※応募終了【家族旅行プレゼント】秋の絶景で巨大お絵描き!?新米も、歴史も、アートも全部味わう1泊2日にご招待!

“日本まるごと家族で遊ぼう”をコンセプトにした「ASOBO JAPAN」。数々の企業とコラボレーションし、日本中から「こんなのはじめて!」な特別ツアーを提供していくプロジェクトの第六弾!気になる内容は…

絶景アートに、秋の収穫祭、さらにはタイムスリップ!?

795c49da3a003bbc52688d209333308d3f8b8a35

舞台は新潟県十日町市。日本有数の米どころ新潟で、芸術の秋・実りの秋・食欲の秋ぜ〜んぶ体験できるのが今回のスペシャルな旅です。大自然をキャンバスにお絵描きしちゃうってどういうこと?お米の収穫ってどうなってるの? 4500年前にタイムスリップするレストラン?…そんな「アート体験」「食育体験」「文化体験」を、家族みんなで楽しみ尽くす旅行ができちゃいます。

【応募概要】
「ASOBO JAPAN #6 AUTUMN CANVAS」
1泊2日の秋の絶景ツアーにご招待!
(開催地までの移動交通/宿泊費はすべて無料)
日程:2017年10月28日(土)〜29日(日)
開催地:新潟県・十日町市
当選者:5組20名程度
応募期間:2017年8月25日(金)14:00〜9月15日(金)17:00

※応募は終了しました。

「ASOBO JAPAN」ならではのとってもスペシャルなツアーの内容を、一部だけご紹介しましょう。

01.
絶景の大自然がそのままキャンバスに!? 巨大お絵描き

9ca8ff80f2f3d324f29c0f6b53c670f68a93c2f7

十日町市は、日本の絶景名所としても有名なんです。その魅力は、傾斜面に数多くの田んぼが連なる「棚田」。鏡面の美しさが多くの写真家や観光客を魅了し、秋はその最盛期とも言えます。

そんな大自然が作り出した絶景を、この日限定で巨大なキャンバスにしちゃいます。そして、ここでしか出来ない巨大なアート作品づくりに挑戦。親子2人で持つことが出来る大きな筆やペイントローラー、さらには水鉄砲まで!?様々な“ペインティング武器”を駆使して、からだ全身で、絶景に落書きしちゃいましょう。作品づくりには、有名な絵本作家も参加予定。みんなで力をあわせてつくった超大作は、きっと大きな思い出になるはずです。

02. 
秋の収穫体験!新米も、旬の食材も、全部食べ放題!

Bf2f78d044abebc74af7e89c6b94f3273c0db0dd

お米がおいしい土地としても有名な新潟県。そこで収穫されたばかりの新米を、脱穀するところから体験は始まります。古くから伝わる脱穀体験をした後は、かまどを使って新米を炊いていきます。そして、ほかほかツヤツヤなご飯をさっそく試食!ご飯のお供は、クックパッド料理教室の森山由香先生が考案した、地元食材を使った美味しいおかずです。さあ「実りの秋」と「食欲の秋」を思い切り味わいましょう!

いつも食べているお米はどうやって育ち、収穫され、食卓に並ぶのかを、間近で知ることのできる貴重な食育体験にもなりますね。

03.
アート作品だらけの街を大冒険!アートハンティング

085abda844215acc988720f1ca404e8073f3a76e

「芸術の秋」はまだまだ続きます。十日町市といえば、『越後妻有 大地の芸術祭』の開催場所だって知っていましたか?2000年にはじまり、日本の国際芸術祭のパイオニアとも言えるところなんですよ。 

街の中には常設のアートがいくつも点在しています。ツアー中には、Canon EOS Kissの最新機種が貸し出してもらえます。日産SERENAで町をめぐりながら、たくさんのアートを見つけにいきましょう!

04.
4500年前にタイムスリップ!?縄文時代のレストラン

Ca41e2e3c386a668d107c842b5583d4633c70a94

歴史の学び方だって、ASOBO JAPANなら一味違います。テーマはなんと「縄文レストラン」。大昔にタイムスリップしたかの様な食事を通じて、歴史も学んでしまおうというのです!

レストランで使用されるのは、縄文土器の中でも一層華やかだといわれている「火焔型土器」。実は、新潟県・信濃川流域で多く発掘されていたものなのです。

この「火焔型土器」のスゴイところは、あの芸術家・岡本太郎も「なんだ、コレは!」と叫んだとされるほど、激しく、しかし優美な芸術品としての美しさ。荒々しい突起をもつ焼物は、世界的に見ても非常に稀なのだそう。縄文文化は日本文化の源流ともいえ、歌舞伎や浮世絵とともに日本文化を代表する存在だったのです。今では、日本遺産にも登録されています 。

その縄文土器を使って4500年前の食事を再現した「縄文レストラン」を、今回の旅で特別にオープン!ここでしか食べられない絶品料理を振舞います。太古の食卓に思いを馳せて、ロマン感じる絶品を召し上がれ!

05.
カタチに残るお土産だって、もらえます!

F2af6bf7bea76569a2a202a9e08c930598f16593

1泊2日の旅で、きっとたくさんの家族写真を撮ることになるでしょう。思い出がたっぷり詰まった写真は、ネスレの「チョコラボ」サービスで世界にひとつだけのオリジナルキットカットにしてプレゼント!後日、お家に届くのをお楽しみに!

06.
もちろん交通費から宿泊費まで、全部無料です!

D48878f56c4a73f6b226c26c3cfeb87e346ecc37

日本全国どこに住んでいても気軽に参加してほしいから、現地までの交通費から宿泊費、体験費まで家族全員無料でご招待!お宿は、日本三大薬湯のひとつ「松之山温泉」だそうですよ。お父さんもお母さんも、日頃の疲れをゆっくりと癒やせますね。

集合場所からの移動は、すべて日産のSERENAを無料で貸し出してもらえます。家族みんなでワイワイと移動を楽しめますね!

JTB旅行券5万円分が当たる
Wチャンスも!

6c4e3fca174090e12f150d2cdb627bb730265189

残念ながら日程が合わない人も諦めないで!今回はJTB旅行券(5万円分)が5名様に当たるコースもご用意しています。家族みんなで旅することは、かけがえのない思い出になります。このチャンスを見逃さないで!

「ASOBO JAPAN」プロジェクト協賛一覧

66d3e57deb18573efc25f433fa1f829dc09bc79c

「ASOBO JAPAN」プロジェクト協力一覧

341177f153ec846b862cc5ff96c955c6e139016b

「ASOBO JAPAN」には、これらの企業やブランドが参加しています。それぞれの特徴を活かした“遊び”をぜひ楽しんでください!

『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
1980年に出版され世界的な反響を呼び起こした、とある女性の回顧録がある。日本では「ロビンが跳ねた」というタイトルで発売された「TRACKS」のことだ。7...
今の彼と一緒にいるのは楽しいけど、結婚するにはどうだろう?そんな「決め手」に悩む女性にぴったりなのは「Elite Daily」のLaura Arginta...
「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニ...
恋人の家族との対面は、ハラハラドキドキもの。それが、もしもホリデーシーズン(長期休暇)を一緒に過ごすことになったらどうでしょう?たとえば、このゴールデンウ...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...