ネイティブでも「全問正解率5%」の英文法テスト(全16問)

英語の文法を学んだのなんて、もう何年前になるだろう?

学生時代、参考書を数冊抱えて四苦八苦していた記憶がある。あれから数十年。海外に行く機会も、英語を使う機会も、飛躍的に増えた。けど、実践の場においては、正確な英文法なんてほとんど意識しないのが実状。でしょ?

だから、この手のグラマーテストが新鮮で(笑)。

いまの自分の英語力を
3分でチェック!

じつはこのテスト、ネイティブスピーカーでさえ全問正解率が5%という難問らしい。ちょっと眉唾ではあるが。

意外に日本人の方が文法には強かったりするもの。では、全16問に挑戦してみよう。自分の英語力を久しぶりにチェック!

(※うまく表示されない場合はコチラから)

Licensed material used with permission by Playbuzz
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
いまや、1億総愛猫家。そう表現すると大げさですが、なんとなく言ってしまいたくなるほど、大きなブームになっていることは確か。では、あなたがどれだけネコを愛し...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
これは簡単な図形のテスト。3択の問題を全11問答えていくと、あなたがどのくらい几帳面な人間なのかが分かってしまう、と診断コンテンツメディア「Playbuz...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
あなたはロジカルな人間ですか?「Big Think」では、政治学の教授であるSteven V. Mazie氏があなたの論理性と合理性を調べるクイズを書いて...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
全12問。はっきり言ってかなり難しいです。ざっくりですが、それぞれ5人に1人しか正解できないのだとか。答えを表示させるには、画像をクリック。ちなみに私は、...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
いまから登場するのは、一見同じ色に見える3つの四角形。でもよく見ると、そのうちのひとつだけ微妙に色の明るさが異なっているのです。これは、診断コンテンツ系メ...
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
年間約240万人が受験し、日本における英語力の「ものさし」ともなっているTOEICが、2016年5月29日のテストから、10年ぶりにリニューアルされます。...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
「日本人女性は世界でモテる」という噂、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、どうやら日本人女性の『女子力』は先進国でも最低レベルと認識され...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
順番に表示される美しい「15枚の写真」と「3色の選択肢」。それぞれの中で、1番印象的に感じる色を選ぶだけで、あなたにどんな才能が眠っているかが分かるらしい...
カリフォルニア随一のパワースポットとして、世界中からヒッピーやナチュラリストたちが瞑想やトレッキングに訪れる聖山「マウントシャスタ」をご存知だろうか?その...