「これでいいのだ」。朝に噛み締めたい、5つの言葉。

GOOD MORNING!気持ちのいい朝は、私たちを元気にしてくれるもの。だけど、そこに元気ややる気の出る名言があれば、朝はもっと特別なものとなるでしょう。

コトバのソムリエ・ひすいこたろうさんの著書『人生が変わる朝の言葉』には、そんな言葉が溢れています。今回はさまざまなアーティストが残した名言から、5つを紹介しましょう。

01.
「いつも世界のどこかで朝が訪れている」

リチャード・ヘンリー・ホーン(イギリスの詩人)

4588e298d4935f0f7018a654af6a7ad8dcd822a5

日本でお昼ごはんを食べているとき、モスクワでは朝を迎えています。日本で夕ごはんを食べているとき、サンパウロでは朝を迎えています。

あなたが生まれたその瞬間も、あなたがフラれて打ちひしがれていたときも、どこかで朝日は差し込んでいました。まさにいまこの瞬間も、どこかで朝日が差し込んでいるのです。

夜明け前はいちばん暗く、だけど明けない夜はない。

どんなときにも希望は見いだせるし、最悪をバネにして最高を生み出すこともできる。何があったって、絶対大丈夫!

さあ、新しい朝を迎えましょう。

02.
「目は見えなくても、
心の目は見えているので満足しています」

辻井 伸行(ピアニスト)

全盲のピアニスト・辻井伸行さんの作品のなかに『川のささやき』という曲があります。伸行さんが子どもの頃、お父さんに隅田川に連れて行ってもらった記憶を紡いで作った曲だそうで、視覚以外のすべての感覚が捉えたお父さんとの思い出をひとつ残らず心の宝箱へしまい込んだ…そう思わずにはいられない一曲です。

以前、伸行さんはこんな話をしてくれたそうです。

「僕は目が見えなくてもいいんだけど、もし1日だけ目が見えるなら…お母さんの顔を見たい」

この世に生み出してくれて、全盲の伸行さんを20年以上ずっと支え続けてくれたお母さんの顔ですから、それは見たいに決まっています。私たちこそ、大好きな人の顔を見ることができる幸せに気づかなければいけません。

幸せはただあるのではなく、自分から気づいて感じ取るものなのです。

03.
「一番大切なものに一番大切な命をかける」

相田 みつを(書家)

3c465c3e6fb5691da80730c950b691e5cb4a67fb

ものの考え方には「+」「-」「×」「÷」の4つがあるそうです。

たとえば、10-10=0…マイナス思考なら答えはゼロです。

10÷10=1…「この程度でしょ」と、割り切るなら答えは1。

10+10=20…プラス思考なら答えは20。

10×10=100…「私はこれにかける!」なんてふうに打ち込めば、結果は100になるのです。

「これにかける!」…そんな気持ちで打ち込めるものに出会えたら、可能性は100倍に広がります。だからこそ、最初は大した才能なんて不要。情熱さえあれば、10は100になり、100は1,000になるんです。

04.
「今日が大事だ。明日ではない」

ボブ・ディラン(ミュージシャン)

著者がジンギスカンを食べにいったとき、テーブルに置かれていたタレに「秘密のタレ」と書かれていたそうです。当然気になり、店員とこんな会話をしたそうです。

「これは創業以来、継ぎ足し継ぎ足しで作っている秘伝のタレなのです」

「こだわっているんですね! で、このお店は創業何年になるんです?」

「去年オープンしました!」

「…!?」

そう、何年やっているかなんて関係ないんです。過去はいいんです。大切なのは「いま」。いま、ベストを尽くしているかどうかが重要なのです。

05.
「これでいいのだ」

赤塚 不二夫(漫画家)

Ac4221eee82238a36177912039dd8d3d8e3422e2

フィンランドでこんな実験が行われました。あるグループを2つに分け、ひとつは健康指導に沿って真面目な生活を送り、もう一方はなんの指示も拘束もなく、自由に生活するというもの。15年後に彼らの健康状態を調べると、なんと自由に生活していたグループのほうが病気になる人が少ないという結果が出たのです。

「あれもいけない。これもいけない」というのは逆にストレスになり、体に良くないということなのでしょう。そういう意味では、ある程度の「いい加減さ」は「よい加減」と言えるのでしょうね。

早起きも同様です。「絶対に早起きしよう」と決意をしている人もいるかと思いますが、その「絶対に」の部分は不要です。いい加減に、適当に早起きを心がけるくらいがちょうどよく、長続きします。

ガチガチよりも、ゆるく、ゆるりと。寝坊しても気にするな。うん、これでいいのだ。それでいいのだ。

嫌なことがあった次の日は、朝から憂鬱な気分に陥りがち。だけれど、本当は、新しい気持ちで1日を始めたいものです。そんなあなたに贈りたい、自分を奮い立たせる言...
あなたは、気持ちよく1日を始めるために、何か習慣づけていることはありますか?あなたらしい元気のもとや、からだにいいこと。朝にぴったりの、みずみずしい言葉た...
一日の始まりとなる「朝」は、その日の流れを左右する大切な時間。だからこそ、ポジティブで元気になれる言葉に触れたいものです。ひすいこたろうさんの著書『人生が...
私たちの人生は、つねに失敗とも付き合っていかなければなりません。だけど、それに正面から向き合うことはなかなか難しい。今悩みを抱えている人は、自分の選んだ道...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
「悩み」は私たちの日常に、付いて回るもの。他人と給料を比べてしまったり、自分がどう思われているのか、と気にしてしまったり…。こういった悩みがあるからこそ、...
どうしても「やる気」が出ない日は、誰にでもある。でも、自分だけの力でモチベーションを上げるのはなかなか難しいもの。だからこそ、思い悩んでしまう人もいます。...
いつもより、時間にゆとりのある日曜日の朝。じつは普段気づき難いことを考えるのに、とてもいいタイミングなんだとか。のんびりと過ごして疲れを癒すのもいいですが...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
「成功は目標ではなく、考え方と習慣」。こう表現するのは、人気コラムニストのNicola Cole氏。「Forbes」はじめ「TIME」や「THE HUFF...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
人生はラクじゃありません。たいてい困難や失敗、ストレスに満ちているものです。「泣きっ面に蜂」なんていうことも、よくあります。そんな状況を跳ねのけるほど日々...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
人類の歴史の中で活躍した偉人たちの名言には、不思議な力があります。その言葉を言った人の人格や人生が重なり合い、聞いた人の人格や未来さえも作っていくのです。...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
人生が輝かしいものになるか、平凡なものになるかは、どんな「習慣」を身につけるかによって変わってきます。自分の中で「やるべきこと」が見えていたとしても、三日...