ストレスフリーな毎日を送るために、 明日からできる「5つのこと」

「いつも気忙しくてイライラしている」「ビジネス書を読んでもしっくりこない」「効率化するほどストレスになる」そんな悩みを抱えた人も多いのでは。

大切なのは、ワークスタイルとライフスタイルを別個のものとして扱い、ストレスのない毎日を送ること。「ゆるく、楽しく、ストレスフリーな毎日」を手に入れるヒントを紹介します。

01.
「楽しいか/楽しくないか」
で仕事を選ぶ

19788859_Large

われわれは毎日たくさんの選択をくり返しながら生きています。

①仕事上の問題は、「正しいか/正しくないか」で判断する。
②そしてプライベートの問題は、「楽しいか/楽しくないか」で判断する。

この原則を守っていれば、物事は大抵うまくいくはずです。
ただ、仕事で正しさや合理性ばかりを求めていると、ついプライベートでも正しさを優先し、楽しむことを抑制しがちになります。もっと気を楽に、やってて楽しくないような趣味ならやめてしまいましょう。そして最終的には、仕事も「楽しいか/楽しくないか」で選べるよう、長期プランを立てていきましょう。

02.
選択肢を減らして
考え方や行動をシンプルにする

149992_Large

あなたは現在、どのような悩みを抱えているでしょうか?仕事、家庭、人間関係など、悩みの種類は人によってさまざまでしょう。

われわれの抱える悩みとは、多くの場合が「決断できず迷っている状態」なのです。仮にあなたのキッチンに20種類のフライパンがあったとします。オムレツを作る場合、間違いなく「どれにしよう?」という悩みが発生しますが、これがひとつしかなければ、悩むことはありません。身のまわりをシンプルにしていけば、それだけ悩む場面も減って、考え方や行動もシンプルになっていくのです。

ハワイアンたちの生活を見ていると、わたしはシンプルであることの大切さを強く感じます。「自分たちには海があり、食べ物があり、住むところだってあるし、ハワイの島々はいつでも暖かい。それ以上何を望むんだ?」というスタンスで生きています。

03.
「あいつはそういう人なんだ」
と思わせる

67850785043

“ゆるい生き方”という自分のライフスタイルを確立し、それを守っていきたいなら、ある程度の「覚悟」が必要になります。

たとえば、あなたが「ここで残業を断ったら嫌われてしまうはずだ」と思っているとしましょう。しかし、実際には残業せずに定時で帰れるようになれば、周囲の人は「あいつは“そういう人”なんだ」とあっさり受け入れるものです。もちろん結果を出さずに帰ってはダメですが。

大切なのは、この“そういう人”と思ってもらうことであって、結局これはあなたの個性やライフスタイルを周囲に認めてもらうことを意味します。能動的に自分の価値観や優先順位をはっきりさせていった先に、ゆるい生き方があるのです。

04.
「ドロップオフ・リスト」
を作る

0043471538_Medium

ゆるい生き方を送る上では「ドロップオフ・リスト」をつくりましょう。これは言い換えるなら「切り捨てリスト」や「いらないものリスト」です。

その理由は簡単で、自分にとっていらないものをあらかじめ決めておかないと、欲望が際限なく広がっていくからです。そして欲望の対象が広がれば広がるほど、ゆるい生き方を貫くのは難しくなってしまいます。

ハワイで暮らしていると、仕事もせず昼間からサーフィンをしている人がたくさんいます。傍目には「昼間から呑気なもんだな」と映るかもしれませんが、彼らにしても多くの欲望をドロップオフすることによって、あれだけの自由を得ているはずなのです。

05.
満点ではなく、
合格点=60点を狙う

0036270136_Medium

ゆるい生き方の対照にある考えといえば、完璧主義でしょう。ただ、自分を追い込むだけで結果としてうまくいかないことのほうが多いはず。

そこで大切になるのが「満点ではなく、“合格点”を狙う」という考え方です。さらに合格点をなるべく低いところ、具体的には60点あたりに設定します。こうすると、仮に7割の出来であってもプラス10点ですから、いつも気分よく過ごすことができるはずです。

ストイックな完璧主義は疲れます。自分を追い込んでストイックに生きていると、そのピリピリした緊張感は周囲の人にも伝染します。そんな空気を持ち込んだところで、誰も喜んでくれないでしょう。家族や仲間が望んでいるのは、もっとリラックスした空気なのだと思います。

ゆるい生き方
コンテンツ提供元:本田直之

私は「ゆるい生き方」を提唱しています。これは、ゆっくりと構えながらも目的地に向かって確実に前進すること。自分自身がそれを実践すると、周りの人たちもゆるく、...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
毎日の生活のなかで、明確な理由はないのにストレスを感じてしまうことがありますか?自分では常識だと思い込んでいることが案外、気持ちや行動の自由を奪い、疲弊す...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
誰もがストレスを抱え、制約に縛られている日本で、ゆるく生きようと思っても難しいものです。周囲のピリピリとした空気が伝染して、自分が望んでいない方向へと流さ...
仕事にのめり込むのも、好きな人にアプローチするのも、ストレスが溜まった状態ではうまくいかないもの。そこで参考にしたいのは、「Elite Daily」のライ...
いつも時間に追われ、イライラしがちな人ほど、人間関係のトラブルに巻き込まれてしまったり…じつは日常の行動が、その原因を作っているとも言えます。常識だと思い...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
本田 直之/Naoyuki Hondaレバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO|サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)|明治大学...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...
1日の過ごし方や仕事の進め方で無駄を感じること、ありませんか?体をリフレッシュさせたり、モノや情報の整理することで、案外思考までもクリアになり、無駄が改善...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
「平和で美しい島、かぐわしい夏の日がずっと続く場所。善人がここで死んでも、同じような天国で目が覚めるだろうから、違いに気付かないだろう」  by マーク・...
最近、なんだかイライラしたり、気分がすぐれないことが多くなったという人は、ストレスがかかり過ぎているかもしれません。ストレスをためる人とためない人の違いに...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...