今度のハイナン航空の制服はオートクチュール系!?

中国の海南(かいなん)航空が、新ユニフォームのデザインを発表した。注目すべきはそのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。

パリ・クチュールウィークでお披露目

デザインを担当したのは、中国人のファッションデザイナーLaurence Xu。グレーを基調に、オリエンタルテイストでまとめられている。

女性がコートの下に身につけているワンピースは、ベースカラーの白に雲や波、神話の鳥など中国の伝統的なモチーフが描かれている。首元をすっきりと見せる立ち襟のスタイルはチャイナドレスのよう。

男性に目を向けてみると、マオカラーのジャケットの立ち襟りが凛々しい。こちらも、中国のテイストを現代風にアレンジしている。上下のスーツ、コート共に潔くグレーに統一。たっぷり目のダブルのコートを羽織れば、さながら東洋の紳士といったところだろう。

D4f1fddaa66bc844c977539b66dd335df36f78576719d68702b7b22a645207710cfbcb23129327d974a3eaa0e384bb17221d36b6e6b9a74dc9fdfa8d4352c9646828c9466e072c1ae9671175d9461313E943cc5936cbd8051eb7a9e5a9bbe8d72653a266

これまでの海南航空のユニフォームといえば、ネイビーを基調としたオーソドックスなデザインだった。しかし、「世界で最も有名な航空会社になる」という経営戦略の転換に合わせ、大胆にデザインを一新。お披露目が、パリで行なわれた「2017年秋冬パリ・オートクチュール・ウィーク」のランウェイということからも力の入れようが分かる。

国内線・国際線両方で採用されるようなので、海南航空を利用するチャンスがあれば優雅なユニフォームを目にすることができるだろう。

今回の記事内写真は、西洋人モデルを中心としたものだが、中国人のクルーたちがどんなふうにこの制服を着こなしているかは、ぜひ自分の目で確かめたいところ。次の旅では、そんな楽しみ方も踏まえつつ、プランを立てて見てはいかがだろう?

Licensed material used with permission by Hainan Airlines Holding Co.
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
最近、マドリードの街中に登場した、不思議な“ホットスポット”を紹介しましょう。ここは、あることをするために人々が訪れる場所。では、その“あること”とは?写...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
TABI LABOは「ナチュラルハイ」にブースを出展します最高のフィールド、最高の音楽、最高のキャンプ。音楽と人と自然での楽しみ、一体感、気持ちよさに触れ...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
2016年4月1日に開設から20周年目を迎えたYahoo! JAPAN。お祝いムードはすでにウェブで、リアルで、あれこれ目にしてきたはず。そして、今日6月...
「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
〈Made in Italy〉にこだわり、イタリアならではのクラシカルな雰囲気とモダンな感覚をMIXさせた〈オロビアンコ〉。ミラノの象徴、Piazza D...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...