女性に思わず「OK」と返信させる、デートの誘い方(メール編)

女性が、男性からのメールでデートに誘われたら、思わず「いいですよ」と返信してしまうシチュエーションを5つのポイントに厳選してご紹介していきましょう。お相手の嗜好や性格に合わせて、あなたなりの工夫を加えながら、成功しやすい誘い方を試してみませんか?

01.
いま話題の人気レジャースポット
デートに誘う

theme park couple000065673705_Medium

知人や友人の間で話題となっている人気のレジャースポットに、「まだ行ったことなかったら、ふたりで一緒に行ってみない?」と気軽にメールでデート誘ってみましょう。
お相手の女性の都合にも配慮しながら、「もし時間があったら」とか「都合が合うようなら」など、相手を思いやる一言を添えることで好印象を与えられます。
また、一緒にデートしたいと思っているスポットの情報を添える事も好印象につながりますよ。「○○ってレジャースポットは最近アトラクションが増えたらしいよ。」等、情報を伝える事で魅力的に思ってくれるかもしれません。
事前に、女性の興味があることや、好きなことをリサーチすることができれば、相手の好みに合わせて、お誘いするデートスポットを選んでみましょう。

02.
この前のお礼に、
ごちそうさせてほしい!と
お食事デートに誘う

お相手の女性と、今まで何らかのかかわりがある場合には、「この前、お世話になったから」という理由で、「今度、お礼に、なにか美味しいものをごちそうさせてもらえませんか」と、相手に対して重くならないように誘ってみましょう。
食事でもスイーツでも構いませんので、お相手との距離感を見極めながら、具体的にレストランやお店を提案することも効果的です。
お相手の食べ物の好みが分かりかねる場合には、「オシャレで雰囲気がいいお店があるから、ぜひ二人で一緒に行ってみませんか」と誘うのもひとつです。

03.
期間限定のイベントに
一緒に行ってみよう!と
気軽にデートに誘う

festival couple_000021002455_Medium

季節や期間限定のイベントをきっかけに、女性をデートに誘う方法も定番のひとつです。
今だけというレア感があり、一般的に誰もが興味を持っているイベントにお誘いすることで、誘われた女性も、「面白そうだから、ちょっと行ってみてもいいかな」という気持ちになりやすいものです。
お誘いのメールの中で、「二人で行きませんか」とはっきりと書くことが大切です。女性が、あとから「他の友達も一緒かと思っていたのに、なんだか約束と違う」と感じ、気まずい雰囲気になることを避けるためにも、相手を思いやり、配慮すべきことはきちんとしておきましょう。

04.
チケットがあるので、
一緒にいかない?とデートに誘う

festival couple000005589287_Medium

映画やコンサート、観劇など、相手の女性が好むものを選び、入手できたチケットを使ってデートにお誘いしてみましょう。
なかなか手に入らないレアチケットが入手できたときには、そのチケットのレア感とともに、「せっかくの機会だから、ぜひ君と行きたいんだけど、お時間もらえませんか」と誠意を持ってお誘いメールをしましょう。
お相手の女性の性格によっては、「チケットが偶然余っているから、一緒に行ってもらえるとうれしいんだけど」と、気楽な雰囲気を全面に出してお誘いするメールも、相手の負担にならないという意味でお勧めです。

05.
プレゼント選びを
手伝ってほしい!と
ショッピングデートに誘う

festival couple_000014549900_Medium

あなたが、姉妹や女友達に向けた、女性用のプレゼント選びをしなければならないときに、メールで「センスがいいから、プレゼントを一緒に選んでもらえないかな」と、お相手の女性をショッピングに誘うのもよいでしょう。
お誘いを受けた女性からすれば、あなたから、センスがあるオシャレな女性として見てもらっていることをうれしいと感じ、「ちょっとだけなら、買い物につきあってあげてもいいかも」と思うものです。
特に、世話好きな女性であれば、喜んであなたの相談にものってくれ、よきアドバイスをくれるはずです。

女性の好みを事前にリサーチし、さりげなく、好みに合ったデートプランを提案することで、メールでのデートのお誘いも成功しやすくなります。
具体的な日時をはっきりとメールに書くことで、誘われた女性も返信しやすいものです。都合が合わず断られたとしても、女性があなたに対して気持ちがあれば、代わりに都合がつく日時を教えてくれるかもしれません。誠意と勇気をもって、このようなメールでのデートの誘う方を参考に、気になる女性にメールでアプローチしてみましょう。

携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メール...
「Elite Daily」女性ライターAshley Fern氏が、世の女性の気持ちを代弁してリストを制作しました。タイトルを意訳すれば「男性たちにいつもイ...
男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。でも...
彼氏にメールやLINEをしても、無視されていたら心配になったり、不安が募ることはよくありますよね。彼氏にもそれなりの都合があったり、受け止め方の違いであっ...
和田裕美/Hiromi Wada外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、絶大な営業手腕によって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた女性営業...
モテる男性は、女性のとる行動にとても敏感です。女性の何気ない行動が、気になる男性への態度なのかどうかをきっちりと見極めることが、恋愛テクニックを磨く秘訣で...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
2015年11月3日、Official Gmail Blogで紹介されたメール管理アプリの新機能が話題に!なんと、Gmailが受信したメールの内容を理解し...
片思いをしているときには、好きという気持ちが強すぎて、相手の行動や言動が冷静に見えづらいことがあるかもしれません。あなたが傷つかないためにも、「引き際」だ...
敏腕女性編集者が綴る、初デートでSEXしても全く問題ない理由デートなんて久しぶり。会話も弾むし、一緒にいると楽しくて、今日が初めてとは思えない。お酒もいい...
「デートはゲームなの」こう断言する、「Elite Daily」ライター・Margaret Makrouhi。彼女が書いたのは、つねに男性を手玉にとるような...
初デートって、面接にもよく例えられますよね。でも、初対面で好印象を残す人もいれば、そうでない人も。何が違うんでしょう?「初デート研究ガイド」を書いたブルッ...
大好きな彼氏が仕事に打ち込む姿はとても魅力的。でも、もっと会いたいし一緒にいたい、自分のことを考えてほしいと願うのも、彼女としては当然の感情ですよね。そん...
今じゃ恋の始まりも終わりも、メール一文で片付いてしまう時代。顔を突き合わせて愛をささやくよりも、よっぽどリアルに気持ちが伝わる。という方は、納得がいく記事...
社会で働いている人のほとんどが、なんらかの形でモノを売るビジネスに携わっている。毎日の仕事で使う営業スキル、実はデートでも使えるものだった!そんな意外な記...
日本のシングル女性たちにどれだけ当てはまるかはギモンですが、男心をぐぐっと捕まえるとってもシンプルな方法をご紹介。恋愛コンサルタントの立場から語っているだ...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
米国労働統計局によると、2011年にリテール産業に雇用されていた人々の数は約1,480万人で、これはアメリカの労働人口の10%近くを占めていました。そして...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...