「便利すぎ」に疲れたあなたへ、不便のススメ

『ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便を取り入れてみてはどうですか?~不便益という発想』

一見こちら文章のように見えますが、じつは書籍のタイトルです。著者の京都大学デザイン学ユニット特定教授の川上浩司教授は、不便から得られる益「不便益」を研究していて、あえて読者のみなさんに引っかかるような書名にしたそう。

世の中のテクノロジーが進歩し、確かに利便性はアップしました。しかし、本当にそれでいいのでしょうか? このタイトルのように不便から得られることもあるのではないでしょうか? この記事が「便利」という概念を考え直すキッカケになればと思います。

手間を省くことだけが
「便利」なのか?

Bc3d9516499831bc0821fea7d870b06ff4d69061

テレビや雑誌では「便利」だと喧伝されているものが立ち並び、それを受けている人たちも皆、便利なものが好きなように思えます。

では「便利」とは一体どういうことを指すのでしょうか? ここではひとまず、手間がかからず頭を使わなくてもいいもの(労力が少ない)ということにしておきましょう。

たとえば身近なところで「甘栗むいちゃいました」というお菓子があります。商品名にもあるように「便利」を形にしたものですね。食べる前に割って剥かなければならなかった硬い天津甘栗の皮が、あらかじめ剥いてあるという画期的な商品です。

ところが、同じメーカーから「ねるねるねるね」というお菓子も出ています。こちらは、食べる直前にお菓子を練り上げる作業が必要です。あえて消費者に手間をかけさせるとは、許されざる所業ですね(笑)。「甘栗むいちゃいました」を見習って「ねるねるねるねっときました」という商品を開発するべき…というのは、もちろん冗談です。

ただ「単線的に手間を省くことを便利と呼び、それを求めるだけではいけない」と「ねるねるねるね」を見ていると思うのです。

『ウォーリーをさがせ!』は
不便な絵本

2e3d47bec8cb533236d13e54d5c88c7e98bd7e89

『ウォーリーをさがせ!』という絵本を見たことがある人は多いと思います。細々と描かれた人ごみの中からウォーリーくんを探し出すという内容で、いくつものシリーズが発売されました。

「手間がかからず、頭を使わなくても良い=便利」とは逆の発想で「手間がかからず、頭を使うもの=不便」だとすると、『ウォーリーをさがせ!』は、あえて不便を楽しむ絵本だと言えるでしょう。

また『WALL・E』というディズニー映画があります。近未来を描いたアニメで、一般市民はすべてをロボット任せ。生きていくために何もする必要がないという、まさに究極の便利ライフが描かれています。

しかし、人類の風貌は動かす必要のない部分が退化していて、最終的にはその未来ではすでに無駄で必要のないものとされていた仕事や、何かを成し遂げることに価値を見出すというものでした。

この結末は、何かを成し得ること自体に価値がある現代のありがたさを再確認させてくれます。大げさに言えば「不便であることで得られる益=不便益」は『WALL・E』で描かれた究極便利ライフへのアンチテーゼにもなっています。

奇しくも『ウォーリーをさがせ!』も、究極の便利ライフの逆をいくものでした。たとえ生きていくために必要のないことでも、人は手間をかけ、頭を使うことを楽しむのです。

どうでしょう? 少しずつ「便利」の概念が変わってきたのではないでしょうか?

「便利」と「楽」は
ちがう

87d8bfc43d55d00eb32c52549b32f629e2a349dc

上の項で『ウォーリーをさがせ!』は、あえて不便を楽しむものだと書きました。しかし、このような書き方をすると、すべての事象に対して「楽じゃなければ不便だ」ということになってしまいますね。

世の中には、楽ではないけれど不便でもないことがあります。クルマやバイクの運転で使うMT(ミッション)が良い例です。操作力が必要になるかもしれませんが、シーンによって自分で制御した運転ができるので不便ということでもありません。そうなると「楽=便利」は間違っていることになりますね。

ここで私は、浅薄な便利を追求するだけでは必ずしも益は得られないことを主張したいと思います。要するに「手間を省くことだけを求めるだけではいけない」ということ。「楽だけど楽しくない」から、MTやウォーリーのように「楽じゃないけど楽しい」へ。

浅薄な便利の逆をいくことで益を得る方策を考え、生活することをオススメしたいと思います。

京都大学デザイン学ユニットで「不便益」を研究しているという川上浩司教授。その著書のタイトルは『ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じている...
ドアを開けると、にぎやかな笑い声が飛び交っていた。僕は入る建物を間違えたのか…。呆然としていると、「Hi」と握手を求められた。「あなた、見ない顔ね?私にで...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
小銭入れを開けたはいいが、なかなかお目当てのコインが見つからないーーなんて経験は誰にでもあるはず。これは、そんなちょっとした不便さを解消してくれるアイテム...
これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。いや、気づかされるというより...
地域PRの手法は数あれど、ときに「この発想はなかった!」と唸ってしまうものに出会うことがあります。今回紹介する動画も、間違いなくそのうちの一つ。これは、宮...
一見、なんの変哲もないように見えるこのテーブル。じつは、4本の足のうち1本だけ、あえて高さを変えてあるのです。当然、そのままだと傾いてしまいます。「えっ、...
オトコの趣味なんて人それぞれなわけだから、一概にこれが正解!なんて言いません、もちろん。でも、「Elite Daily」女性ライターBrianna Cha...
ネブラスカ州在住のグラフィックデザイナーMartinさんの題材は、どれも5歳になる娘のHarper Graceちゃんとの会話から生まれたもの。奇想天外な少...
自分の「疲れのサイン」に気づいていますか?疲れは知らない間にたまってしまうもの。自分ではまだ大丈夫、と思っていても、予想以上にたまっていることだってあるん...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
パッキングが苦手な人のための便利グッズを紹介しましょう。この商品が効果を発揮するのは、目的地のホテルに到着した、その瞬間です!スーツケースからそのままハン...
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
もしも、猫が大企業のCEOだったとしたら…。イギリス人漫画家Tom Fonder氏によるシュールなギャグ漫画のご紹介。これが、イギリスでは結構ウケているそ...
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。後悔しないためにも、遠距離...
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
隠れマザコン系とは、親から独立してひとり暮らしをはじめたり、彼女ができたりして一見自立しているように見えても、母親依存の関係を解消できないタイプのこと。こ...