「準備とは、言い訳を排除すること」。イチローに学ぶ準備の極意5つ

面接やプレゼン、商談など、成功に向けてあらかじめ準備するのは当然かもしれませんが、あなたはその準備をどれだけ大切にしているでしょうか?イチローが成功をおさめた秘訣。それは彼の「完璧な準備」にあったと言います。

彼の野球に対する姿勢は、私たちの日々の仕事にも応用できることばかり。今日から参考にできるイチローの仕事術を、児玉光雄さんの著書『イチロー流 準備の極意』から厳選して紹介します。

Medium 8b49d4c9b6bb76ae5f9d30ad72ea34fa39f044e0

01.
結果は本番前に決まっている

「ハイレベルのスピードでプレイするために、ぼくは絶えず体と心の準備はしています。自分にとっていちばん大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです」

なぜ、彼はヒットか凡打かで一喜一憂しないのか?

それは「これだけ完璧な準備をしたのだから、どんな結果に終わろうとも後悔しない」という覚悟があるからです。

私たちが仕事をする上でも、この「完璧な準備をする」という心構えは見習う必要があります。運命を左右する肝心な場面が訪れるとき、誰もが綿密な準備をするはず。実は、この本番が始まる前の準備で、すでに結果は決まっているのです。

「完璧な準備」をすることで本番への自信にもつながり、結果がついてきます。つまり、大きな成果は「完璧な準備」にあるのです。

02.
準備とは
「言い訳を排除する」こと

「ようするに“準備”というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく、ということですね」

最近、メジャーリーグは、“40歳定年”という不文律が成立するような気配があります。メジャー最年長野手のイチロー(2016年1月現在)は、現在42歳。なぜ、彼は40歳を超えてもメジャーで活躍できるのでしょうか?それは、彼が体形だけでなく身体能力も20代のときとほとんど変わらないからです。

また、彼のプレーを安定させるのは、寸分の狂いもない試合の準備。ストレッチはほかのどの選手よりも丁寧に、一つ一つの動きを真剣に。その確立された準備の方法は、メジャーデビュー以来ほとんど変わらないそうです。

自分の定めた決め事を習慣化させることで、条件反射のメカニズムが働き、結果に左右されない強い精神力を養うことができます。そして、そのことが仕事の成果へつながることをイチローは実証しているのです。

03.
本番に強い人に
共通する「習慣」って?

「1打席のために、朝から、もっといえば、前の日のゲームが終わった時から、僕は(準備を)やるわけですから、その1打席の結果によってムードが変わるよね。自分の中で。そりゃあ、出なかった時は、整理ができないかなあ」

いくら本番でベストを尽くそうと思っても、その前の周到な準備がなければ良い結果は引き出せない。イチローにとって最大の敵は相手チームの投手ではなく、完璧な準備を妨げる予想外の出来事なのかもしれません。

自分が納得できる準備をして本番に挑む。彼がそのことに強いこだわりを持っているのは、予測不能な本番は「本能」での仕事であり、準備を正確にすることがその「本能」を支えていることを知っているからです。

彼は気の遠くなるような時間を費やして高度な技術を身につけました。その技術を最大限に生かすのは、精神面を含める準備。彼は、やるべきことのすべてを試合開始前の時点で完結しているのです。

04.
心と体を万全に整える

「できる限りの準備をしても、次の1本が打てる保証がない。だから野球は楽しい」

イチローは、スターティングメンバーを外された試合でも、2イニング目には室内練習場で打撃練習を始め、いつ代打で呼ばれてもいいようにコンディションを整えています。通常、試合の前半はベンチで試合観戦し、中盤以降に打撃練習をする。彼は、準備が間に合わない、といった事態を避けるために徹底しているです。

チームプレーにおいて、役割が違うだけで仕事の重要性に差はありません。代打を含め、どのポジションが欠けてもチームは成り立たないのです。

たとえ出場の機会が限られたとしても、フル出場と同様に完璧な準備をして、本番に挑む。私たちはこの姿勢をイチローから学ぶべきなのかもしれません。

05.
仕事のルーティンを
疎かにしない

「まず家に帰ります。妻が夕食を準備する間、自分のマシーンでトレーニングをすることで翌日に備えます。夕食を食べて、そこからまたマシーンでトレーニングします。そして、2時間のマッサージを受けます。毎晩? 毎晩です」

イチローは、試合を終えた後、ロッカーに戻るとすぐに愛用のスパイクを磨きます。次にオイルを使いながら入念にグラブの手入れを行い、さらに、スタジアムをあとにした帰宅後は食前と食後に決められたトレーニングメニューをこなします。そして、2時間のマッサージを受ける。これが彼のルーティンだそうです。

「次の日の試合に向けて自分ができるすべての準備をしています。全部の打席でヒットを打ちたい。同じことをずっと、ずっと繰り返しています。これが僕の考えであり、僕のやり方です」

彼の言うように、オフタイムをただのリフレッシュにあてるのではなく、自ら定めた準備を繰り返し実行してみましょう。その習慣が次の仕事までの時間を充実したものへと進化させてくれます。

Top Photo by Ronald C. Modra/Getty Images Sport/Getty Images
『イチロー流 準備の極意』 児玉 光雄

なぜ、イチローはその道の頂点に上り詰めることができたのか。そのヒントは、彼の日々の目立たないルーティーンの中に隠されていました。あなたの独自の成功習慣を構築するために役立つ、イチロー流の「仕事論」。彼の名言とともに仕事で大きな成果を上げるコツを多数掲載。

「好きなことを仕事にしている人」は、ほんのひとにぎりかもしれませんが、「仕事で好きなことを見つける人」なら周りにもけっこういるのではないでしょうか?なぜ、...
イチローが前人未到の境地に達したのは、彼が生まれもってアスリートとしての能力を持ち合わせていたからではありません。彼に才能があるとすれば「自らの能力を活か...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
将来の明暗を分けるのは、正しい習慣を身につけるか、間違った習慣を身につけるかにかかっています。概して日本人は控えめに自己表現をしてしまいますが、言葉とはお...
米大リーグ通算3,000安打まであと「1」として迎えた、日本時間8月8日(月)のコロラド・ロッキーズ戦。マイアミ・マーリンズに所属するイチローは、第4打席...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長。フィールドこそ違えど、ともに世界を相手に戦う両者の対談が実現した模様です。今回は計10...
「いま、小さなことを多く積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道なんだなというふうに感じています」これはイチロー選手が、メジャーリーグの年...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第2弾。今回は「ピンチとチャンス」がテーマです。「ピンチはチャンスだ!...
2015年10月に、念願だったという“投手デビュー”が話題をさらったイチローが、再び国内外のファンを熱くさせています。実は、所属するマイアミ・マーリンズか...
Your browser does not support iframes.マイアミ・マーリンズに所属するイチローが、日本時間2015年10月5日に行われ...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第3弾。今回のテーマは「リーダーシップ」。野球界と自動車業界それぞれの...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”。最終回は「言葉へのこだわり」について。「イチローさんと話をしていると...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
じつは、男性に愛される女の子になるのは、すごく簡単なことなのかもしれません。まずは相手のニーズに合わせて、自分を変えてみる。最初は愛してもらえる存在になれ...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...