フランシスコ法王に学ぶ「リーダーシップの極意」

Twitterで、2,200万人以上のフォロワーを持つフランシスコ法王。彼は米雑誌「Time」で、2013年を代表する人物に選ばれました。新しいことにチャレンジし、人を何よりも大切にするリーダーの鏡のような存在。
そんなフランシスコ法王から学べる、5つのリーダーシップ論を「Fast Company」より紹介します。

01.
口先だけじゃなく
言動を一致させる

shutterstock_216311500

giulio napolitano / Shutterstock.com

フランシスコ法王は、フットワークが軽いことで知られています。実際、法王に任命されたその日から改革をはじめました。
彼は、来てもらうのではなく自ら信者のもとに足を運び、移動手段に使うのは防弾ガラスが装備されたベンツではなく公共のバス。手紙には直筆で返信し、誕生日にはローマのホームレスたちを招いて食事をしました。
口先だけではない彼の行動が、まわりからの信頼を得ることにつながるのです。

02.
流行に遅れず
新しいことを取り入れる

Twitterの愛用者としても有名なフランシスコ法王。ハンドルネームは@Pontifesで、英語以外にもラテン語、アラビア語、スペイン語、ポーランド語、ポルトガル語、イタリア語、フランス語、ドイツ語と計8ヶ国語で呟いています。彼はSNSの影響力にいち早く気づき、英語のアカウントはすでに730万人以上にフォローされているほど。
発信する時は、決して上から目線にならず見る人の立場に寄り添ったTweetをします。謙虚で親しみやすく、それでいて面白いメッセージが人気の秘訣なのです。

03.
今までの考えに縛られず
新ルールをつくる

shutterstock_322464368

a katz / Shutterstock.com

彼は従来の官僚主義を否定しています。その一環として「ローマ法王」ではなく「ローマの聖職者」であると、自分の職名を変えました。
今までのやり方にただ従うのではなく、辛らつな方法でその体制を切り崩し、階級制度を変えようとしています。彼のおかげで、ローマ法王庁の官僚制度は以前よりも平等な形に変わりました。
ボストン大学の社会事業学では、フランシスコ法王は見本となるビジネスマンであり、大きな組織に対しても臆せずNOと言える人物と称えています。

04.
リスク=チャンス
タブーにも果敢に挑戦

彼はローマ法王に選出されて間もなく、前例のない発言をしたことで話題となりました。
無神論者に対して「自分の良心に従うことで、神の慈悲は施される」と言ったのです。また重要な行事である「聖年」では、カトリックが禁止する妊娠中絶を悔い改めようとする女性信者に許しを与えました。中絶はよくないことであるとしつつも、苦しんでいる人たちに希望を示したのです。

間違いを恐れて、新しいことに挑戦しないリーダーも多くいます。でも、失敗するからこそ学べる視点もあります。挑戦する姿勢こそが、まわりの人たちを刺激することにつながるのです。

05.
人によって差別せず
部下の意見も大切にする

shutterstock_164617403

neneo / Shutterstock.com

彼は、教会内での会議スタイルも変えました。法王が主体的に発言する形から、参加しているメンバーで一緒に議題の内容を考える形にしたのです。
リーダーは外面がいいだけでなく、部下の話を聞き何を求めているのか見極める必要があります。部下を理解することで彼らの力をフルに活用できるようにもなるのです。

そして最後に。フランシスコ法王が教えてくれるもっとも大切な教えは、考えを実行する行動力。あるべきリーダーの姿を学んだ今、やるかやらないかはあなた次第ですよ。

Licensed material used with permission by Fast Company

top photo pyneneo / Shutterstock.com

仕事でも仲間同士のコミュニティでも、いざリーダーシップを取ろうとすると、とても大変。それは、誰もが経験から知っていることでしょう。たとえ自分が上のポジショ...
ある程度のキャリアを積めば、誰しも「リーダー」という立場に立たされるもの。とはいえ、自分にはリーダーシップなんかないし、向いていないと感じる方も多いと思い...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
面接やプレゼン、商談など、成功に向けてあらかじめ準備するのは当然かもしれませんが、あなたはその準備をどれだけ大切にしているでしょうか?イチローが成功をおさ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
「好きなことを仕事にしている人」は、ほんのひとにぎりかもしれませんが、「仕事で好きなことを見つける人」なら周りにもけっこういるのではないでしょうか?なぜ、...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
現代では、チームのリーダーに女性が任命されることも少なくありません。中でも、子を持つ「母親」はそのポジションに最適なのだとか。そう主張するのは、ライターで...