イギリスのおじさんが「足跡」で描くスノーアートが美しい

足跡ひとつない雪原を踏みかためて図柄を描く「スノーアート」の第一人者。イギリス人アーティストのサイモン・ベック氏は、たったひとり10時間以上かけて、これらの幾何学模様を描いていきます。

ミステリーサークル?
雪上に現れる幾何学の芸術

Medium ba26d11cde3db344eb77657567bd193cb8733e20

雪の上に描かれたこれらのパターン。すべて一人の人間が新雪を一歩一歩踏み固めて文様を描き出したもの。スノーシューを履いてオリエンテーリング用のコンパス、巻尺と目印となるボールをもちいて、何もない真っ白な雪原に幾何学模様をつくる。

雪の上からでは、スノーアートの原形はなかなか見えてきません。でも、こうして上空から見てみると…。

Medium 8b2ad0590c8943d957e8ce06cb413ba348c5f19cMedium aea104e7a238555aab3cc98e983f26ef4af3bc23Medium ec2d88de83fcf02fb7a45c69b36dc9c65657af0aMedium c6a0a86f0a105e3075117397cc686d7270a5496fMedium af4f954c0b058868b25711e9e3295a641117f1efMedium 66364760985278c6f9461f336dd46cd46b7686b3Medium a05f505725116fe8773f17b6e0407090d5631fa9Medium aa0b22dfd92f39991848baf5dc5e74cfdc12acfdMedium b5f5cbfcefa49e9ada74c0e62c929790801fde3dMedium 5bd8b25cbbfa10257a106f71337421315f761583Medium cd58a26f27cf610b7eef600ad7d46ea778ba36d9

足元から作品が生まれる

Medium 36e124e5cfc15333087352e909425144d564962bMedium 26b0d1a791c4c08e7c772f748b9aa4f7cbc155e2

ちょっとラフな格好のこのおじさん、彼がスノーアートの創始者サイモン・ベックさん。もともと冬の間のエクササイズ代わりに始めたのがきっかけだそう。

「自分の心と体の勝負。まだ、体力のほうが優っているってことかな」

信じられないような広さの雪原をたった一人で、行ったり来たり。作品によっては踏破距離が数十キロに及ぶこともあるといいます。黙々と地味な作業に取り組むサイモンさん。まさに職人!

2016年2月来日
青森県の田んぼでスノーアート

Medium 0663b4ec79dca8c05fcc5a742a01b63ef3ef974e

じつはサイモンさん、青森県田舎館村で2016年2月6日から14日まで行なわれた「冬の田んぼアート」のメインイベンターとして来日していました。毎日新聞によると、雪の素材を素材に全体でダイヤモンド状に輝くイメージしたスノウアートを雪原に作り上げていたいたサイモンさん。ところが、9日からの大雪で埋もれてしまい、一時展示が中止となる事態に。

さすがに天候には勝てないスノーアートですが、サイモンさんから直接技術指導されていた5人の地元有志が作品の輪郭を踏みなおし、なんとか展示再開となったようですよ。

Reference:毎日新聞
Licensed material used with permission by Simon Beck
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
マンチェスターとバーミンガムの間に位置する歴史の深い産業都市ストーク・オン・トレントは、ファンタジー映画に出てくるようなレンガ造りの大釜などが特徴的で、観...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...