プレゼン資料で圧倒的に差がつく「5つのポイント」PART2

ビジネスは、アイデアを出し、それを形にして取引先に売り込み、お金の流れを作ることの繰り返し。つまりプレゼンに終わりはないのです!

せっかく斬新なアイデアを思いついたとしても、伝え方がマズければチャンスをモノにすることはできません。逆に言えば、スライドの佇まいで「お、この提案は一味違う!」という空気を作れるのもまた事実。極端な話、内容が同じなら、ビジュアルがすぐれているプレゼン資料の方が絶対に前向きな気持ちで聞いてもらえるのです。

そんなプレゼン資料作りのコツを、以下で見ていきましょう。

01.
アイスブレイクの作り方

Medium 33847085ae0fc8e0a969ca039059669141a59b46

アイスブレイクは、落語で言えば「まくら」。オーディエンスを一気に引き込み、自分の話に耳を傾けさせる空気を生み出すために、プレゼンテーションの入り方はとても大切。冒頭で「ここからどう本題へ?」という意外性を有効に使うのもひとつのテクニックと言えます。

「そんなこと言われても何も思いつかない…」という人のために、ひとつのヒントを。例えば、一味違う意外な季節感を使ってアイスブレイクを作るというのはどうでしょう?12月13日は「双子の日」なのですが、インパクト大な双子のビジュアルをカバーページに用いれば「なぜ?」という気持ちから、否が応でもあなたの発言に注目が集まるハズ。

ただし、それを本題とどう結びつけるかが本当の腕の見せ所ですけれど。

Medium 348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

02.
動画を使う

イメージを膨らませるために用いるビジュアルも、動画ならその効果は倍増します。例えば、上の動画は「水資源の問題」をストック動画「だけ」で語ったもの。水の大切さ、ゴミや汚染問題をイメージさせるのに、動画ならではの圧倒的な説得力を感じると思います。

ただし、動画に説得力があるからと言ってインターネット上に転がっている動画を勝手に使うのはいただけません。例え閉じられた空間で行われるプレゼンといえども著作権には留意するべきです。

そこで重宝するのがストックフォトサービス。いまや動画も充実しているストックフォトなら、オリジナル映像を作る何百分の1の予算で、プレゼンにぴったりの動画が見つかることでしょう。

Medium 1bb86a13359813bb17d4932e906292cbe022e00e

03.
統一したトンマナ&オリジナリティ
の作り方

Medium f7a07a4c39ce728ec481b05a8334dd27ba258e7a

プレゼン資料のトーン&マナーを統一しておくことも、説得力を高めるための重要なテクニックです。トーン&マナーを統一するには、資料に使うフォントを1種類だけにしておきましょう。数種類のフォントをバラバラと使うと、デザインにまとまりがなくなり、「イケてない」という損な印象を相手に与えてしまいます。

資料のオリジナリティを高めるには、資料作成アプリにデフォルトで入った図形ではなく、プロがデザインしたアイコンやイラストを使用すると効果的です。もちろん、それらも同系統でまとめるとトンマナを揃えることができますよ。

04.
「余白」をうまく使う

よく陥りがちなのが、プレゼン資料をリッチにすることばかりに執着して、過剰にデコラティブになった結果、本当に伝えたいコトが「埋没」してしまうという事態。

例えばアートを壁に飾る時、その絵のまわりには何も置かないのと同じように、本当に大切な部分=伝えたいコトのまわりには十分なスペースを設けることを心がけましょう。

 

05.
1ページで
言いたいことはひとつに絞る

Medium 16d946b0e36020c11fb7fbbd3fedc5202561c617

1枚のスライドで最も伝えたいことはひとつに絞るべきです。同じスライド内に3つも4つも大事なことが書いてあると、プレゼンを聞いている人は覚えられません。

「資料は、よりシンプルに。小学生にも伝わるように」

よく言われることですが、徹底するのは意外と難しいので、常に念頭に置いて心がけてみてください。

もうひとつ、そのページで「伝えたいこと」が、関連したビジュアルとうまく結びつくとより強烈に記憶に残すことができますよ。

プレゼン資料
グレードアップの近道は

プレゼン資料のお供にぜひとも登録しておきたいのが、ストックフォトサービスの『iStock』です。様々なシチュエーションの画像はもちろん、ハイクオリティなイメージ動画やイラスト、アイコンに使えるピクトグラム、グラフまで、幅広いビジュアルが充実しています。

会員登録すると週替わりで提供される写真や、月替りで提供されるイラスト、動画が無料でダウンロードできるので、来る資料作りに備えて、まずは気軽に登録してみては?

Medium a7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3

※無料素材コーナーは、ページの下の方にあるので、スクロールしてみてください。

前編に続き、ソフトバンク孫社長の元右腕として手腕を振るってきた、プレゼンテーションクリエーターで書家の前田鎌利さんに、「勝つプレゼン」の極意を伺います。前...
書家の活動と平行して十数年に渡り通信業界に勤め、プレゼンテーションスキルにおいては、あのソフトバンク孫社長の元右腕とも言わしめた前田鎌利さん。独立後、昨年...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
ほぼ同じ内容をプレゼンしているのに、「あのプレゼンは良かった」と褒められる人と、ちっとも話を聞いてもらえない人がいます。なぜかというと、プレゼンの成否は「...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアソフトバンク勤務時代に、孫正義代表の右腕としてプレゼン資料の作成に携わって...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
プレゼンの成功とは何でしょうか。その1つには、聴衆の記憶に残ることが挙げられます。たとえおもしろいプレゼンをしても、プレゼン内容が聴衆に覚えてもらえなかっ...
スピーチやプレゼンの計画を立てるとき、プレゼンターは聴衆が何か行動に移すことを期待します。しかし、人に行動を起こさせるのは、さほど簡単ではありません。近年...
「地獄とは、半分しか席が埋まっていない講堂だ」と、ピューリッツァー賞を4度受賞したアメリカの詩人、ロバート・フロストは言いました。殺風景な雰囲気のなかで、...
小さな会議室でも大きな講堂でも、あなたが人前に立つとき、聴衆はあなたのことをリーダーであり、責任者であると思っています。しかしその権威は、下手な行動によっ...
プレゼンテーション(以下プレゼン)の語源は、プレゼントだと言われています。つまり、相手ありき。聞く側の気持ちを考えて、話をすることがキモなのです。「 Th...
スピーチやプレゼンをしたときに、おもしろみがない、心に響かないという評価を受けてしまう…と、お悩みのあなた。では、どうしたら聞き手におもしろいと思われ、心...
人前で話すのは、どんな人でも多かれ少なかれ緊張するもの。でも、クライアントへの重要なプレゼンテーションなど、“やらねばならないとき”があることも事実です。...
人前で話すときは、言葉によって表現される言語的コミュニケーションだけではなく、外見や表情、ジェスチャーなどの「非言語的コミュニケーション」に気を配ることが...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
アメリカの特に名門大学には起業家や有名人などが祝賀スピーチを行うことでも注目されています。そんな著名人のスピーチに隠されたプレゼンテーションのポイントを、...
仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介...
僕はこれまで、4,000人以上の人たちのビジネスコーチング、メンタルトレーニング、キャリアデザインのカウンセリング、英会話や資格試験などの学習トレーニング...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
実際、同僚とはどこまで親しくするべきなのか?「TalentSmart」の記事のポイントは、まさにそこ。ビジネスにおいて、一度何かを共有したら、もう後戻りで...