脳性まひの少年がトライアスロンを完走!「立ち上がることしか、考えてなかったよ」

わずか8歳にして難易度の高いトライアスロンに参加し、見事完走したBailey Matthewsくんの動画が話題を呼んでいます。彼は脳性まひというハンディキャップを抱えながらも過酷なレースへと挑みました。

言わずもがなハードなレースとして知られているトライアスロンは、マラソン・水泳・ロードレース、3つのスポーツが一体となっており、総合的な身体能力とスタミナを問われるもの。

大勢の観衆に見守られる中、彼は最後の20mを補助輪を手放して走ります。何度かつまづきながらもゴールを果たすその姿には、きっと胸が熱くなるはず。必見です。

動画はイギリス・ノースヨークシャーで行われたトライアスロン大会「Castle Howard Triathlon」の様子を捉えたもの。彼は100メートルの競泳と、4キロメートルのロードレース、1.3キロメートルのマラソンのレースを完走しました。

85singo_2AE78ECA00000578-0-image-a-37_1438454393402

85singo_2AE78EBD00000578-0-image-m-56_1438454733299

同レースは、ラフなコースでも知られており、難易度が高いことでも有名。波も大きく走る路面も平らではないため、障がいがなかったとしても完走するのは簡単ではないと言われています。

デイリー・メール」紙によれば、未熟児として生まれた彼でしたが、生後18ヶ月経つまで脳性まひと診断されずに育ったそう。

どんなことにも全力で取り組む彼の姿勢について、両親からのコメントが掲載されています。

85singo_2AE78D6100000578-0-image-a-39_1438454561558

Julieさん(母親)「いろいろなことが難しく感じるはずですが、本人は気にかけてもいないみたいです。意思がとても固い子で、一度決めたらどんなに難しくてやりにくいことでも、なんとかしてやり方を見つけ出すんです」

 85singo_2AE78D7300000578-0-image-m-66_1438454914673

Jonathanさん(父親)「この子は泳ぎの練習をしている時も、自分のゴールを設定して“今日は**メートル泳ぐんだ”なんてことを言うんです。いつも外に出たがっているから、それがどうやったら簡単にできるようになるのか、考えてあげるのが僕たちの役目です」

元々このトライアスロンに参加していた父親を見たことで興味をもったというBaileyくん。それから補助輪や特別な自転車を用意し、湖で泳ぎの練習も始めました。

両親の間ではいつも気をつけていることがあるそうです。それは、まず彼が何をしたいのかを理解してあげること。そして、それができないということを教えるのではなく、どうしたらできるのかを一緒に考えてあげること。

彼が水泳のコースにはいった時、父親のJonathanさんは周囲の大人たちから「なんで泳げない子を参加させたんだ!」と叱責を受けたそう。
しかし、力強く泳ぐ彼の姿を見れば一目瞭然。多くの人が「すまなかった、知らなかったんだ」と彼に謝ったそうです。

85singo_2AE7875E00000578-0-image-a-46_1438454615397

Baileyくんがゴールに辿り着く時には、大勢の人が集まっていました。両親もこんなに多くの人に見守られることになるとは思っていなかったそうです。

85singo_2B045BBB00000578-0-image-a-71_1438457014861

記録は1時間27分。他の子どもたちとの違いを気にしていた彼が、みんなと同じようにゴールしたいとの気持ちから補助輪を手放す姿が印象的です。

ちなみにインタビューできかれた「ゴール寸前で何度か躓いた時にもう立ち上がれないとは思わなかったの?」との質問に、彼はこう答えています。

「また立ち上がって、もう一度スタートする。それしか考えてなかったよ」

本人からしてみれば、病気なんかよりも補助輪をつけることのほうがよっぽど足かせに感じていたのかもしれませんね。

Reference:Daily Mail
Licensed material used with permission by  PeachySnaps ltd

久々に胸が熱くなった。街のトライアスロンならともかく、世界中の超一流アスリートが集結する大会での出来事である。9月18日、メキシコのコスメルで開催された「...
彼のガッツに、世界中が注目した。そして勇気をもらった。これはガンを患った少年Zach Zeilerがそれを乗り越えて、ボディビルダーになった物語だ。ぜひ、...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
約3か月前に、米ノースカロライナ州シャーロット市で撮影された、一枚の写真。パトロールをしていた警察官ティム・パーディは、たまたま駐車場にいたひとりの少年を...
プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。2015年5月に行われた世界大会「National Argent...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
その道の一流選手が、基本を丁寧に解説してくれる。たとえ、それが野球であれ、サッカーであれ、上達を目指す子どもたちにとって、これほど貴重な機会はないですよね...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
2013年3月、ベンくんは3歳で前駆B細胞急性リンパ性白血病と診断されました。母親はインターネットで闘病の経過報告をしながら支援を募っていましたが、ついに...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...