3,000年前のエジプトの義足が、想像以上のクオリティ

漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、疑問に思う人もいるでしょう。でも、古代のワザをあなどるなかれ。

スイス・バーゼル大学の発表によると、紀元前のエジプトの義足を研究するうち、当時の医療技術と美学には目を見張るものがあったことがわかってきたそうなのです。

プロの業で
フィット感を追求

5e18185a9c6da13a62b6b1f71d2c72580c2fc4be
Photo by the University of Basel, Switzerland

まるで美術品か何かのようにも見えますが、これは大昔に実際に使われていた木製の義足

つぎはぎ部分は、持ち主の体の変化に合わせて微調整が数回行われたしるし。固定のためのベルトストラップもがっちりとした作りで、かなり丈夫だとか。機械もコンピュータもない時代に手作業でこれを作っていたのかと思うと、感嘆せざるを得ません。

7fd93e4981a0d409af4fb81d13d24ce26edda621
Photo by the University of Basel, Switzerland

当時この義足は高級品。持ち主は司祭の娘の可能性が高いそうで、その身分の高さから、各分野のスペシャリストを集めて製作したものだろうと言われています。もとの足に自然に馴染む美しさと、つけごこちの良さにも細心の注意を払って作られているとのこと。

写実的で精巧なそのつくりから、当時の高度に発達した技術人体に詳しいアーティストの存在を読み取ることもできるんだとか。

天文学や数学の発展もめざましかったという古代エジプト。現代にも脈々と受け継がれているテクノロジーの源流をしみじみと感じてしまいます。

Licensed material used with permission by the University of Basel, Switzerland
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。義足であることを隠すように、肌に近い自然な色...
ごはんとパスタと豆、これらの炭水化物を一皿で食べる。世の“低糖質”の潮流に逆らうかのようなこの組み合わせは、エジプトに実在する国民食の「コシャリ」。なんで...
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
誰からも愛される幸せそうな姿。でも、実は生後2ヶ月の時に捨てられた悲しい過去を持っているんです。当時は、シェルターで安楽死させる予定でしたが、動物たちを保...
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...
ミルクをコーンスターチで固めた、エジプトを代表するデザート「マハラビア(メハラビア)」。現地で食べる味は濃厚でクリーミー、かつ大脳皮質を揺さぶるような強烈...
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
雇用者が毎月手にしている給料明細。マス目に従って数字が羅列しているだけの、あの四角四面の紙、その最古と呼べるものの画像が大英博物館から発表されました。落書...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
2015年10月25日、エジプト考古庁が新しいプロジェクト「ScanPyramids」を始動すると発表した。世界各国の最新技術を活用して、ピラミッドを傷つ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...