「立ち仕事」の人は要注意。背中が悲鳴をあげている。

世の中には様々なお仕事が溢れています。好きで仕事をしている人でも、時には体を壊してしまうもの。なかなか体の異変は現れて見えるものではないので、私たちは「大したことない」と流してしまいがち。

でも本当は皮膚の下で悲鳴をあげていた。そんなFacebook投稿が話題となりました。

なかなか気づかない
背中からの悲鳴

3964266b7c5abf93bba4ab6fb90d98ea7cfb4529

「彼女は美容師です。好きで始めたこの仕事は長時間立ちっぱなしなうえに、片手にはヘアブラシ、もう片手にはヘアドライヤーを持ち、お客様の周りを動き回ります。すると、骨に支えていられる筋肉が、少しずつズレてきて、不自然に、背中の中心が不均等になってしまいました。そして、そのズレを戻そうと座っても、もう均等に戻らなくなっていたのです。

一旦この症状をリセットするためにも、カッサ療法で瘢痕(はんこん)組織と筋肉をストレッチし、背骨を再調整します。そのあとヨガをするとより効果的です」

「美容師に会ったら、この写真を思い出してください。このような人たちは、自分の健康を犠牲にして、あなたの髪を綺麗にしているのです。美容師だけではなく、フィットネスインストラクターや歯医者、整備士や薬剤師たちも、同じような症状が出ます。今ある痛みが、さらに取り返しのつかなくなる前に、あなたの体と健康を定期的に見直してみてください」

72dd96d8f1ae57d9edbacd127907b00ad4c96aed

ハーバード大学でヒーリング療法を学び、現在はイギリスで個人経営のマッサージ師をしているHitesh Patelさん。Facebookに投稿した、ショッキングなこれらの写真、怪我や虐待の跡というわけではなく、立ちっぱなしや、体に負担にかかる重労働のによる身体的な異変の跡という事実を突きつけたのです。

Hiteshさんによると、この写真は彼の患者さんたちだそう。女性は美容師をやりながら子育てをするママさん。そして男性は、今話題にも上がるクロスフィットのインストラクターでアスリート。

本来ならば、血行がよければ、カッサ療法をすると、満遍なく背中が赤くなるものなのですが、体に負担をかけてしまうような仕事には、身体を硬直させてしまっているため、血行の流れが悪くなっている、また身体が不均等になっているとのこと。

29b559b256076b96a355a1253adceaf21f052c4a

ところで、この「カッサ療法」とは中国での伝統的なマッサージで、3,000年も前から伝わる東洋医学に基づいた療法だとか。スプーンやプレートのような道具を使って、滑らかにした体の部分の皮膚組織の循環をよくするマッサージです。

なんでもちょっと手荒いマッサージだそうで、プレートで血管の循環をよくすると、写真の赤い跡のようになるようです。本来ならば、この赤い跡は均等になっているはずのもの。まさにズレがくっきりと分かると思います。すでに、体の異変が皮膚の下に起こっていることを示しています。

9b64d25b868836c82518e1d09561feaa5b11dda3

Hiteshさんに詳しく話を聞きました。

「美容師や薬剤師など、ずっと同じような立ち方、座り方をしている職種は、ちゃんと定期的に休んで、そして水をいっぱい飲んで、軽いストレッチから定期的な運動をしてください。激しい運動じゃなくても、ヨガや太極拳のゆっくりとした運動でも構いません」

このような健康被害に合わないためにも、定期的に整体やマッサージに通うことを強く勧めています。長時間労働によって身体を硬直させてしまわないよう、日々のケアが重要なのは間違いないようです。

Licensed material used with permission by Hitesh Patel (Facebook)
ストレスで毎日イライラ。心穏やかにする、手軽な方法があればいいのに…。なんて思ったことありませんか?「I Heart Intelligence」のライター...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
仕事、恋愛、お金、家族、人間関係etc…。ストレスを無意識のうちに抑圧してしまうと、どんどん自分を追い込んでしまう結果にもなりかねません。「Elite D...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
仕事が楽しくない、張り合いがない…という人は、会社の言いなりになっていませんか?それを防ぐには、自分の思考回路を繰り返しチェックする習慣が必要です。ここで...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
Kara Maria Ananda氏が運営するサイトに掲載されていた「オッパイにまつわる7つの真実」を紹介します。彼女は17年以上もマッサージ療法師として...
同僚や上司、取引先など、周りにいると迷惑な「仕事ができない人」。よく注目してみてみると、仕事ができない人には精神面や考え方、行動などに共通の特徴があること...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
オレゴン州立大学の研究者らが、セックスに関する興味深い調査結果が発表。なんでも、プライベートにおける積極的なセックスライフが、仕事に対するモチベーションや...
いつか仕事を辞めて、海外へひとり旅することを企んでいる人もいるのではないでしょうか?とは言っても、これは、人生を左右するかなり大きな決断。思い切れなくて憧...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...