使い終わってからもワクワクできる。SABONの「もう一つの楽しみ方」

イスラエル発のボディケアアイテムブランド『SABON』。そのアイテムの多くは、ガラス瓶に入っています。ガラス瓶が使われているワケは、①「見た目が美しいから」、②「リサイクル可能だから」、③「プラスチックの容器に比べ保存がきくから」。そこには「使う」だけではない、意味とこだわりが詰まっています。

そんな作り手の愛情から生まれた「芸術品」のようなガラス瓶。アイテムを使い終わったら捨ててしまわずに、フラワーベースや小物入れとして生まれ変わらせてみませんか?

それは、香りや使い心地を楽しむだけじゃない、SABONならではの「もう一つの楽しみ方」。使い道はあなたのアイデア次第で無限大に広がりますよ!

 

SABONスタッフもみんな作ってる、「フラワーベース」

7f9e214940e7d5b468e0b397cf912db508c13b49

いちばんシンプルに空き瓶を活かせるのは、フラワーベース。SABONのスタッフも、みんな作って持っているそうです。

たとえばボディスクラブの空き瓶であれば、土を入れて、ちょっとしたグリーンを植えるのがオススメ。ラベルの手描き文字が主張し過ぎずいいアクセントになるし、いくつあっても統一感が出るので、家の中でグリーンが欲しいポイントに。多肉植物にもよく合いそうですね。

F5a4b2254dfd9b57e25c2e36a7892009a43be7fc

アロマやミネラルパウダーなど背の高い空き瓶であれば、フラワーベースにぴったり。こんな風にドライフラワーを挿してもいい感じに。

実際にトライしてみる?オススメなのは「アボカド」

4d5ad9c9e03cdf3539a73679a1506dab404b65bf

DIYを楽しむなら、スクラブの空き瓶で「アボカドの水栽培」なんていかがでしょう。

まず、アボカドを食べるときに種を傷つけないように取り出します。育てるならアボカドは冷蔵庫には入れないほうがいいでしょう。それから、爪楊枝を4本用意します。

次に、スクラブ瓶に水を半分ぐらい入れて、アボカドの種の下半分程度が浸かる位置で固定できるように爪楊枝を十字に刺していきます。アボカドの種には上下があり、とがっているほうが上、平らになって丸い輪がついているほうが下なので最初にご確認を。

アボカドの種をセットしたスクラブ瓶を室温20度以上の環境に置いておくと、約1ヶ月程度で発芽しますよ。半年もするとカワイイ緑の葉っぱをつけるので、成長の過程も楽しめます。

植物以外でもペン立てにすればワークスペースにもハマる

2d7f750ea83a14bf5d5f5ad3d590a614bed93dc7

背の高い瓶にコーヒー豆を入れて底上げすれば、ワークスペースにもぴったりのペン立てに早変わり。底の浅いアイテムの空き瓶は、そのままクリップなどを入れる小物入れとしても重宝します。

6479733c1250995f912ed8edaa4f56643d1b1196

ボディスクラブの瓶はキャンドルホルダーにもぴったりの形。上述したペン立てと同じようにコーヒー豆でキャンドルを固定すると、なかなかいい味が出ます。

Bbe0d2b323ef0f8fbc9a0809adcdab49fb6d87be

こんな風にLEDライトを詰めれば、オリジナリティ溢れるデスクイルミネーションにもなります。

バスソルトの瓶ならキッチングッズにも

2456e6054143b5c171a8c46da2e71dc2958d62900ddb2a121544c288993709c01c16f5c05ec4a870

バスソルトやミネラルパウダーのパッケージに使われているのは、じつは人気の保存容器ブランド、「WECK」のキャニスターだって、ご存知でしたか?

アイテムを使い終わったあとしっかり洗えば、ショートパスタや雑穀、唐辛子、シリアル、コーヒー豆など、乾物を保存するのにそれこそピッタリなんです。

4e4d5ac2f73642270befe8969c9c360d6db5737b721387a548113de5c6027c7b678dbcb60caccb06

ワークショップで空き瓶を使った「DIY」が体験できる

93f63ef5d0527a5cd153c221ea442975da51b17c

今回は空き瓶の再利用のアイデアをご紹介しましたが、SABONが各地で開催しているワークショップでは、空き瓶だけでなく、紙のパッケージを使った「しおり」や「ロゼッタ作り」も楽しめるそうです。

こんな風に、アイテムそのものだけではなくて、容器、さらにはそれらを使って楽しむ「体験」を通じてハッピーな気分にさせてくれるのがSABONというブランド。ここで紹介した写真にインスパイアされて、「自分だったらこう使う」というアイデアが広がってきた人は、ぜひトライしてみてくださいね!

205ccc4547f44bd9f5781a6cc2303cfdfbd01272
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
DIYが人気の昨今では、天井高など部屋の寸法を測る機会も増えたことでしょう。他にも、引越し時や模様替えで窓やドアの測定をすることもありますよね。そうしたシ...
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...
ロールプレイングゲームを何百時間もプレイして、クリアしたときの達成感。それと同時に訪れる虚無感…。出来合いのものを消費するばかりだと、楽しんでいるはずなの...
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、...
ふと何かに悩んだとき、迷ったとき──。自分自身で考えて決断できるとベストですが、なかなか答えが出せず、選択を天に任せたいことがあるかもしれません。そこで、...
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
「最近、つまらないことばかり」なんて、ため息をついているような人に、是非読んでもらいたい内容です。「Power of Positivity」より、前向きに...
このビジュアル、いたずらではありません。使い終わったら、種の入ったカプセル部分を植えるとーー。野菜や花、ハーブが生えてくる“エコな鉛筆”「スプラウト・ペン...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、「オードブルの魅...
これは、作家・吉川 潮と島 敏光による、もてあます暇をもてあそぶ極意。著作『爺の暇つぶし』から一部抜粋したものです。吉川 私は現在67歳の立派なじじいです...