「サワークリームで煮込む」という極寒の地のおいしい発想力

ロシアの隣国ベラルーシの冬は、とにかく寒い。そのためか、カロリーをたっぷりと摂取できるような濃厚クリーミー料理が数多く見れらます。たとえばこの「マチャンカ」、サワークリームで豚肉をことこと煮込む。さあ、どんな料理でしょう。

Medium 0e3892130f99faf75e54a5a3550bb1eddb0cb0bd

ベラルーシの人々はサワークリームが大好き、だそう。アメリカのようにディップがメインではなく、煮込み料理や炒めもの、デザートソースにもよく使われるそうです。なかでも「マチャンカ」はその代表格。これを再現するには…。

〈材料:2人分〉

・豚かたまり肉:400g
・玉ねぎ:1/2個
・ローリエ:1枚
・塩(下味用):小さじ1/3
・サワークリーム:150g
・パセリ(みじん切り):適量
・バター:15g
・塩こしょう:適量

・A 小麦粉:大さじ2
・A 水:600ml
・A 固形ブイヨン:1個

〈つくり方〉

みじん切りにした玉ねぎと、5センチ角に切って塩で下味をつけたを豚肉を用意します。フライパンにバターを入れて中火で熱し、玉ねぎが透き通るまで炒めたら豚肉を加え、色が変わるまで表面を焼いていきます。Aを混ぜて小麦粉を溶かしたら、フライパンにローリエといっしょに加え、ふつふつするくらいの火加減で30分煮ていきます。最後にサワークリームを加えてとろみがつくまで煮たら、塩こしょうで味をととのえ、パセリをちらしてできあがり。 

クレープの皮と一緒に器に盛れば、より本格的!カロリーが気になる時や、サワークリームがないとき、同量の水切りヨーグルトで代用するのもいいかも。

聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
ギネスビールといえば、言わずと知れたアイルランドの名産品。かの地ではただ飲むだけでなく、料理にも使用されるって知ってました?たとえば、牛肉を黒ビールでコト...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...