1泊1人5,000円代でプール付きの豪邸! あなたなら、どこに泊まる?

ここ数年で一気に広まった感のある「民泊」という言葉。旅先での宿泊は、ホテルや民宿以外の選択肢も増えてきました。旅慣れた人の間では、当たり前のように利用されているようです。

が、一方でまだまだ「ホストファミリーとのコミュニケーションが心配…」「豪華な部屋は割高なんじゃ…」と、ハードルの高さを感じている人もいるでしょう。

そんな人たちにもオススメしたいのが、この2016年に日本で本格的に展開を開始した『ホームアウェイ』です。まずはその特徴を!

 

50a86faabdaa4f01bbc2314ec773a60c2322424e

一軒まるごとレンタルだから
コスパがいい&ホストへの気兼ねもなし!

8a5388767ff76f9e7ba27420a8b04683442efffc

『ホームアウェイ』は、ホストが住んでいる家の個室を借りるのではなく、ほとんどの物件が一軒丸ごと借りられるようになっています。

そのため、複数人数で借りると、1人あたりの価格がとってもオトク。たとえば、ベッドルームが複数ある物件などでは、家族連れはもちろん、仲間同士で宿泊することも可能です。

また、オーナーやホストファミリーに気兼ねすることがありません。キッチンやバス、トイレなども共用ということがないため、滞在中の使い勝手も抜群。

だからこそ、家族連れや、3人以上の友人、仲間同士での旅に、特にオススメなんです。

となれば、どんな物件が借りられるのか気になるところ。ここでは日本人に人気の旅行先に絞ってちょっとだけ紹介。

すぐに利用することも可能ですよ!

■バリ島
カップルでのリゾート利用に最適。
この豪華さで、この価格はちょっとありえません!

1泊1名 5,543円

3a122bbbfcfbe29117e0d0a1e9d4bf7f9bd3c7e9F6b91e0af3c0a90efa56c645d597c210a73187eb2695021c2997d70a0ceee6ee51da608c4181d89d

210平米という広さを誇るヴィラ。ベッドはキングサイズで天蓋付き、心地よさそうなキッチン・ダイニング・リビングに、もちろんプライベートプール付き。

ホームアウェイに登録されている物件には、最大宿泊人数が定められていますが、こちらは2名専用。完全にカップル向きです。

滞在中のミネラルウォーター、コーヒー&紅茶、さらにはフレッシュなフルーツまでが無料になっているのもうれしいポイント♪

バリのリゾートを満喫するのにぴったりなコチラですが、注目はお値段! この設備でナント1泊1名5,000円代とは破格です。

カップルの皆さん、この冬の旅行先にどうでしょう?

 

7f6afe7de5f9b44ac042f14f0b8ecdb206cc7f18

■ホノルル
ハワイへ家族旅行!
リゾートホテルもいいけど、よりローカルに楽しんでみては?

1泊1名 4,737円〜

42bba8e5fabcd10389e679048bb6d639e777bc7c8de54bb648adfdec685e2db1027ca8606adc9adc68a2c8dbdba2d59f645cf4c4b25776181d138e7f

まず景色!

3面ガラス張りのリビングルームからは、ワイキキビーチとダイヤモンドヘッドを眺めることができます。

なんせコチラの物件は、アラモアナショッピングセンターの向かいにあるアパートの35階。滞在中はビーチで遊ぶにもショッピングもレストランでの食事も、完全にロコ気分で楽しめることうけあいです!

ベッドルームは2つあり、6名まで宿泊可能なので、家族旅行にぴったり。とくに「ハワイも何度目か」なんて家族にはホテル滞在とはまた違った旅を楽しむ意味で、ぜひオススメしたい物件です。

2f592d8c37e4f5f89fb581853ca7f3b74b8edaf0

■シンガポール
カップル旅行からビジネス利用まで。
話題のマリーナ・ベイ近くで、セレブ気分を!?

1泊1人 8,664円〜

5ec2d6ccc0f0291ebab29d24b5070e252948b2d23d2ef0361ce6e6f770e22f19232d89859bae45d12f625031dfa1f43231fd91527a5ebdad74bd538f

シンガポールの中でも話題のエリア、マリーナ・ベイ近くのこのマンションは、セレブな気分を味わうのにピッタリ。

1ベッドルームの物件は、2名だけが宿泊できる比較的コンパクト(といっても、2人で過ごすには十分に広い!)ですが、このアパートのゴージャスなところは部屋以外にも!

アパート内には、ジム、4つのプール、テニスコート、展望デッキがあり、コンシェルジュとドアマンが常駐しています。もはや海外ドラマの世界…高級ホテルとは違った意味でのラグジュアリーが堪能できます。

それでいてお値段はこなれているので、観光はもちろん、ビジネスで彼の地を訪れる人もオススメしたい1軒です。

707916b47fa67ae0dde303368d037ca14a06aa27

■東京
パーティースペースとして使うのもアリ!
気の置けない仲間とワイワイガヤガヤするのにどう?

1泊1名 1,511円〜

1e0ea82f5b4dc848ae84f96f24c3e29a47591986377fb85da521061f2427bfc2e1fed3b49021c92e64cd3b2a4ad9c0cf538ee68b56aa2a6df8bfba32

「どうして東京?」と思った人もいるかもしれません。

じつは『ホームアウェイ』には、日本国内の物件も多く登録されています。そのなかでも「まず使ってみようかな〜」という人にオススメしたいのが、パーティースペースとしての利用です。

例えばこの物件は、麻布の高級デザイナーズマンション。2ベッドルームで最大9名まで滞在可能です。宿泊するのも、もちろんいいんですが、映画の上映会やピザパーティーなど、思い思いのホームパーティーを楽しむっていうのはどうでしょう?

1軒まるごと借りて、1万4,450円。ということは9名で借りれば、1人たったの1,511円! ちょっと極端ですが、居酒屋で飲み会する感覚で、スタイリッシュな部屋を借りることができるわけです。

パーティーでの利用も、一棟まるごとレンタルの『ホームアウェイ』の楽しみ方なんです。

48f0f8346ef885d9c471473f7ffcba93028de86d
理想の働き方ってどんなものでしょう。好きなことをやり続ける?刺激を受け続ける?好きな場所で自由に働ける?そんな理想論が、妄想にならない世の中がついにやって...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
旅行したいなって思うけど、面倒なことが多いしお金もかかる。そんなあなたは、長期休暇がもらえたとしても、家でゴロゴロしてしまいがち?もっとストレスなく旅行を...
どこか画一的なイメージを持っていた老人ホーム。でも、海外に目を向けると、こうした発想があることに驚かずにはいられません。舞台は、オハイオ州の老人ホーム「T...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
オーストラリア、メルボルンの大学生Matt Kuleszaさん28歳。彼にはFacebookで知り合った、1,000人を超える友達がいます。2014年9月...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
「1円たりとも無駄にしない」という言葉がありますが、1円玉は、お金の「最小単位」だからこそ、どのように扱うかによって、その人の価値観や哲学、人生観がありの...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
まずは、この一枚の写真を見てください。一見すると、ドッジボールやバレーボールに使えそうな青い球体。でも、決して「球技用」に作られたものではありません。実は...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
サラダって、いざ作ろうと思うと意外に面倒ですよね。色どりのことも考えたら、何種類もの野菜を洗っては切り、洗っては切り…。そんな悩みを一発で解決し、たったの...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...