日本の技術をルワンダに。紛争で傷ついた人たちに「義足」を届けたい

約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は、アフリカの中でも経済開発が遅れており、世界最貧国とも言われています。

この国で今、なにが起こっているか知っていますか?

道端に死体が転がっているのは
「当たり前の光景」

content_f61092489ed8df8b8c25362444b303e8cb12f71a (1)

今年に入って、クーデターやデモなどの騒乱が頻繁に勃発。毎日のように人が殺され、道端に死体が転がっている光景も日常茶飯事。
しかし、メディアに取り上げられることは少なく、この状況が世界にほとんど知られていません。

ブルンジで紛争に巻き込まれて障がいを負った人は、難民としてルワンダに逃げるものの、手足を失った障がい者は保証を受けられず、不自由な生活を強いられています。仕事や結婚すらもできません。

日本の義足製造技術を
ルワンダに!

content_f3c661d2ae0ba238adb95d74c064d798518ceaf1

そこで立ち上がったのが、ルダシングワ真美さん。
日本でOLをしていた彼女は、現在ルワンダで義足装具士として活躍しているのですが、そのきっかけを作ったのはルワンダ人の旦那さんでした。病気の治療ミスで、右足に障がいがあり、装具と杖を使っていたものの、来日した時、装具が壊れてしまったのです。そして新しい装具を作るために横浜の義肢製作所を訪れた時、職人が義足を作る様子を見て、「ルワンダで必ず役に立つ」と思ったのだと言います。

そしてすぐに会社を辞め、その義肢製作所に弟子入り。約5年間修行を経て義肢装具士の国家資格を取ったのです。

C

ルワンダで元々作られていた義足は膝が曲がらず、座ると義足を履いたほうの足が突っ張ったまま。バスに乗ることすらできません。でも、日本の義足は膝が曲がるので、彼らの行動範囲も広がるのです。

義足が手に入ったら
妻と手を繋いで歩きたい

ある日、義肢製作所をに訪れた1人の男性。彼は足を1本失っていて、2本の杖をつきながら生活をしていました。そんな彼に「義足が手に入ったら、まず最初に何をしたい?」と質問をしてみたところ「両手に杖を持っているから、一度も妻と手を繋いで歩いたことがない。だから杖をつかないで歩けるようになったら、手を繋いで歩きたい」という返答が。

私たちにとっては当たり前のことが、彼にとっては“夢”となっていたのです。

また、他にも義足を履いた障がい者が、結婚、子育てを経験できるようになっていることが嬉しい、とルダシングワさんは言います。

content_0afa10ae27ba7f3177421b5de4f359a37ed96384

しかし、障がいを抱えているために生活が困難な人はまだまだたくさんいます。
義足をもっとたくさんの人に届けるため、現在クラウドファウンディングサイト「ReadyFor」のコチラのページで資金を募っています。ぜひ、ご協力をお願いします。

コンテンツ提供元:READYFOR

価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
誰からも愛される幸せそうな姿。でも、実は生後2ヶ月の時に捨てられた悲しい過去を持っているんです。当時は、シェルターで安楽死させる予定でしたが、動物たちを保...
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
アクセサリー感覚で楽しめる義足カバーを「The ALLELES Design Studio」が生み出しました。義足であることを隠すように、肌に近い自然な色...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。とはいえ、「継手」とはなんぞや?という人も多いはず。それは、大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だ...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
街の雰囲気やテレビのCMまで、一気にそのムードが広がる特別な日、クリスマス。もともとはキリスト教のお祭りですが、世界中に広がるにしたがって、国ごとのさまざ...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
  001 『未来を変える80人』への、世界放浪 本村さんは旅を経て起業された訳ですが、なぜ起業をしようと思ったのですか?アメリカで社会学を勉強していた時...
そこに暮らしているからこそ見えづらくなる魅力や躍動感が、外から見ると浮き彫りになる。これはその好例だ。たった3週間で、東京、大阪、京都、広島などを撮影して...