あの「ジャンバラヤ」は炊飯器があればスイッチひとつでできる

ファミレスの定番メニューのひとつとして、日本人の舌にも受け入れられた米ケイジャン料理の「ジャンバラヤ」。でもこれ、ピラフなのか炊き込みごはんなのかイマイチよく分かりません、よね。では、自宅で再現するにはどうすればいいかといえば、炊飯器を使えばいいんです。

材料を入れて、スイッチを押せば、ハイできあがり!

炊飯器で再現する
炒めない「ジャンバラヤ」

Medium e6c09c701cfa4595afa9341b9475975fa63bd0ea

本来のジャンバラヤは肉などの具材とスパイスを先に炒めてから、生米にスープを入れて炊き上げるというつくり方。ですが、フライパンでお米を炊くとなると火加減に気を配らないといけません。

けれど炊飯器を使えば、こげつく心配もないし、具材を炒める手間も省けます。水の量を少なめにすると、パラっとした仕上がりになります。

〈材料〉

・鶏むね肉(1.5cm角切り):200g 
・玉ねぎ(1cm角切り):1/2個 
・ピーマン(1cm角切り):1個 
・パクチー(みじん切り):適量
・米:2合分(300g) 
・水:200ml 
・トマト水煮缶:1/2缶(200g)
・おろしにんにく:小さじ1/2
・ケイジャンスパイス:大さじ1
・オリーブオイル:小さじ1
・塩こしょう:適量

※ケイジャンスパイスが無い場合は、カレー粉で代用も。

〈作り方〉

米を研いで水気を切ったら炊飯器に入れ、水を加えて30分。ここまでは普通の炊飯と同じです。そこにオリーブオイルと塩こしょうを抜いたすべての材料を加えて混ぜたら、ごはんを炊いていきます。炊き上がりにオリーブオイルを回しかけ、塩こしょうで味を整えたら、器に盛って最後にパクチーを散らして完成。

炊飯器にまかせっきり。これだけで病みつきのおいしさに。

料理に自信がない人でも、失敗しない「簡単!炊飯器クッキング」をハウツー動画の「ビエボ」よりご紹介。炊飯器のポテンシャルを存分に活かしたお手軽レシピ。手間を...
秋の味覚の一つである「焼き芋」を自宅で簡単に作る方法が、ハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載されています。用意するものは、サツマイモと炊飯器と水のみ。火を...
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に、器、といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷いま...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
ひとくちに「器の大きい女性」といっても、どのような女性のことを指すのでしょうか。具体的に説明しようとすると難しいですよね。ここでは8つの特徴をまとめてみま...
ケチ、自意識過剰、つねに上から目線。これらは付き合いたくない男性の特徴としてよく挙げられていますが、要するに「器が小さい男はヤダ!」ってことですよね。彼女...
水を入れて置くだけで機能する加湿器がコレ。寒暖の差が激しい季節には、風邪予防対策するためにも重宝しそうです。岡田心がデザインしたeco加湿器「マスト」は、...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
体の芯から冷え込むような、本格的な冬がやってきました。そんな季節を風邪知らずで乗り切るために、ぜひ取り入れたいのが今注目の「甘酒」です。それもフツーの甘酒...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
17世紀ベルギー南部(ナミュール地方)で誕生したフリッツは世界中へと広がり、ハンバーガーのサイドを彩るフライドポテトとして、私たちの知るところ。今ではポテ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...
アメリカのジョージメイソン大学の学生2人が開発した、画期的な消火器が登場!なんと「音波」で火を消すことが可能なんです。「音」で消火するため水や化学物質を放...