「母親」が優れたリーダーになれる理由5つ

現代では、チームのリーダーに女性が任命されることも少なくありません。中でも、子を持つ「母親」はそのポジションに最適なのだとか。

そう主張するのは、ライターであるLeonard Kim氏。5つの根拠を「Inc.com」にまとめています。確かにリーダーと母親では、必要とされる資質に共通点があるかもしれませんね。

01.
我が子の面倒を見るかのような
忍耐力があるから

Multi-Ethnic Group of architects people on meeting

メンバーは、常にものごとを吸収しながら貪欲に学び、自身のキャリアを発展させるチャンスを必要としています。彼らが成功するために、リーダーは必要な手段や機会を提供しなければなりません。ただし、その役割は一夜にしてできるものではないのです。

そうした役割を受け入れ、まるで我が子の面倒を見るかのように、メンバーの指導をする。それがリーダーの重要な仕事のひとつでしょう。

02.
それぞれの性格に合わせた
対応ができるから

すべての子どもが違うように、あなたのチームメンバーも一人ひとりが異なっています。性格はもちろん、これまで歩んできた人生だって違います。

リーダーはそれぞれが抱えている問題を、それぞれの個性を考慮しながら、広い視野で解決しなければなりません。そこで、可能な限り良い解決策を見つけ出し、建設的な方法で前へと進むためには、「共感」が必要不可欠なのです。

03.
時間を管理することに
優れているから

157106114

子どもがいるとどうしても、あなた一人の時間は少なくなってしまいます。そのため、テキパキと家事をこなし、時間をうまく確保するのです。

母親には、決められた時間のなかで「最大限の時間」を作り出す能力があります。優れたマネージャーになるためには、そうして時間を管理することが重要でしょう?

04.
信頼関係の構築が上手だから

子どもは「安全と安心」を必要としています。彼らは母親を絶対的に頼りにしています。何か怖い経験をしたり、間違ったことが起こったとしても、母親がそばにいてくれることに気づいて安心する。子どもは、そうして時間を重ねて「信頼」を学びます。

リーダーにもまた、このような「信頼」を築く作業が求められます。お互いに尊重し、信頼によって一つになったチームこそが優れているのです。

05.
自身の行動が模範になることを
知っているから

_372191419

子どもたちは“小さなスポンジ”。自分が見たものを吸収し、真似をします。そして、彼らの行動の多くが両親の行動に基づいているのです。

つまり、これは「前例」が最も大切だということ。その影響が、子どもと同じように部下にも影響を与えるということを理解する必要があるのです。自分の行動に責任を持ち、それについて意識的に考え、努力をしているリーダーは、常に前向きな状況を作り出せるでしょう。

Licensed material used with permission by Leonard Kim

Author bio:
Leonard Kim is a brand strategist who has been featured in Inc., Forbes, Fortune, Entrepreneur, Huffington Post, etc. He is Managing Partner of InfluenceTree, a personal branding accelerator. At InfluenceTree, Leonard and his team teach you how to build your brand, get featured in publications and growth hack your social media. Or they do it all for you. He also spearheads digital strategy for USC's Medical Enterprise, Keck Medicine of USC. On the side, Leonard is a keynote speaker and blogs at LeonardKim.com. He resides in Los Angeles and loves cupcakes.

一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
人望が厚いリーダーのもとでは、部下がやる気を持って仕事に取組み、プロジェクトが成功に導かれていきやすいです。どのような資質がリーダーに求められているのでし...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
どちらも、組織を率いる“長”であることには変わりありません。が、両者の本質は明らかに異なっているようです。その差は米メディア「WittyFeed」で紹介さ...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
どの組織にも存在する、リーダー。そのポジションの力量により、組織の士気は大きく変わります。では、より良い組織をつくるリーダーになるためには、どんな素質が必...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
一般的には、引っ込み思案で発言も少なく目立たない内向的な人と聞くとネガティブな印象を持たれやすい。しかし、彼らの行動には理由がある。内向的な人々の特徴を見...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
「リーダーにふさわしい人」は、プレゼンがうまかったり、感動のスピーチを語れる人だけではありません。もしあなたが「口べた」だとしても、周囲に影響を与え、動か...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...