お肉とよく合うスイス人とっておきの「ホワイトソース」

在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一品。薄切り肉にマッシュルームのクリームソースをかけていただく料理です。おいしいですよ。

4b4ca74a4389a9f9ece6f13e1b8ea9a7c4b0b641

このゲシュネッツェルテス、もとは仔牛を使ったチューリッヒの名物料理だそうですが、他県でもお肉を変えたアレンジがされているんだとか。

一般的に、スイスやドイツでは豚肉がもっとも高価なお肉で、牛肉はその次。ちょうど日本と逆なんですね。友人のお気に入りも豚肉でつくる一品。本場のイメージに寄せるなら、つけあわせはハッシュドポテトがオススメ。もちろん、冷凍のフライドポテトやマッシュポテトでも、ごはんをサイドに持ってきてもOKです。

〈材料:2人前〉

・豚うす切り肉:200g
・マッシュルーム:200g
・白ワイン:50ml
・牛乳:100ml
・生クリーム:100ml
・バター:10g
・塩こしょう:適量
・ハッシュドポテト:適量

〈つくり方〉

まずは豚うす切り肉に塩こしょうで下味をつけ、マッシュルームは3ミリ幅にカットします。フライパンにバターを入れて中火で熱し、豚肉の色が変わるまで炒めたらマッシュルームを加えて、中火で火が通るまで炒めていきます。そこに白ワインを加えて半分ほどになるまで煮たら、牛乳、生クリームを加えてとろみがつくまで煮ていきます。塩こしょうで味をととのえたら器に盛って、ハッシュドポテトを添えて完成!

聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
こう書くと、チョコレートフォンデュが頭に浮かんだんじゃないでしょうか。答えはNO。スイスには、まだ知られざるフォンデュスタイルがありました。それが「フォン...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
持ち寄りパーティでどんな料理を持っていきますか? みんなに喜んでもらうなら、人気料理を持っていきたいですよね。肉料理の中でも人気の焼豚。実は、豚こま切れ肉...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...