目眩がするほどカラフルな「街ぶら散歩画像集」

街の景観が素晴らしいと、通りを歩くだけで気分が晴れ晴れしてくるものです。が、彼女の作品は、そのもう一歩先。

Monling Leeは、ワシントンD.C.を拠点にデザイナーとして活躍する傍ら、“色”にフォーカスした画像をInstagramにアップし続けています。散歩しながら町並みをパシャ。自分もパシャ。その身を包むファッションは、もちろんトクベツ仕様。

“街ぶら”を、ビビッドに!

Medium f44c31576df634ae7f976510c786da7ebedea158Medium 78fdc2ac927f79e0623241136fb939556257ad25Medium 028304cd99fed79dae8422881bde07cc14aa467bMedium 9c979ce2f0c64c492d152173111cac430b3b10b2Medium 54759d8bc6228b4aff4caa503f2619b4b8279cc3Medium d961f643dc79785ab47132252af56d60a8c0850eMedium b36790746b2d32a0979772c38f9e39d8544c7c14Medium 5ea32c530a51f1990f3e8635a015849cb3f0d528Medium b7f6ba5f67b45eb6a46a19d375d1ff9cc87bf097Medium 0f85ac5f745b881dd13b33a7e600a037efe48a79Medium 8ae9239da11f2f6b4c03500d5636a4b19f48defcMedium 3e4b908d9e97d6e5422ab1d29d307541aee608b9

2013年頃から始めたプロジェクト「COLORINDEX」は、カラフルかつミニマリズムを感じられるインスタグラムアカウントであるとして、注目されています。

その背景を見たファンからは、一体どうやって探してるの?なんて質問もチラホラありますが…。

「ちょ~気をつけて歩いてるわ!」。

とのこと。

Medium c674c45096c22b19e1e6ea73e2bf6fc97c6c6506

ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム付近(ワシントンD.C.)。

Medium 89ff0100f77702cf27a3137db66bbac53e275ea0

ハワードストリート(ボルチモア)。

Medium 44c2dbb553df802cf8b3dde106c8151c5ef56d4e

ベニスビーチ(ロサンゼルス)。

Medium 025c39796bbd59b3dd24c14ed906e256fa3fd006

ブラッグデンアリー・Nストリート(ワシントンD.C.)。

Medium 4cfe063505d08e8f1f0aecc1711143d1f3a63b27

ピニャータ地区(ロサンゼルス)。

Medium afb24b7654630b9517ac705bdf72ea0df77bc05f

道沿いに並ぶモーテル郡(オーシャンシティ)。

Medium cc88bd68757ab26a709fd8dab3c645b1301cf02c

不詳(ワシントンD.C.)

Medium 612b3a27c253c6ed4e69bb952d750d7d3b1b589f

不詳(ワシントンD.C.)

Medium 330fb82969cd867b11e4cba37f3ea01f88396f7a

不詳(ワシントンD.C.)

Medium 67a2488bcf2985e93656b5c36f1ccca7384225c0

サンタモニカビーチ(ロサンゼルス)。

Medium 8085caa7eb9e3e7e06cad1c08f987e8df23a4e48

不詳(ワシントンD.C.)

Medium 64a6151ec96efec8853a163c0c842727828824b1

不詳(ボルチモア)。

Medium a4c090b5c39556c75b9c317655541f6a7f0234a9

不詳(ワシントンD.C.)。

その他はコチラから。ワシントンD.C.には、隠れた宝石がたくさんある、と彼女。眩しい!

Licensed material used with permission by COLORINDEX
「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始め...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
世界中で一風変わった映画館が増えていますが、スロバキアにはこんなにカラフルなシネマがあるんです。スロバキア語で「Tulikino」と名付けられたこの映画館...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
きっと多くの人が見慣れているのは、小豆ときなこの“2色”のはず。でも、以下の整然と並べられた“丸っこいものたち”だって、み〜んな「おはぎ」なんですよ!くる...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたら...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
 大学2年時に休学して、1年間世界一周の旅に出る。旅先ではヒッチハイクや野宿を繰り返しながら、世界中の人々に夢を聞いて回り、彼らと人生について語り合った。...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
手仕事のあたたかみが感じられるマーケットプレイス「Etsy」で商品展開しているスーザン・チュさんが作るのは、足先にいくにしたがって明るくなる(オンブレ)、...
まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見え...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...