彼史上、最高の彼女になる「6つの方法」

男性の考え方と、女性の考え方は違うことが多いもの。価値観の違いから、喧嘩することもしばしば…。
最高の彼女になるには、相手の気持ちを理解することがポイント。そう述べるのは「a new mode」の女性ライターSabrina Alexis氏。小さな気遣いで、男女間のズレは解消できるかもしれませんよ。

01.
「分かるでしょ」はNG
気持ちをハッキリ伝える

102211456

恋愛関係における一つの問題。それは、相手に期待すること。特に女性は、男性に対してさまざまなことを求めがち。
何を望んでいるかはハッキリと伝えず、気持ちを汲み取ってくれるのが当たり前だと思っていませんか?
そして、予想とは違うことを彼がした時に、イライラしていませんか?最悪の場合、そこからケンカに発展したり…。
これは、どちらが悪いから起こるということではなく、男女で会話のスタイルが違うから起こること。男性は微妙なニュアンスは理解できず、直接的な言葉を求めています。だから、不満や要望がある時は明確に伝えましょう。感情的になっていては伝わりませんよ。

02.
「ありがとう」
感謝の気持ちを言葉で伝える

000055555128_Medium

男性は、相手に感謝されると喜びます。女性が思っている以上に、大切なことなのです。
彼らが素敵なレストランに連れていくことも、ゴミを片付けることだって、すべては「ありがとう」という一言のため。
人間は完璧ではなく、悪いところを見ればキリがありません。相手の行動の意図をちゃんと理解して、感謝することが大切。

03.
質問ばかりせず
話してくれるのを待つ

Walking and chatting

問題の解決方法も、男女では異なります。女性は友達と悩みを話したいと思う一方、男性は一人で解決しようとします。だから、問題があった時に何も話さない男性に対して女性は苛立ちを感じるもの。
でも、その気持ちはグッとおさえましょう。何で話してくれないの?と問い詰めるのではなく、相手が話してくれるのを待つのです。

04.
友情や趣味を大切にして
あまり長時間一緒にいない

295933319 (1)

恋人とはできるだけ一緒にいた方がいいと、多くの女性が勘違いしがち。ですが、恋人ができたからといって友達との時間を削るべきではありません。
彼のためにさまざまなことを犠牲にすることで、知らずのうちにプレッシャーを与えることに繋がります。
また、多くの男性は会えない時間の中で相手を恋しくなると言います。
お互い、自分の時間を大切にして会いすぎないようにするのがポイント。きっと彼も、その考えを尊重してくれるはず。

05.
ボサボサはNG
メイクや髪型、服装に手を抜かない

This should help my skin stay moisturised

メイクに服装、髪型を整えるなど、身だしなみには手を抜かないように。長く付き合っていると面倒臭くなり、サボることもあります。しかし、そうすると相手の気持ちは冷めてしまいます。
常に完璧でいる必要はありませんが、付き合った頃の初心を忘れないように。外見だけがすべてというわけではないですが、女性の気遣いに男性は喜ぶもの。

06.
常に「ニコッ」
笑顔でいるように心がける

000039357896_Medium

笑顔は万能薬。恋愛だけでなく、すべての人間関係に役立つもの。男性だけでなく、多くの人がにこやかで前向きな女性を魅力的に思うのです。
人生は厳しく、時に悲しいことやどうしようもないトラブルに巻き込まれることも。でも、笑顔になるだけで自分と相手の気分は晴れます。すべては捉え方次第。前向きに考えていきましょう。

Licensed material used with permission by  Sabrina Alexis Newman

時に男性は無理矢理にでも女性の唇を奪おうとします。そんな経験あなたにはありませんか?どうして、男性は女性の同意なしに、乱暴な行動に移すのか、理由を解説致し...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
「今のセックスで満足している人も、上には上があることを忘れないで」経験を重ねていくうちにそう学んだという「Elite Daily」毒舌ライター、Zara ...
付き合い始めた頃はあれほど「好きだよ」と言ってくれていたのに、時間が経つにつれてまったく言ってくれなくなる。そんなものですよね、男性って。女性からするとそ...
恋人関係ではなくとも、魅力的な女性を前にすると男性は弱いもの。ふとした瞬間「キスしたい!」という思いに強くかられてしまうことだってあります。1.うるうるツ...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「私がこの世で一番愛しているのはキスよ。セックスの素晴らしいプレリュードだから」と語るのは、「Elite Daily」の女性ライターZara Barrie...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
言わずもがな、結婚は大きな決断。でも、彼のどこに判断基準を設ければいいんでしょう?ここで紹介するのは「Lifehack」ライターHenock Tesfaw...
「reddit」のスレッドには、多くの男性が奥さんとのなれそめを投稿しています。それらをまとめた「WorldLifestyle」Linda Barsi氏の...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
彼女が何を考えているのかわからない……という男性に、ぜひとも読んでほしい「Elite Daily」の記事を紹介。たしかに、女性から見ても納得できる意見が並...