体感できない技術?誰もが運転上手になれるクルマがドライブを面白くする

囲碁や将棋で人間が負かされたり、人間と見分けがつかない記事を書いたり最近、何かと話題のAI・人工知能。近い将来人間の出る幕がなくなるのではないかというほど、あらゆる分野において、AIの進化が期待されていますよね。もちろん、クルマ業界も例外ではありません。様々なメーカーがAIを利用した自動運転の実用化に向けて研究開発に取り組んでいます。

そんな流れの中、まったく異なった「もうひとつのクルマの未来像」を選択肢として提案しているメーカーが日本に存在するのです。

〝Be a driver.” 

それが、人とひとつになれるクルマづくりをコンセプトにするMAZDAです。

そもそも、何故
自動運転は必要なのか?

Medium b22dc04daeab46887cad796d7143f8e859305fde

ドライバーにとって自動運転が必要なのは、簡潔に言えば「疲れる」からでしょう。前提として、人は「疲れる」「ミスする」「身体能力が落ちる」という生き物です。それは誰にも避けられない。「運転をクルマに任せ、人による運転を放棄したい」と考えるのも、自然な流れなのかもしれません。

確かに自動運転も素晴らしい技術です。判断ミスによる事故を軽減できるかもしれないし、居眠り運転だってしなくて済む。しかし、もう一つの未来像も描けるとMAZDAの技術者は示唆しています。

「運転で疲れるのなら、疲れさせないように工夫すればいい」

ドライバーに「疲れさせない」「ミスをさせない」「身体能力の低下をカバーする」といったテクノロジーがあって然るべきなのだと。「運転の楽しさを人から奪いたくない」、あくまでドライバーを中心においた視点で、運転を根本から見直したテクノロジー開発への挑戦です。

Medium 61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

すべてのドライバーが気持ちよく
"理想的な運転"をするには?

Medium bce40ed96599d304a191ad4f1219417dc6cd2757

そもそも、クルマの運転とは、エンジン・ステアリング・ブレーキのそれぞれ独立した装置を人間がバランスよく制御してクルマを動かすこと。つまり、これらがバラバラでは、滑らかで気持ちのよい運転はできません。そして、この効率的なクルマの運転において、「荷重移動」は大切なポイントとなります。

例えば、クルマの動きをスノーボードの動きに置き換えてみましょう。ボードがスムーズにターンするには、前後左右に荷重が移動されている必要があります。正しく荷重が移動されていればスピードが出ても転ばず、ボードは思い通りに曲がってくれる。「思い通りにコントロールできる!」と思えた瞬間、なんとも言えない快感を覚えてワクワクしてくるーー。

クルマの運転において、この最適な「荷重移動」をクルマ(エンジン)がサポートするのが「G-ベクタリング コントロール(GVC)」という技術なのです。

Medium 8aca1138aab42b97ee02e82801171bffeac51951Medium 348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

ドライバーの立場からすれば、前後左右の荷重コントロールが自然であればあるほど、運転時の緊張やストレスから解放される。思い通りに動いてくれるから、ドライバーを疲れさせない。

そんな大切な「荷重移動」の方法を、教習所では習いませんし、どうすれば良いのか分からないもの。そもそも、その大切さも知りようがないかもしれません。ドライバーに密かに任されていた荷重移動のバランスが、運転の上手or下手を左右し、運転を難しい・怖いと感じさせる理由にもなってきました。

GVCでは、ドライバーのステアリング操作をもとに、エンジンが微小に出力を調整することで、この荷重移動をクルマが適切にアシストします。その結果、運転のスキルに関わらず、誰もが気持ちよく理想的な走りを実現できるのです。

雪道だってコワくなくなるかも?
GVCは、こんなシーンで活躍する

Medium 6ae8b20f807de21659d2e94431a8a63a414a5447

いまひとつピンとこないという人のために、GVCが実際どのようなシーンで活躍するのかを見ていきましょう。

■急カーブでの揺れを荷重コントロールで抑え、安定した走りを生み出します。

■直線路でも、実はドライバーは頻繁にハンドルの修正舵を行っています。GVCはこの修正舵を少なくし、ドライバーの負担を軽減、疲れにくくなります。

■雪道やアイスバーンなど滑りやすい路面でも、前後輪の最適な荷重バランスにより、車体が安定。厳しい路面状況でも、安心感が高まります。

■頭や体の揺れをセーブするので、同乗者のクルマ酔いも軽減します。

つまり、運転中のあらゆるシーンで、より快適なドライブをサポートしているのです。

 

Medium d0efcd057923e3fb37eb8406ce60fe0d36d92354

ドライバーが
「体感できない技術」

Medium 3cfc3aab04ca8f90e671098bd07dc84a8b8bee0aMedium 72b768da87d6a0f0911d4c59012736015df5969b

GVCのエラいところは、自然な運転フィーリング。あまりにも自然すぎて違和感がないので、ドライバー自身でさえ「これがGVCか!」と体感できるものではなく、「自分の運転が上手くなった」と感じるのだそう。

「それでいいんです」とMAZDAの開発者たちは言います。何故なら、それこそが「人間中心の開発思想に基づく」というMAZDAのクルマづくりだから。機械ではなく、あくまで、人の感覚を優先しているのですね。

「運転が上手くなった!」という喜びは、自信や安心感、ドライブすることへのワクワク感につながります。その結果、自然ともっと遠くへ行きたくなるーー例えば、北は北海道、南は九州まで、これまで「マイカーで行く」という選択肢すら生まれなかった場所へドライブするという、まったく新しい体験をもたらしてくれるかもしれませんね。

もっと詳しくメカニズムを知りたい人は、以下をチェック。MAZDAの開発者がクルマの運転を「和食の出汁」に例えたユニークな切り口でわかりやすくGVCを解説しています。

Medium 67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さ...
上の写真。きっと、ほとんどの人はこう思うはずです。「なぜ、砂浜にこんなものが!?」分かりますよ、その違和感。でも、答えはいたってシンプル。なんとここ、車で...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...