは、そんな「笑顔のチカラ」を感じられる5つの記事を...
「Vogue Living」「ELLE DECO」をはじめ、数多くのインテリア、ライフスタイル誌に取り上げられる、ロサンゼルス発のスタイリッシュでモダンな...
あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる1...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
おなじ笑いでも、英語で言うところの「Smile」と「Laugh」ではまったく意味が違う。声を出すか出さないか以前に、“Smile”にはどこか作為的というか...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
今、You Tube上では、様々なドッキリが繰り広げられている。人が当惑したり、叫び声を上げたり、取り乱したり…仕掛けられているとは分かっていながらも、こ...
正月や節句、あるいは誕生日…指折り数えたとしても、きっと片手で事が足りてしまうのが、漆器の出番。それは主にハレの日の器だろう。しかし、ひとたび行事が終わっ...
人間関係や仕事、家庭でのトラブル。毎日生きていればつらいことだってありますよね。でもイヤなことだって自分の捉え方次第では、幸せにだってなり得ることだって…...