嘘のような本当の話。海底に沈んだ「タイタニック号」を、この目で見るチャンスが来た!

何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」

そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』のハイライト、ふたりの愛にどれほどの人が涙したことでしょう。

あの伝説の船を実際に拝める、オールドファン垂涎の海底ツアーに、早くも予約殺到!というニュースが飛び込んできました。

潜水艇で巡る
伝説のタイタニック号

3502668b54d9323f57c72a6a06a886f642340a7a

ツアーを企画したのはロンドンのBlue Marble Private社。夢のような海底航海の旅は、全8日間の日程。内容は、潜水艇に乗って、海底に沈んだタイタニック号を見学するというもの。20世紀初頭に建造された豪華客船の迫力を肌で感じることができるだけでなく、歴史的アイコンを肉眼で見るチャンスです。

5eea5eb6265ac511a547d2eed9d1a3d2633f4e52

どうやら船内にまでは入れないようですが、航行中は赤外線のセンサーを使って、船内の様子を確認することができるようです。

ツアー開始は2018年5月を予定。直近1年間はすでに予約完売というから、反響の大きさは想像以上といったところでしょう。今後の追加ツアー情報は、こまめにチェックしておいたほうが良さそう。もしも空席が見つかったら、その場ですぐに入手すべきプレミアチケット。

ただし、食事代から宿泊代まですべて込みのツアー料金は、驚愕の10万5,000ドル。すなわち、約1,160万円!さすがに「そんな大金払えない」という声が大半でしょうけど。

でも、今見ておくべき理由もちゃんとあるんです。

タイムリミットは、あと20年

Ec253659bc6c55e93693ab97e36b4a947005e2d6

100年以上も海底に沈んでいたタイタニック号の船体を海底で維持できるのも、あと20年ほどだという専門家も。こうしている今も、バクテリアによって少しずつ侵食が進んでいるそうです。

よほどのファンで、リピーターになれたとしても、決して同じ状態を見ることはできない。物言わぬ巨大船が、儚いからこその美しさを感じさせてくれるに違いありません。それにしても、高いツアーだな〜。

All photo byOceanGate
Licensed material used with permission by Blue Marble Private
ディレクターArthur Jonesがドキュメンタリーでスポットライトを当てるのは、タイタニック号から生還した6人の中国人。アメリカの歴史から消された彼ら...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
これは、米・フロリダ州キーウエストに建設される海底ホテルです。すでに認可を受け、300万ドル(約3億6,500万)の資金を調達中、集まり次第着工し4ヶ月ほ...
アメリカの「Elite Daily」は、恋愛に関することがリスト形式の記事が有名ですが、時々そのフォーマットからまったく逸脱したユニークな記事も。例えば、...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
たとえ女性同士であっても、一緒に旅をすれば普段とは違う相手の一面に気づくもの。その相手が結婚を意識した彼であれば、旅の持つ意味はより重要なものになります。...
コンサルティング会社「Globelink 」 が、各国でタブーとされている「NG行動」を、インフォグラフィックで紹介しています。01.レストランでカプチー...
D&DEPARTMENT発行『d design travel』の編集部が厳選したスポットをチャータータクシーで巡る新たな旅のかたち、「シェアトラベル」。第...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
失恋経験はありますか?忘れられない思い出の品は?ここは、“過去”の新しい家。「Brokenships Collection」は、かつて壮大に燃え上がったで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...