毎日がまるで旅。日本にいながら世界中に友達ができる仕事って?

世界中いろいろなところを旅して周りたい。心の底ではそう願っているのに、日々の生活に追われて、もうずいぶん旅から遠ざかってしまっている……。そんな人に教えたいのが日本にいながら世界中を旅するように暮らせる方法です。それは家の空き部屋を使って『Airbnb(エアビーアンドビー)』のホストになること。世界中からゲストを迎えることで、自分の部屋が国際交流の場へと変わるのです。そこで得られる体験は、きっとかけがえのないものになるはず。
実際に「Airbnb」のホストとして活躍している3人の方に、旅するように暮らしている今の生活について話を伺ってきました。
Kazuhiroさん

自宅の2階部分をすべて「Airbnb」に提供。きっかけは職業柄「Airbnb」のシステムに興味があったから。元フランス料理のシェフという経歴を活かし、料理を媒介にしてゲストとコミュニケーションをとっている。猫と過ごせる部屋が評判。

Mariさん

これまで20か国以上を訪れた旅好き。着物や茶道などの日本文化に精通していて、心のこもったおもてなしを心がけている。友人の誘いをきっかけに「Airbnb」に登録し、都内で部屋を提供中。

Norikoさん
3人の娘を持つお母さん。外資系の企業で働いていた経歴と、過去12年間海外からの留学生の短期ホームステイを受け入れていた経験を活かして、今年の2月から「Airbnb」のホストを始めた。

01.
世界中に友だちができる

「Airbnb」は世界中に述べ1億4000万人の利用者がいます。世界中から訪ねてくるゲストをもてなすことで、国境を超えた友人関係を築くことができるんです。

Medium 4c298b84ec203b94b1f364c2fe5b12872164de23

Mari「はじめて迎えたゲストはドイツ人の教師の女性。私が作った夕食を一緒に食べながら、いろいろなことを話しました。歳が近かったこともあってとても盛り上がり、今でも誕生日にメッセージを送り合う関係なんです」

Kazuhiro「この間台湾に旅行に行ったとき、以前ゲストとして来てくれた人の家に泊めてもらいました。観光に連れて行ってくれたり、ご飯をごちそうしてくれたり、たくさんのおもてなしをしてくれてとても嬉しかったですね」

Medium 456cd37ba3336455918729b17d557d889004c3b1

Noriko「NYから来た67歳の女性は、今でも自分の近況を頻繁にメールで知らせてくれます。初めは戸惑っていましたが、ケータリングフードの会社を経営していたというバイタリティで、あっという間に日本にたくさんの友だちができたそうです。毎日帰ってくるたびに『Noriko聞いて!』とその日あったことを話してくれて。とっても仲良くなりました」

02.
活きた英語が身に付く

ゲストとコミュニケーションをとるなかで、自然と活きた英語が生まれる。実際に相手の目を見て、声を聞いて話すからこそ、本当の意味で”伝わる”語学力が育つのです。

Medium 92e09a7429091f9065c21c792afc9c7b20edf753

Kazuhiro「英語はそんなに得意じゃなかった僕も、ゲストといろいろな話をしているなかで、徐々に英語力が鍛えられてきた気がします」

Noriko「もともと英語は好きで、使う機会も多かったのですが、こんなにたくさんの国の人と会話ができるなんて、話好きの私にとってはこれ以上ない幸せです」

Medium 9acd20759bf3fff402c522302760c2beb2158096

Mari「お互い誤解が生まれないように、真意が伝わる正しい英語を話さなくちゃと、言葉の意味や使い方が間違っていないかどうか、きちんと調べるようになりました」

03.
体温のあるコミュニケーションができる

短い期間でも、ゲストとひとつ屋根の下で過ごすことで心の距離がぐっと縮まります。気持ちの通ったコミュニケーションをとるのは、同じ日本人同士でも難しいこと。それが初対面の外国人相手でできるなんて、なかなか味わえない体験です。

Medium 16a09c620628054963a246160289f52e1c90da4e

Noriko「私はいつもゲストに『あなたのことは自分の娘だと思って接するからね』と伝えるんです。だから、富士山に登りたいと言うタイ人の女の子のために行き方を調べたり、帰りのフライトに間に合うギリギリの時間までうちで過ごしていた韓国人の女の子と一緒に駅まで走ったり。本当に家族の一員のように思っています」

Mari「よく行くお店やスポットに一緒に出かけることがあります。私は海外に行くと、ガイドブックに載っているような情報ではなく、地元の人のリアルな声を聞きたいんです。だからゲストにも、住んでいる私だからこそ知っている情報をたくさん教えてあげたいんです」

Medium 550ac1e1d7803989f24976de8ea9f2079a2394b7

Kazuhiro「僕は必ずと言っていいほどゲストと一緒にお酒を飲みますね。お酒好きな人なら、朝まで飲みながら語らうことも。それからキッチンで料理を作ってあげたり、ときには作ってもらったりもします。もともと月に1度ホームパーティを行っているのですが、そこに泊まっているゲストを招いたこともあるんですよ」

04.
「DIY」でいろいろなことに挑戦できる

「Airbnb」はすべてが「Do It Yourself」。部屋の設備やおもてなしの方法まで自分次第で工夫できます。

Medium 9ba8cef0613b919ae194a3cc7d761731f8a47fb8

Noriko「娘たちが海外で『Airbnb』を利用したときの経験を活かしていろいろな工夫をしています。注意事項を英語で書いて置いておいたり、電気やエアコンのスイッチにわかりやすい表示をつけたり。そういうちょっとした気遣いはどんどん取り入れるようにしています」

Kazuhiro「一緒にコーヒーを飲んだり、料理を作り合ったり、キッチンがコミュニケーションの中心になっています。僕がよく作って保存している豚肉のパテを一緒に食べてワインを飲みながら過ごす時間はとても楽しいんです」

Medium 4ef1af4a8cf156d675d5cd81d968ab4daa530e17

Mari「部屋の使い方や周辺の情報などをpdfファイルにまとめてゲストに贈っています。スマホで見られるので便利だと好評です。それから、タイミングが合えば日本食をふるまうこともあります」

05.
日本のよさを知ってもらえる

訪れるゲストのなかには、日本の文化や食べ物などに興味を持っている人も多いんです。ホストである自分が日本人の代表として「和の心」を伝えれば、日本をもっと好きになってもらうきっかけになるかもしれません。

Medium ab7c9f0531fb2e6c2a201c09dfcb83df8f6859a1

Mari「茶道をやっているので、お茶を点ててあげることもあります。それから、日本の文化の感覚的な部分を伝えられるといいなと思って。例えば玄関で靴を脱ぐのは、ただ部屋の中が汚れないようにする為じゃなく、いけないことっていう感覚が強いんだよ、って教えるとすごく興味をもってくれるんです」

Kazuhiro「とくに日本らしさを意識しているわけではないのですが、布団で寝るというのは珍しい体験のようです。それからお酒好きな人には日本酒をすすめることもありますね。おいしいと言ってもらえると嬉しいです」

Medium 388723fe751a4c8f454b9a4747733e60b557ce1c

Noriko「近所の商店街は、日本の下町風情が残っているからとっても楽しんでくれるんです。だから地図に近くの食べ歩きにおすすめのお店やおすすめの銭湯の情報を載せて渡してあげます」

06.
「空き部屋」が世界を広げてくれる

「Airbnb」のホストになることで得られる経験は、かけがえのないものばかり。空き部屋が自分と世界をつなぐ媒介になってくれるのです。

Medium 89c4f6074d8901c8432ad2e198643116d12ccdd4

Noriko「自分や娘たちが経験したことを活かしておもてなししていくと、ありがとうと言ってもらえて、達成感を得られるし、なによりも嬉しい。そういう輪が世界中で広がっていくことは、まさにいいことの数珠つなぎですよね。世界はつながっているんだなと実感しています」

Medium 96511013287c55c3406b98986f55f7d0167f088e

Mari「これまでは海外に出向いて異文化交流をしていましたが、今は向こうから来てくれるので、日本に居ながらいろいろな価値観や文化に触れることができます。一緒にごはんを食べたり、隣の部屋で寝たり、より密なコミュニケーションができる素敵な経験です」

Medium 1d52a69d310f32a04896c40912fa622942d8d5ed

Kazuhiro「世界中に飲み友だちができたことが本当に嬉しいんです。リピーターとして何度か会いに来てくれるゲストもいるし、彼らが住んでいる国に出向けば、そこでまた再会できる。人と人とのつながりをより強く感じるようになりました」

旅するように暮らす日々が
あなたを待っている

お話をうかがったホストの方たちが、口を揃えて言っていたのは「空き部屋があるなら、とにかくホストを始めてみればいい」ということ。特別な資格や準備は必要ありません。誰かをもてなして楽しんでもらいたいという気持ちがあれば誰だってホストを始めることができます。

世界中を旅して周ることはできなくても、世界中を旅するように暮らすことはできるのです。その一歩はきっとここからはじまります。
旅するように暮らせるAirbnbのホスト生活、あなたも始めてみては?

Medium 14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
「色々な国を旅したいけどお金がない…」とお悩みの方。それならば、世界を舞台に活躍できる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?HIGHER PERSPECT...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
場所を選ばずに自由に働くことのできる、ノマドワーキングスタイル。日本でも数年前から話題となっていますが、実践している人はまだまだ少なそうです。ここで紹介す...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...
「一度はこんなところに行ってみたい!」思わずそう唸ってしまうような、美しい写真の数々。リトアニアで生まれたカロリナ・ヴァレイカイテさんは、ボーイフレンドの...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...
いつか仕事を辞めて、海外へひとり旅することを企んでいる人もいるのではないでしょうか?とは言っても、これは、人生を左右するかなり大きな決断。思い切れなくて憧...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
青木優 Yu Aoki現在、明治大学5年生の青木優さん。2011年大学4年生の時に大学を休学し、Facebook、TwitterなどのSNS(ソーシャルネ...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
「イメージしてください。船の上で、何にも邪魔されず自分のやりたいことを考えられるとしたら?叶えたいビジネスプランをより現実的なものにできるとしたら?世界中...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
001.苦悩でさえも、行動のエネルギーに変える近藤さんが旅に熱中するようになったきっかけについて聞かせてください。ぼくには吃音というコンプレックスが昔から...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...