人口たった14人。ホテルもない村に「宿泊希望者」が殺到している。

ホテルがないのに、宿泊の問い合わせが来ている。それでもって、国内のホテルやレストランをつくる協会『ガストロスイス』の<ホテル・イノベーション・アワード>も受賞。

その村の名前は、『コリッポ』。スイス南部、ヴェルツァスカ渓谷にあって、以前は約300人が住んでいたと言われている。しかし1975年の時点ですでに主要産業の農業も廃れてしまっていて、村民は続々と出て行ってしまったようだ。

そこで…、

村そのものを、
「ホテル」にしてみた。

D96ed5f100f0b02c91e6deb8c00a4dfbcec772ff17e603c5fe144c0572976e31f99ef9269a628671
Photos bySWI

過疎化が深刻になると、子どもの出生率や村の活気など様々なものが失われて、「空き家」がどんどん増えていく。どうにかして人を呼び込めないものか、と考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』だ。

スイス公共放送、スイスインフォの記事「swissinfo.ch」からの引用がこちら。

スイス南部ティチーノ州のヴェルツァスカ渓谷にある小さなコリッポ村で、村全体をホテルにしようというプロジェクトが進んでいる。歴史的な家並みが美しいこの村は国内最小の自治体で、人口はわずか14人。村に点在する古い建物の部屋を宿泊施設として活用し、村の活性化を図るのがプロジェクトの狙いだ。

2018年春に提供を始める予定で、実現すればスイスで初めてのケースとなる。

ひとつの建物を丸ごとホテルにするのではなくて、もともとある空き家の、使えそうな部屋を"宿泊場所"として活用する、ということ。Airbnbに近いイメージ。

もちろん家主が居ないことも多いから、村内のレストランが宿泊の受付業務をしてくれるんだとか。

3ede977fffaa9cbec2c0348fcccda84fe294c5c7

まだ手付かず状態の、実際の空き家の一室

Photo by SWI

公開されている情報も少ないので、ここからは私の仮説。事前に部屋の予約をするんじゃなくて、レセプションに行ったら宿泊チケットを買う。そして、好きな建物の好きな部屋を自分で選べる。この村を散策しながら、どこが一番見晴らしがいいかとか、お酒をたくさん飲みたいから、飲み屋の2階を狙ったりだとか。

もしこんなスタイルが実現したら、「泊まる部屋を探すため」に行く観光地ってことになるワケで、冒険心がとっても疼く。

0ba69d2757f13aead1abe8cd2d25cc479bf1f535
Photo by SWI

広がっていく
「分散型ホテル」

こうした町の取り組みは、実は今回が初めてではない。以前TABI LABOでも記事にしたイタリアの「アルベルゴ・ディフーゾ」が、成功例として有名だ。

集落のなかに、レストラン、銭湯、客室など、本来はひとつのホテルが持っているものを分散させて、その場所自体がひとつの宿泊施設になることから、「分散型ホテル」と呼ばれている。これ、東京にもあるって知ってた?

AirbnbやUberのように、日本でも"普通"になりつつあるシェアリングエコノミー。そこにいる誰かとの"体験"に、お金を払いたいと思う人が増えてきた。

村自体をホテルにすることで、住んでる人しか知らなかった「イイもの」を、観光客が想い想いのままに選んで、繋いで、ひとつのツアー体験ができるというワケだ。シェアの規模を、家から土地へ。

とはいえ、これまでの事例はどれも、ネットから事前に予約しなきゃいけないんだけどね。

吸いとられた
活気を取り戻す

そもそもコリッポが、スイスのどんな場所にあるのかを調べてみたところ、大都市チューリッヒからは車で3時間と離れているものの、わずか20分弱の場所には有名なヴェルツァスカ川がある。奥にあるのは、"めがね橋"とも呼ばれているサルティ橋。

川底まで見えるという透明度が人気で、このあたりには観光客も多いみたい。

Photo by @kittybern

もっと見渡す限り山と川しかないのかと思ったら、びっくり。立派なタワーホテルや、ショッピングモールもあった。

Photo by @juodagalvis

近くの街が栄えていくのに比例して、村民は少なくなる。観光客もわざわざ何もない山奥にこれ以上行かずに、街で遊んで満足したら帰ってしまうのだろう。

こんなに近くまで多くの人が来ているからこそ、『ガストロスイス』で賞を取ってからは、すでに問い合わせが来ている。これって、すごくいい兆候だと思う。一度は吸い取られてしまった活気を利用して、この村が彩りを取り戻せば、地方創生のモデルケースとして、世界に定着する日も遠くないのかもしれない。

Top Photo by SWI
Licensed material used with permission by swissinfo
6e1b96f7501a98891da326c68eafeb581fdac26a
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...