つまらない毎日から抜け出す、小さな冒険9つ

毎日同じことを繰り返していても、同じ結果が跳ね返ってくるだけ。でも、普段の自分がやらないことをしてこそ、新たな「発見」に出会えるものですよね。

そんなあなたにオススメなのは、「I Heart Intelligence」でライターのStanさんが提案する、つまらない毎日から抜け出す小さな冒険。

01.
知っているようで知らない
近所をおさんぽ

Medium a627730f19a239d3d34f3128a2010be117f93c2d

駅から家までの道はよく知っていても、街中を散策したことはないのでは?歩いたことのない道を散策してみると、すてきなお店やギャラリーといった、思いがけない発見があるかも。

02.
天気が悪くても
傘なんていらない

いつもだったら雨でちょっと濡れるだけでもイライラ…。なんて人は、思い切って傘をさすのをやめてみましょう。最初はちょっと抵抗があっても、きっとすぐ慣れて、これ以上ないくらいの開放感が味わえるはず。

たまにはレインブーツを履いて、水たまりに飛び込んでみるのもいいかも。

03.
汚れることより
楽しむことを大切にする

服が汚れることなんて気にせず、思いっきりアクティビティに没頭してみて。そうすれば、時間を忘れてしまうほど楽しめるはず。陶芸、ガーデニング、手足に絵の具を塗りたくって大きな絵画を描いてみるなんてどう?

本気で全身を汚したいのなら、どろんこ遊びもおすすめ。子どもだけの遊びだと思っていたら、大間違い。

04.
電車に乗って
知らない街へ

仕事やプライベートで使ったことのない路線の電車に乗って、外の景色を楽しんだり、テキトーな場所でふらりと下車して迷子になりましょう。知らない街の方がいつもより周りの風景を意識して歩くので、きっと忘れられない思い出に。

05.
思い切って
「知り合い」をお誘い

Medium e752c369cfee2128b0519f550c8d164b1ec7286e

Facebookに溢れかえっている友達リスト。その中から、そんなに親しくない人にお誘いのメッセージを送って、返信を待ちましょう。冒険好きな人であれば、「楽しそう、行こう!」と乗り気になってくれるはず。

06.
初めてのお店に
チャレンジ

たまには夕飯を作らず、家の周りの気になったレストランにふらりと入ってみましょう。いつもは注文しないようなメニューを頼んだら、「最近のイチオシ」になるような料理に巡り会えるかもしれません。

07.
住んでいる街で学ぶ

あなたの住んでる街には、意外とたくさんコミュニティがあるはず。読書が好きなら読書クラブに。何か新しいことを学びたいなら、区民センターや近くの大学のオープン授業を調べてみると、面白い講座があったりして。

08.
フォトグラファー気分を
味わう

Medium 804d30f42104ded3ec86d94689f4c1c758e94a3b

お散歩が一段と楽しくなるアイテムといえば、カメラ。せっかく写真を撮るなら一眼レフ!なんてお金をかける必要はありません。動物、風景、人物などテーマを決めて、スマホでパシャパシャ撮影してみましょう。

上手い下手は関係なく、自分の作品と呼べるものをカメラロールに収められたら、それだけで達成感が生まれるはず。

09.
ベタな観光地に行ってみる

騙されたと思って、わざと観光客の定番スポットに足を運んでみましょう。観光客たちがこぞってその場所を好む理由がきっと見つかります。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
「旅立とう!場所はどこでもいいから、部屋を飛び出そう。幸福と自由の感覚を研ぎ澄ませ、手足を広げよう。目の前に広がる景色を感じ、広く生き生きとした視野を持ち...
林 季一郎 Kichiro Hayashi平岩 隆 Takashi Hiraiwa世界一周の旅のテーマは、本物の冒険を共有すること。林さんは慶應大学、平岩...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
フォトグラファーのジュリアン・レイテル氏が撮影したのは、凍結した火山の内部にあった秘密の絶景だ。これまでも写真家・冒険家として様々な火山の内部や雪山など、...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
一人旅が最高の旅のスタイルであることの理由!「ひとり」であることには、しばしばマイナスイメージが付きまとっている。例えば、1人で食事をしたり、映画を観に行...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
東南アジアを旅していると、国がどこであれ、たいていの場所で寺院と出会う。さほど有名でなくとも、せっかくだから参拝して行こう、なんて気になるものだ。しかし、...
あなたが今すぐにでも旅に出た方が良い理由を、Elite Dailyのライターが自身の経験から綴っている。今回は彼の経験談から、その理由を紹介する。「1年間...
「あー、仕事辞めてどっか旅にでも行きたいなー」って思うこと、ありません?ここで紹介するスペイン人のセルジ・バーゾリさんは、3年前に仕事を辞め、故郷のバルセ...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
有名観光地はいつでも行ける若いうちは、もっと冒険しよう!世界中に存在する有名観光地、勿論どこだって行って見たいと思うものだが、ニューヨークやパリなど、すで...
恋人と3年かけて世界一周を果たしたジョー・シモン(Joe Simon)さんは、パートナーのケイティ(Katie)さんのために、一緒に冒険した日々の記録を7...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
こちらの動画は、10年間世界を旅して回ったBenny LewisさんがYouTubeに投稿し、反響を呼んだもの。家を持たず、わずかなお金で世界を常に渡り歩...
ひとことで言うと、バイタリティ溢れるおひつじ座。Higher Perspectiveで紹介されている「おひつじ座」にまつわる記事を参考に、具体的な彼らの特...