固くなった「パルメザンチーズ」の意外な使い道

チーズ専門店でパルメジャーノ・レッジャーノ(いわゆるパルメザンチーズ)を買うと、焼き印が押された固い外側の皮(外皮)が付いてきますよね。一見「ワックスが塗ってある」と思いがちですが、このチーズを含むイタリア産チーズで、ワックスコーティングされているものはほとんどなし。つまり、外皮もれっきとしたチーズなんです。

「この外皮こそ美味しさの宝庫だ!」と、ライターBrady Klopfer氏が「WonderHowTo」に、おいしい利用法を紹介しています。これ、冷蔵庫で固くなっちゃったチーズでも、もちろん同じ。まさか、捨てたりしてないですよね?

Medium 5251e873008aedc9e8d6ad03f7f01244e5a7ce68

固くなったパルメジャーノ・レッジャーノの外皮をただ捨ててしまっているなら、あなたは大損をしていると自覚したほうがいい。このチーズの外皮は、料理界最大の隠し味と言っても過言ではないほど、使い勝手が豊富。風味が凝縮していて、いろんな料理の味の決め手になる。

なによりもまず、この外皮があることが本物のパルメジャーノ・レッジャーノである何よりの証拠。パンの耳のように内側を保護するための大切な役割がある。実際にはここもれっきとしたチーズの一部、当然食べられるのに、爪が立たないほどの固さからか、食べることができないと誤解している人も多いのでは?だけど、じっくり料理することで、外皮からはゴージャスな旨みが出てくる。たとえばこんな利用法、ぜひ試してみて欲しい。

01.
トマトソースに
コクを与える

Medium 17b6e11ddea8604fd2ee69e20bac520bea740132

トマトソースを作るとき、外皮をソースに加えてみて欲しい。たちどころに風味とコクがぐんとアップする。とくに外皮の場合は柔らかくなるけれど、溶けることはないのでご安心。

イタリア料理における隠し味であることが、あなたにも実感できるはずだ。パスタソースを作るとき用に、わざわざ固くなったパルメジャーノを取っておくほど、ボクはこの風味が好きなんだ。

02.
煮出せば万能ダシが完成

Medium 108f48c10a03870f08078af4ccf989b5b2cf1300

ボクの最も好きなスープがコレ。作り方も至ってカンタン。にんにくやセロリ、タマネギなどの香味野菜と一緒に、鍋で1時間ほどコトコト煮るだけ。これほど汎用性の高いスープは他にないはず。

たとえばリゾットのベースに、とろ火で蒸し煮にする茹で豚にも。当然、ここに数種類の野菜を加えるだけでも立派なスープができあがる。

03.
蒸し野菜やグリル野菜の
風味・香り付けに 

Medium 5fc765b75b4b3fc5bc6fec808ac86c8fc8644b6d

オリーブオイルをたっぷりひいたフライパンにチーズの外皮を加える。これでナスやズッキーニなどお好みの野菜を焼くだけで、風味が野菜にプラスされる。もちろんBBQでも大人気。とろけたチーズの美味しさは格別。スチームなら、野菜の隣りに香り付けのために置いておくだけ。うっすらとだけど、パルメジャーノ・レッジャーノの奥深い味わいが、野菜の旨みをいっそう引き立ててくれる。

冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
そんな“果てしないロマンチック”から生まれた逸品を紹介しましょう。この「宇宙醤油」は、確かめようのない思いつきがキッカケとなり、YK STORESが開発し...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。ゆず胡椒愛好家の間で、今密かなブームとなっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおい...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
小さな造形物って、見ているだけでほっこりさせられる魅力があります。そして、食品の模型って、つくった人の味の好みが出ますよね。ここでは、アメリカンなミニチュ...
コンビニやスーパーに並ぶ食品には、「本物」に見せかけるために、いくつもの添加物を使った「フェイク食品」など、体への影響が心配になる加工食品が数多くあります...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。高カロリーなイメージにあるチーズですが、ダイエット中にもたくさん食べたい! そんなチーズ好きな人にオススメの...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...