なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?

「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)にいると『安らぎ』になったり。そうしたところに日本文化が垣間見えるのが面白いですね」

漢字の魅力についてそう話すのは、アメリカ人のJustin Tierneyさん。マイブームは雅楽で、自分で蕎麦を打ってしまうほど日本食好きな彼もまた、「TOKYO」を舞台とするタイムラプス動画の撮影者のひとりだ。

ネオン輝く
眠らない街、東京を記録

ゆりかもめから始まり、新宿、渋谷、東京駅へ──。『Tokyo Aglow』は、いわゆる定番をしっかりおさえつつも、自動車からの視点を織り交ぜるなどオリジナリティーが発揮された作品に仕上がっている。

Medium b9d80d9edd2d64a2d6bf1d2adbeaa69f63ba5e09Medium bffd6adcc393cf5f4b1f7b74c854b04e78209a2fMedium 64356c330e9f7087abd1b824231278357510320aE7afccbc04762307ff9634e5a40251546d0367bc

ちなみに、「Aglow」とは「キラキラと輝く」の意。眠らない街、東京の姿がそこに。

Medium bc83907c7b49bfebdd74be3a433a0ce8ba1e82f8Medium b37187dc754d2592b8a4c745fb847e7d6be70057

ところで最近、この『Tokyo Aglow』以外にも、外国人が撮影した東京をテーマとするタイムラプス動画をよく見かけないだろうか?

「TOKYOでは、
撮影に集中できる」

8becb12ddd1cd3e93c6cbfcac197e8c75fb9a06d

そもそもタイムラプスとは、何枚もの静止画をつなげて動画にしたもの。数秒に一回シャッターが切れるようカメラを設定し、5〜10時間をかけて撮影したものが、最終的に10〜20秒のタイムラプス作品になるのだそう。

その間、ミリ単位でもカメラが動いてしまうと、すべてが水の泡に。

Medium 2f44202fce0e44d31b25efd638aa0999ea9d8c77

しかし、Justinさんによると、東京ではカメラが動くようなトラブルの心配がないらしい。

「街中で機材を出しても、まったく危険を感じません。治安が良いので、夜遅くまで撮影したとしてもリスクは低い。安心して撮影に集中することができます。アメリカで同じことをしようとしても、なかなか難しいでしょうね。もちろん、タイムラプスに適した繁華街がたくさんあることも理由の一つです」

「日没の早さも魅力」

Medium 9f26dc35d70ec170c828628886de9905f20ad9ee

さらに、彼にとっては、早い時間に日が沈むことも魅力なのだとか。

「私は夜景のタイムラプスが好きです。故郷である米・コネチカット州では、夏だと21時ごろまで明るい。でも、東京は19時には日が没みます。その分、夜景を撮影する時間を多く確保できるのが嬉しいですね」

Medium 58e957593830fa3cb2f27af55de34dc1bb133c76

上の写真は実際に新宿で撮影中のJustinさん。

「タイムラプス撮影で面白いことは、自分が予期していなかったものを記録できること。偶然起こることこそが、タイムラプスの大きな構成要素になっているのです」とその魅力についても教えてくれた。

Medium a4b1a2e4aa6aa73b7e921df7b7d6a33d94054bcc

つい先日、そんな彼の最新作『In Praise of Shadows』が公開された模様。今回は日本の「交通機関」がテーマ。気になる人はぜひチェックしてほしい。

Licensed material used with permission by Justin Tierney
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
もしも、あなたが観光客として東京を巡るとしたら、どこへ行き、何を写真に捉えたいと思うでしょうか?この動画を制作した観光客は、「小さなスペースでエネルギッシ...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
LINEやメールで手軽にメッセージをやり取りできるからこそ、手書きのぬくもりが見直されている今日この頃。さらにもう一歩踏み込んだ“新種の手紙”が登場し、関...
肉を買うときは、切られて並べてあるものから選ぶのが一般的。でも、この「TOKYO COWBOY」はそうしたスタイルに一石を投じます。コンセプトは「あなただ...
日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。「...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
もう、動画を見てもらえればそれだけで十分なんだけど、あえてその前に少しだけこの真剣なつくり込みを楽しんでもらいたい。ベルリンを拠点に活動するシンガーソング...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
アメリカンカルチャーのアイコンでもある「Route 66」は、シカゴからサンタモニカ間を結ぶ全長3,755kmの一本道。作家ジョン・スタインベックが、19...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
「Mikkeller Tokyo(ミッケラートウキョウ)」が、渋谷に戻ってくる!多くを語らずとも、これだけで感涙にむせぶコアなファンは決して少なくない。な...