遊牧民たちのワイルドすぎる麺料理

多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料理。ここに紹介する「ベシュバルマク」も、古くから親しまれてきた麺を使った料理のひとつ。

Bda31c48eec0562d1ac44c597658af7a67e4e712

<材料:2人分>

・牛かたまり肉:400g
・玉ねぎ:1/2個
・きしめん:2袋
・水:1000ml
・塩:小さじ1/2
・こしょう:適量 

<つくり方>

水を沸かして牛かたまり肉と塩を入れ、ふつふつするくらいの火加減で煮ていきます。時間は、1時間半。牛肉を取り出したら細かく切っておきます。先ほどの鍋に薄切りした玉ねぎを入れて、再度ふつふつするくらいの火加減で5分煮たら取り出します。同じ鍋で今度はきしめんを袋の表示時間通りに。

器にきしめんを盛り付けたら、玉ねぎ、牛肉をのせて塩こしょう(分量外)をふります。茹でた汁はスープとして。別途お茶碗に入れて、麺を食べながら飲むのがキルギススタイルです。

5本指を使って食べるのは、
遊牧民スタイルの名残り

キルギス語でベシュは数字の「5」、バルマクは「指」の意。つまり、箸を使わず5本の指を使って食べる、これがベシュバルマクの語源。キルギスでは床に座って料理を囲み、手を使って食事を口に運ぶのが一般的な風景でした。こうした文化は遊牧民たちの間では今も残っていますが、都市に住む人々は、私たちと同じようにテーブルに座ってフォークで食べるスタイルだそうです。

さて、今回はきしめんをつかった再現レシピでしたが、本来は小麦粉を平たく伸ばしたあと、麺状にカットするのがこの料理。麺の切り幅が家によって大きく違っていて、8cmちかい幅にカットするような家もあれば、そばのような細切りにするところもあるんだとか。

遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。移動する彼らにと...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...