【感動】セーターを着たペンギンが大量に出現した意外な理由・・・

オーストラリア南西部の老人施設に暮らす、Alfred "Alfie" Dateさん109歳。オーストラリア最高齢としても有名なおじいちゃんですが、もうひとつ、ある理由でDateさんの名前は世界で知られるようになりました。
それは、手先の器用なDateさんが、手のひらサイズのセーターを毎日、編み続けたから。そして、その小さなセーターに袖を通したのは、この国に生息する世界最小のペンギン「リトルペンギン」だったからです。

スクリーンショット 2015-07-21 14.11.43

見ての通り、どれも凝ったデザインの可愛らしい作り。ですが、Dateさんが手編みする理由は別にあります。じつは、この小さなセーター、ペンギンたちの命を救う“ライフジャケット”としての役割を果たしているのです。

2014年3月にオーストラリア南近海で発生した、船舶の原油流出事故の際、フィリップ島自然公園内の野生動物病院には、原油にまみれた多くのペンギンたちが救助されたそうです。この事故が起きた直後、フィリップ島の野生ペンギンの保護団体「Penguin Foundation」は地元ボランティアを通じて、ペンギンたちのためのセーターを募集しました。
Penguin Foundation」の説明によれば、野生のペンギンは身体にこびりついた原油を取るために毛繕いをする際、過って原油を飲み込んでしまう危険があるんだそう。誤飲を防ぐ目的がこのセーターを着せることだったのです。

スクリーンショット 2015-07-21 14.11.33

豪ニュースメディア「ninemsn」の取材に対して Dateさんは、手編みのセーターは自分のリハビリの一環だったと語っています。施設に入所するまで編み物の経験は1回だけ。それも記憶にある限りでは、80年以上も前のことだとか。
それでも、簡単な編み方をすぐにマスター。それを見た看護師から、ペンギンのためのセーター作りに応募するよう薦められたんだそう。「昔から、何でも断れないたちなんだ」 とDateさん。

スクリーンショット 2015-07-21 14.11.19

Dateさんはじめ、多くのボランティアによって集められた小さなセーター、できることなら活躍しないことがペンギンたちにとっても望ましいことですが…。「WorldTruth.TV」が伝えている記事によれば、財団は公式Facebookを通じて、Alfieさんへの手作りセーターの感謝を記し、ペンギンのためのセーター寄付がいったん終了したことを報告しています。

さて、「フェアリーペンギン」「コダカペンギン」とも呼ばれているリトルペンギンの体長は30cm〜40cm。オーストラリア南部とニュージーランドに生息しており、メルボルンの南にあるフィリップ島は、リトルペンギンの生態系が確認できるコロニーとして、有数の観光スポットとしても知られています。
Dateさんのセーターを着たペンギンたちを見ることはないでしょうが、一度は訪れてみたい場所ですね。

 Reference:ninemsn , WorldTruth.TV
Licensed material used with permission by Penguin Foundation

ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
ニュージーランド南東のオアマルの港では世界一小さなペンギン、ブルーペンギンたちのコロニーが観光の呼び物となっています。しかし、年々ブルーペンギンの数は減少...
観光地へ行くと、その場所をイメージしたTシャツがお土産屋さんに売っていますよね。それを購入し、実際に着て、その場所で写真を撮ることはあるかもしれません。で...
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
「ペンギン系女子」という言葉を聞いたことはありますか?簡単に言えば、空を飛べない自分を素直に受け入れ、その短所を補うための努力する。言い換えれば、自然体で...
プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。2015年5月に行われた世界大会「National Argent...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
イギリス在住のEmma Massingaleさんは、馬のトレーナー。AlbertとErnieという二頭のシェットランドポニーと一緒に暮らしています。イギリ...
旅先での出会いは、人生における貴重な体験であり、旅する醍醐味のひとつ。現地の人のやさしさにふれることができたのなら、それだけで旅は「最高の思い出」になる。...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
セブンイレブンの店内やテレビCMでなんとなく耳にしたことのあるあのメロディ。皆さんはどれくらい「あの曲」のことを知っているだろうか。いつの曲で、誰が歌って...
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
SNSで話題を集めている「手作りオムライス」。とても美味しそうですが、じつは食べることはできません。その理由は、写真を注意深く見てみるとわかります…そう、...
北関東に甚大な被害をもたらした、先の「平成27年9月関東・東北豪雨」。発生から間もなく、救援活動に励むボランティアのなかに、横田基地所属の米兵たちの姿があ...
米オハイオ州、ロレイン郡で行われたある結婚式が話題になっています。花嫁のブリタニー・ペックさんには、育ての父親と生みの父親であるトッドさんの2人の父親がい...
この写真は、とある民家の庭で撮影されたもの。突然オオカミが現れたことで話題になっている。かなり大きい。しかも、この獰猛な目つき。恐いっ!でも…意外と人懐っ...
YouTubeで「泣ける…」と話題になったのが、ここで紹介する動画です。書店の前にいつも寝転がっているホームレスの青年と、その店主のやり取り。最後には、胸...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...