フェラーリを手がけたデザイン会社による「ペン」の秘密

イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられます。

一本持てばきっと周りに自慢したくなる、素敵なライティングツールを紹介。

鉛筆のような書き心地の
インクレスペン

1973ce97e033d7cb174c109a9395d35ee411a3ca

Forever Pininfarina Cambiano」は、芯となる部分に「イサーグラフ(Ethergraf)」という合金製のチップが使われています。

このチップが紙との摩擦で酸化し、筆跡が残るという仕組みになっています。使い心地は鉛筆に似ているようで、筆圧によって濃くなったり薄くなったり、書く紙によっても微妙にタッチが変わるのだそう。

ペン先にわずかな消耗はあるものの、100年書き続けることができる、と言われています。

8fbc0d5334f474475f2c995b477610810b225317

このアイテム、実はレオナルド・ダ・ヴィンチにインスパイアされて生まれたんだとか。

彼は当時、シルバーのスタイラスペン(インクを使わず、紙に押し当てて書く筆記用具)を、アイデアを書き起こすのに使っていたそうです。

フェラーリを手がけた
Pininfarinaがデザイン

1a2598ea314aa8c63d4497366ab6045bbb93f30e

Forever Pininfarina Cambiano」は、デザインにもこだわりが。

フェラーリ、アルファ・ロメオ、ロールスロイス、マセラッティなど、名だたる自動車のデザインで知られる「ピニンファリーナ(Pininfarina)」によるものです。

37479438a1b867f7ee6e4257d8b6578cc6682a96

洗練されたデザインと素晴らしい機能性を持つこのライティングツール。価格は一本89ユーロ(約1万1千円)です。

「これ一生使えるんだよね」と話のネタにもなる逸品、贈り物や自分へのプレゼントにいかがでしょうか。

Licensed material used with permission by Forever Pininfarina Cambiano
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
僕は、絵を描くのが苦手。小学生の頃から美術の時間がイヤだったし、評価もそれはそれは悲しいもの。まあ、それほど気にしていたわけじゃないんだけど、「もう少し上...
このアイテム、カードホルダー以外の要素が強烈です。EDC(Every Day Carry)したいカード類やペンはもちろん、ドキュメント保存用のSDカードま...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使えるーー。そう言っても過言ではない未来的なアイテムがコレ。使い方はカンタン。ペン尻を対象物に近づけて、ボタンを...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
会議中や授業中にストレスを感じたり、ちょっと退屈していたり。そんなときにこのペンを使うと、集中して作業を続けることができると開発者はいう。ところが、正直言...
もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
年に何度か視察を兼ねてアメリカへ。向こうに滞在中は、1日に何店舗もまわって、とにかく食べる、食べる(笑)。そんな僕の旅の必需品が、整腸剤とこの洗剤です。正...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なん...