「自分のスタイル」をつくる、シンプルで簡単な4つのステップ

「スタイル」と聞いて、何を思い浮かべますか?体のスタイル?ファッションやヘアスタイル?ここで言うスタイルは、単なる見た目のことではありません。あなたの話し方や服装、癖や習慣、そして誰と付き合っているかなども含む、生き方そのもの。あなたのスタイルは、あなたのすべてです。

…と、こう語るのは、人々に自分自身をブランディングする指導を行っている、エッセイストのニコラス・コール氏。彼によると、自分のスタイルをつくり出すプロセスには、次の4ステップが必要とのこと。

STEP 01.
すべては「真似」から始まる

Medium 16971e353bb093a33b1cfe0cca786ae0a900e7ea

学びっていうのは、模倣から始まるんだ。あなたが「いつかこうなりたい」と思うような価値を体現している人を見つけて、その人の真似をしてみよう。

その人の癖、習慣、服装や話し方なんかも真似してみるといいよ。それを続けていると、徐々に学ぶべきところがわかってくるんだ。

STEP 02.
自分なりの「変化」をプラス

真似が板についてきたら、今度はそこから学んだものに自分なりの「変化」を加えてみよう。得たもののなかから「これには共感できるな」「もっと深めたいな」と思うものを、徐々に自分のものにしていくんだ。

はじめのうちは「真似して学んできたことが全部なくなっちゃうんじゃないか」って不安になるけど、自分のクリエイティビティが刺激されれば、それで十分。

STEP 03.
「表現」に変わっていく

Medium 0e2270a8e5592e2c8dd910526ea4162a77b030c1

ある段階から「変化を加える」っていうことが「表現すること」に変わっていくんだ。もう誰かの真似じゃなくて、あなたはあなた自身となる。そのときにきっと、自由になった喜びを噛み締められるんじゃないかな?

自分のなかに隠されていた才能が解き放たれていくのを感じながら、前へと進んでいく。君の真の力が発揮されるのは、ここからなんだよ。

STEP 04.
ずっと「改良」を続ける

でも、「自分のスタイル」を磨きあげていく過程に終わりはないんだ。だって新しい発見をしたら、また深く自分のことを知るようになって、さらなる可能性に気付くことだてあるだろう?

そうしたら、ここまでのプロセスをまた最初からやることになる。真似をして、変化を加えて、表現をして、それからまた改良をするんだ。

自分のスタイルっていうのは、今の自分がどんな人間であるかを反映している。だからこそ、終わりがないものなんだ。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...
毎日、たくさんの人と関わっていくなかで、相手は自分のことをどう思っているのか、どのような結果を求めているか、と揺るがされ、自分の軸を見失ってしまうときもあ...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
人生をシンプルに過ごすってどういうことだろう?一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言え...
ロバート・ハリス/Robert Harris横浜生まれ。高校時代から国内、海外をヒッチハイクで旅する。大学卒業後、東南アジアを放浪。バリ島で1年を過ごした...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...