ベテラン編集者が語る。「結婚1年目」にやってしまった5つの間違い

誰しもが、結婚するときは幸せな家庭を思い描いて、大好きな人と一緒になれた喜びでいっぱいのはずですが、結婚生活が「日常」になるにつれて、ささいなことでケンカになってしまったり、不満が募ったりしますよね。

現在は結婚17年目で、子を持つ父親にして教育出版のベテラン編集者であるTom Burns氏は、自分の経験をもとに「結婚生活1年目で犯してしまった5つの間違い」を紹介。

曰く「結婚生活を17年も続けたあとだと、1年目にやっていたことがいかにバカらしかったかがよくわかる」とか。

【間違い 01.】
自分の洗濯物しか
洗わなかった

Medium b9f6ca20bce6d22c21f05b85b2f1333fb10f44cc

妻とは結婚前に同棲していなかったので、結婚1年目は生活のあらゆることが大変だった。たとえば、洗濯物。他の人の洗濯物、とくに女性のを洗うのはなんだか恥ずかしいことのような気がして、自分のはちゃんとやっていたけれど、妻のは洗っていなかったんだ。

自分の洗濯物はまとめて洗えばいいだけだったけど、妻はおしゃれ着とか下着とか、扱いが難しそうなものが多かった。だから「大切な服をダメにしてしまうくらいなら触らないほうがいいだろう」と思って、自分の分だけやっていたんだ。僕は気を遣ってそうしていたつもりだったけど、妻はどんどん不機嫌になっていった…。

それで僕はちゃんと洗濯表示を読んで、洗えるものは一緒に洗って、平干しだとかドライクリーニングだけのものとか、特殊なものはその都度対応することにした。洗濯物をきちんと確認しはじめたことで、妻が自分の服をどんな風に見ているのかもわかるようになったよ。

【間違い 02.】
ケンカに勝とうとしていた

結婚生活には勝ち負けなんてない。自分が正しくて、相手が間違っていると証明できたとして、一体それで誰が幸せになるんだろう。ケンカに勝つことには何の意味もないんだ。

結婚して1年も経てば、そんなことは考えなくなる。とにかくケンカなんてしたくない、と思うだけだ。言い争いを繰り返すより、お互いにケンカから遠ざかろうと努力するほうがずっといい。

【間違い 03.】
妻とばかり過ごして
友人をなくした

Medium 7f8dbbb264b3e8c7727937730f001a659778faa0

結婚したばかりの頃は、すべてのことが新しくてそれに夢中だったから、妻と離れて過ごさなければいけないような誘いは全て断っていたんだ。でも1年もすると、僕も妻も友達がいなくなっていることに気づいたよ。友人たちは何かを企画するとき、もう僕たちを誘わなくなっていたんだ。

これは完全に僕たちの落ち度だよ。それからは、できるだけ友人たちとの集まりに参加するようにした。今では「夫婦が離れて過ごす時間があっても大丈夫」と思えるくらい、自分たちの絆を信じているし、そのほうがお互いにもっと幸せでいられるよ。

【間違い 04.】
銀行口座を一緒にする
大変さに気づいていなかった

誰かと生活を共にすることが、精神的に大変なのは間違いない。でももっと大変なことがある。それは金銭面での感覚をすり合わせることだ。

僕と妻は、お互いに節約の仕方やお金の使い方について全然違う価値観を持っていた。もちろん仕事も違えば収入も違う。だから「どちらのほうが家計に貢献しているか」という議論をよくしていたよ。まったく最悪のケンカだった。

そんなことを続けるわけにはいかないと思って、僕たちはお金についてお互いにもっとコミュニケーションを取ることにした。それまではお互いがどのくらいお金を使っているのかきちんと知らなかったけど、ちゃんと予算を書き出して、お互いに請求が毎月どのくらい来るのかを知っておくことにした。これはとても意味があったよ。

大切なのは、自分たちの毎月の収入を「ふたりのお金」として考えること。大変だけど、一緒に暮らしていくならいつかはやらなければいけないことなんだ。

【間違い 05.】
結婚が人生を魔法のように
変えてくれると思っていた

Medium 4bc6e7ebf9aff3f5f09fb94b560e81ac3730dd29

確かに、結婚をすると人生は変わる。でも「魔法のように素晴らしい人生が待ち受けている」と根拠もなく期待するのは、とても危険だ。

僕も結婚したときは「これで真面目になって、落ち着いた人間になるんだ」と漠然と思っていた。でも、結婚によってどう変化するかは、カップルによってそれぞれ違うんだ。大変になるかもしれないし、意外に簡単かもしれない。めちゃくちゃになってしまうかもしれないし、何も起きないかもしれない。いずれにせよ、一晩で別人に変身してしまうわけではないんだ。

結婚は旅のようなもの。その道程の中で、自分と相手が時間をかけて一緒に変わっていく。結婚してから、僕は大きな無駄遣いをしなくなったし、女性物のブラウスを洗えるようになった。結婚による変化というのは、そういうものなんだ。

Licensed material used with permission by yourtango
More content from YourTango:
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...
結婚までに知っておきたいお金についてのあれこれ。ここでは、家計、社会保険料、年金についてのご紹介。シングル、共働きカップル、片働きカップルの3タイプに分け...
「2分に1組」が離婚をしている?厚生労働省の「人口動態調査」によると、平成23年度の離婚件数は約23万5千組。これを時間で表すと、およそ2分に1組が離婚を...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
良好な夫婦関係を保つためにはどうしたらいいのか。いろんな意見があるでしょうが、ここで紹介する「Higher Perspective」で紹介されている、心理...
Your TangoのライターJillian Kramer氏は、女性の幸せについて書かれた書籍『Choosing Me Before We』の著者、Chr...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
近年の日本は、晩婚化が進んでいるといわれています。女性の社会進出はもちろん、結婚するよりも独身の方が、生活がラクに感じる。という人も多いはず。それでも、や...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
交際して3年も経てば、パートナーと本音で会話ができる反面、衝突や飽きがくるリスクも。そのため、カップルにとっては関係が続くためのひとつの「壁」と言われてい...
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
どんなカップルのあいだにも悩みごとは付きものですが、年の差カップルには独自の悩みも出てくるわけで・・・芸能人同士では15歳差、20歳差なんていうカップルは...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
「30歳まで結婚は待ったほうがいい」起業家でライターのPaul Hudson氏は、20代での結婚は失敗のもとだと主張しています。まさにこの世代が「Elit...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...