気持ちよく職場での評価をアップさせる「16の習慣」

仕事で思うような評価が得られずに、くすぶることは誰にでもあると思います。そんな時は「Elite Daily」に掲載されていた「あなたの職場での価値を上げる16の方法」という記事を読んでみてはいかがでしょう。明日からでもトライできるヒントがたくさん紹介されていますよ。

 01.
ビジョンとゴールを持つ

4c479d38ee9e2025931124f485f1886144f2f6a8

自分が5年後になりたい姿を明確にしておこう。そして、ことあるごとに、進む方向がずれていないか確認すると良い。どれだけ辛い仕事も、その道標があれば耐え抜くことができるだろう。

02.
やりたい仕事ではなくても
全力で取り組む

本当にやりたい仕事がじゃないからといって、目の前のことに全力を出さないのは間違っている。何事も全力で取り組むという信念が、あなたを夢に近づけると言っても過言ではない。

03.
求められる以上の
アウトプットを出す

与えられる給料に相応の働きをしているだけでは、成長は見込めないだろう。求められるもの以上のアウトプットを出すことで、あなたの評価は上がっていく。

04.
必要以上に
進む方向を変えない

もちろん、時には大胆に進む方向を変えることも大切だ。だが、人は経験の中で学んでいくもの。多少荒波になったとしても自分を信じ、元々決めていたゴールに向かって突き進んでいく方が、時として良い。

05.
状況が良くないときは
自問自答を

Abf0b8423e2821ee298dec3954d31ac94eb1f37c

評価とパフォーマンスの間に良くないギャップがあると感じたら、自問自答してみよう。きっと自分の中に答えがあるはずだ。

06.
周りを信頼する

もしあなたがリーダーなら、周囲を常に信頼するべき。信頼は一朝一夕で成り立つものではない。小さな積み重ねが大切だ。

07.
説明責任を負う

周りに協力してもらうには、何事も説得から始まる。複数で一緒に達成したい目標をかかげるなら、そのための説明責任は負おう。

08.
多くの仕事抱えている時は
「試されている」と心得る

F442f60f1747690536b7c515b482a208fb3fdbcb

上司があなたに過度な仕事を分担すぐには、2つの意図があるかもしれない。1つはどれだけあなたが自分自身で仕事をこなせるかを見極めるため。もう1つは、自分1人で達成できない仕事に、あなたがどう対処するかを知るため。多くの仕事を任された時は、この2つの理由を思い出すと良い。

09.
周囲に対して
「してあげられること」を
事前に聞いておく

周囲の人がどんな仕事観やキャリアを望んでいるかを知ることは大切だ。お互いの仕事についての捉え方を知っておくことで、全員のベストパフォーマンスを引き出せるはずだ。

10.
分からないことは
すぐに聞く

もちろん、人生を通して学び続ける姿勢は大切。

11.
ボディランゲージをつかう

ボディランゲージは、上手く使えば自分の意図を伝えるのに有効だ。そして、それは相手の意図を読み取る際にも重宝する。周囲の人の目線やジェスチャーにも気を配ってみよう。

12.
「誰か」のためではなく
「自分」のために成長する

1e50f047ca549045cb8e05e0922563206c95f09f

先輩や上司、会社に認めてもらうためではなく、自分のために成長しよう。

13.
燃え尽き症候群に注意

仕事とは、紛れもなく長距離走だ。息切れしないように、ペース配分には気をつけるように。

14.
語るより、聴く

自分が話すよりも聴くことに集中した方が、遥かに学べることは多い。話し上手になろうとするより、まずは聞き上手を意識しよう。 

15.
同僚の自慢話に耳を貸す

他人の成功話を聞くことが苦手な人もいるかもしれないが、そういうところに人間力の差が出る。多少の我慢ができる人ほど周りに好かれ、成長が早いのは言うまでもない。

16.
立ち止まらない

69fb5c15259cb90daa3ea799ceb0260d210dfb17

区切りはあるが、仕事には終わりはない。常に試行錯誤を繰り返し、反省し、それを次に活かそう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
今の仕事が嫌いだからといって適当にこなしていると、次につながるチャンスすら転がってきません。せっかく手に入れた仕事なのだから、できる範囲のことを全力でやっ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
実際、同僚とはどこまで親しくするべきなのか?「TalentSmart」の記事のポイントは、まさにそこ。ビジネスにおいて、一度何かを共有したら、もう後戻りで...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
成功は、ただ待っているだけではやってきません!何か行動を起こさなければいけないのは確か。ですが、ただ闇雲に動けばいいのかといえばそういうわけでもないのが難...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
企業で働いていれば、ついて回るのが給料と評価。かつては年功序列がほとんどだった企業でも、時代の流れとともに新しい制度を導入しつつあります。労働の対価として...
どれだけ運が良かったとしても、努力の積み重ねがなくては夢は叶わないでしょう。では、一体どのような努力をすればいい?その答えが「mindbodygreen」...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...