漬け込むだけでお肉がエイジングしてしまう「魔法のソース」が登場

昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存もなしに再現しようというのがこのソース。この手軽さを知れば、きっとトライしてみたくなるはず。

時間をかけずに
お肉が熟成できるんです

いわゆる熟成肉は、一定の温度、湿度、風を保ちながら長時間ゆっくりと寝かせることで、肉が本来持っている酵素によってタンパク質を分解し、アミノ酸へと変化させる。ゆえにおいしく感じという仕組みです。

水分が多い欧米の赤身肉をいかにおいしく食べるか。そのノウハウの一つにドライエイジング(乾燥熟成)があります。平たく言えば「干物」と同じような感覚で、肉の中にある余計な水分を飛ばしてタンパク質やミネラルを凝縮させていく方法。

それだけに時間も手間もそれなりの設備もかかるのですが、これに近い状態を手っ取り早くつくってしまおう、という画期的な商品がアメリカで発売されました。「時間」をすっ飛ばしてしまう訳ですから、ちょっとズルいっちゃズルいんですけどね。

漬け込むことで熟成をうながす
ドライエイジング・ソース

Fc6434362514dc53c3d0bdda1c192d4ba7d35b7e

250ml入りで24.99ドル(約3,000円)という価格を高いと思うかどうかは人それぞれとして、わずか大さじ1をお肉(450g)にもみ込むようにして、あとは焼くだけ。これでエイジングされたあの熟成肉の味が再現できるとしたら、試してみる価値は多分にありそう。 

B55c29a7ccd23877291d06c0212d3c2c37c3225d491bc4953826e995391c0be60b031b6df5ddc0b9

開発メーカーによるとこの魔法のソースのカラクリは、独自にブレンドした魚醤、黒みつに近い糖蜜、ナッツ糖などが主成分。これがグルタミン酸を生み出し、ドライエイジングをする際にうまみ成分となるアミノ酸を引き立たせつつ熟成に似た状態を作り出すんだとか。

言ってみれば、肉を柔らかくするのに塩麹やヨーグルトに漬け込むとの同じ要領で、外的要因を使ってエイジングを図るという訳です。漬け込む時間も1日とかからないそう。すると、こんなふうにいい感じのステーキ肉に仕上がるというんだから。

1c42ba4887e9a128224530ec3a6d5c310a01c8ce

ちなみにメーカー「SANSAIRE」は、日本のレストランでも取り入れだした真空調理(Sous Vide)による調理法を家庭に持ち込むキットを開発した業者です。なので、このドライエイジングソースによる熟成も、密封パックで真空状態にし、湯せんしてから焼く方法を推奨しています。

日本での発売はまだないものの、Amazonを通じて購入も可能。自宅で手軽にエイジングビーフを楽しみたい人は、チェックしておいて損はないでしょ。

Licensed material used with permission by Jebiga Design & Lifestyle
あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...