アメリカ陸軍のエンジニアによって、ニュージャージー州のビーチが再建!?

地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。

ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿いの住人たちを災害から守るための防壁としての役割は大きい。あるいは、建築界においてはセメントに混ぜる原料としても重宝がられている。ちなみに、砂漠の砂は細かすぎで建築には向かないんだとか。

このように、夏に海水浴に来る観光客のためだけではなく、私たちの日常生活においても不可欠な存在だと捉えることができる。しかも、砂は再生可能な資源ではないので、とても貴重だとも言えるのである。

次の動画の舞台は、ニュージャージー州の南の先端、ケープ・メイ。アメリカ陸軍のエンジニアたちが、失われたビーチを再建した様子が伝えられている。

砂が引き起こす
「負の連鎖」

もちろん、このケープ・メイだけではない。アメリカのマイアミビーチ、オーストラリアのゴールドコースト、ドバイのビーチなど…世界中でエンジニアたちは、ポンプを使って砂を沖合からビーチへ戻しているのだという。

動画内でショッキングだったのは、砂が引き起こす「負の連鎖」だ。砂の調査に数年をかけたジャーナリストVince Beiserによれば、発展途上国での砂の違法採掘、島消滅、生態系の破壊、砂マフィアによる闇市場での殺人…が挙げられている。事実、これまでに数百万人もの人々が、犠牲になっているようだ。

次の100年、人類にとって最善の解決策が求められている。

Licensed material used with permission by Tom Scott
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
この季節、ビーチに欠かせないのが、日よけタープ。まだまだ日差しが強いから、タープ1つあるかないかでビーチでの快適さは大きく左右される。でも、これまでのター...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
料理には欠かせない計量カップ。実はほぼ確実に誤差が出るのを知っていますか?今までみんな見て見ぬフリをしてきたんですが、そこにものを申したのがJoshua ...
元エンジニアが、たった一人で切り盛りする東京・神保町の食堂が話題を呼んでいる。ここが、行列の絶えない人気店かといえば、さにあらず。ところが、昼時のピークに...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。再建に向けて、こ...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの...